JSE - 中央競馬データベース -


 

[参加型登録馬]

▼兄弟・近親▼血統表▼拡張検索
Profile
馬名 [外] シニョリネッタ
英字 Signorinetta
性別  牝
馬齢  115
生年 1905
毛色 青鹿
産国  英
Chaleureux
Signorina
母父 St. Simon

[ データ編集 ]

【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。
ニュース/動向
[ 投稿 ]





特徴/履歴データ
[ 参照・投稿 ]
1.
[1] ちなみに英ダービーと英オークスの両レースを制した馬は、200年以上の歴史の中で本馬とBlink Bonny(1861年生)の2頭しか存在しない。 
// ジェラード少佐 05/09/29 (木)19:55  
1.
現役時代の成績は英ダービー(英G1)1着、英オークス(英G1)1着など13戦3勝。英ダービーは単勝100倍の超大穴だった。  母Signorinaは英オークス(英G1)2着など18戦11勝とすばらしい成績を残し繁殖牝馬としても大いに期待された。そこでオーナーのカバリエーレ・ジニストレリは当時の一流種牡馬を次々と配合していったのだが、生まれてくる馬の成績はどれも悲惨なものだった。それでも諦めないジニストレリは英三冠馬Isinglassを次の種付け相手に決めるのだが、種馬場に向かう途中にSignorinaは三流種牡馬Chaleureuxの前で止まってしまう。こうして全く動かなくなったSignorinaをみてジニストレリは「この2頭は愛し合っているようだ」と悟り、そしてこの2頭のあいだから産まれたのが本馬Signorinettaである。それゆえに愛の結晶で生まれた名馬と評されることが多いのだが、実際には半兄のSignorinoが英2000ギニー(英G1)2着、英ダービー(英G1)3着となっているように母Signorinaの繁殖成績はそこまで悪いものではなかったようだ。Signorinettaの産駒にはPasta、The Winter Kingなどがいる。 
// Shell Game 05/09/29 (木)15:15  

応援コメント
[ 投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board

[兄弟] (?)


[近親] (?)


[5代血統表] (?)

シニョリネッタ
Signorinetta
牝 1905 青鹿 英  
 【父】


シャリュルー
Chaleureux
1894 鹿毛 [英]  

グッドフェロー
Goodfellow
1887 黒鹿 [英]  
バーカルディン
Barcaldine
1878 鹿毛 [愛]  
ソロン
Solon
West Australian
---
--- ---
---
Ravissante
        
Clanronald
---
---
--- ---
---

Mate
        
John Davis
        
--- ---
---
--- ---
---
--- --- ---
---
--- ---
---
 【母】


シニョリーナII
Signorina
1887 黒鹿 [英]  

セントサイモン
St. Simon
1881 黒鹿 [英]  
ガロピン
Galopin
1872 黒鹿 [英]  
ヴェデット
Vedette
Voltigeur
Mrs Ridgeway
--- ---
---
セントアンジェラ
St. Angela
1865 鹿毛 [英]  
キングトム
King Tom
Harkaway
Pocahontas
--- ---
---

Star of Portici
        
Hier at Law
        
--- ---
---
--- ---
---
--- --- ---
---
--- ---
---

[0.14]


TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: