JSE - 中央競馬データベース -


 

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2001/ 9/ 1 BSN賞 新潟 ダ1200 OP 3上混  2400

着順
馬名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

(外) ゲイリーコンドル

1995 栗毛 55 1. 10. 5 68 ====-------63 320 抹消
(外) クールネージュ

1996 芦毛 53 1. 10. 6 66 ==---------29 272 抹消
(外) バイオマスター

1996 鹿毛 55 1. 10. 9 65 ===--------46 146 抹消

コンバットハーバー

1997 栗毛 55 1. 11. 6 60 =========--23 105 抹消

マジックシンガー

1993 栗毛 55 1. 11. 7 59 --=========53 54 抹消
(外) グレートデュナミス

1995 栗毛   55 1. 11. 7 59 =----------0 137 抹消

ケイアイブレーブ

1997 栗毛 55 1. 11. 8 58 ==---------6 318 抹消
[地] ヘイアンウインザー

1995 栗毛 55 1. 12. 0 57 ===--------34 239 抹消

ウィスキーカラー

1996 鹿毛 53 1. 12. 4 53 ==---------0 47 抹消
10
シルクガーディアン

1996 栗毛 55 1. 13. 3 48 =====------56 78 抹消
11
エスケイジルバー

1993 青鹿 55 1. 13. 7 45 ====-------10 258 抹消
12 (外) タイキプレジデント

1996 鹿毛   55 1. 14. 1 42 ====-------4 92 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
BSN賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 一味唐辛子 01/09/01 (土)19:11  
まさか休み明けのゲイリーコンドルにあっさり勝たれてしまうとは。確かにトキオパーフェクトとタメ張ったりとこのメンバーの中では実績は断然だけど。叩かれ、相手が強くなる次が本当の戦いです。
クールネージュはハイペースで逃げながらもよく粘った。準オープンでも上位の存在でしたからね。
バイオマスターはだんだん上向き。4、5着馬もオープンで好走歴ありと結局は実績ですね(笑)
ケイアイブレーブは直線入り口でもう手が動く。力不足。メンバー的にもっと走れると思ったんだけどなあ。
ヘイアンウインザーは休み明けだし仕方ない。タイキプレジデントは芝馬でしたよねえ?
BSN賞 [ ☆レース回顧 ]
|| ヨッシー 01/09/01 (土)20:33  
ゲイリーコンドルはまさに格の違いといっていい。1年以上の長休明けでいきなり勝たせるのだから陣営の仕上げは見事だったということ。まぁここでは対した強い相手もいないことだし、真価を問われるのは次走以降だ。
クールネージュは、脚抜きのいい馬場、スンナリ先行できたことが好走の要因。さすがにゴール前は脚が上がった印象だが、これは休み明けの分。使われたことで更に良化するだろう。
バイオマスターは良化途上。それに馬が突っ張って走っている印象だった。直線では手応えほど伸びず。やはりダートより芝の方がいい。
着外に敗れた馬はすべてスピード不足。前半3F33秒9というペースはオープンでは遅いくらい。ここまでは条件馬達もついていけたが、さすがに後半を36秒6で上がられては手も足も出ない。ケイアイブレーブなどは前走がレコードとはいえ、1分11秒8止まりだし。結局実績、スピード上位の馬が好成績を収めたという所だろう。
BSN賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 山口和之 01/09/04 (火)12:03  
何でバイオマスターなんか人気になったの?前走芝のレースなので大幅な割引が必要なのに・・・。結局関西馬同士。クールネージュの逃げは見事。ゴール前でゲーリーコンドルに差されたが、足抜きの良い馬場が味方した。新潟のダートは改装前(1999年)のほぼ同じ。まだもう一開催あるが、先行馬有利であることは間違いないハズだ。

[0.06]


TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: