JSE - 中央競馬データベース -


 

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2002/11/23 京阪杯 京都 芝1800 G3 3上混  4300

着順
馬名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


サイドワインダー

1998 栗毛 54 1. 45. 3 60 -===-------251 569 抹消

ダービーレグノ

1998 栗毛 54 1. 45. 4 59 --======---213 527 抹消

アドマイヤマックス

1999 鹿毛 55 1. 45. 5 59 ===--------338 353 抹消

トーホウシデン

1997 鹿毛 57 1. 45. 7 59 ---=======-249 381 抹消
(外) タップダンスシチー

1997 鹿毛 57 1. 45. 7 59 ----====---988 412 抹消
カネトシディザイア

1999 青鹿 51 1. 45. 8 56 =====------67 334 抹消

ビッグゴールド

1998 鹿毛 57 1. 45. 8 58 ---========309 618 抹消

トレジャー

1998 黒鹿 55 1. 45. 8 57 --====-----157 600 抹消
トウショウアンドレ

1996 黒鹿 54 1. 45. 8 57 --===------57 263 抹消
10 (外) パラダイスヒルズ

1995 鹿毛 53 1. 45. 8 57 ---==------20 273 抹消
11
トッププロテクター

1997 栗毛 57 1. 46. 0 57 --===------200 488 抹消
12
ポンデローザ

1997 鹿毛 52 1. 46. 1 55 =====------0 105 抹消
13
マイネルプレスト

1999 黒鹿 49 1. 46. 1 54 ---=====---7 136 抹消
14 (外) エイシンルバーン

1996 栗毛 55 1. 46. 2 55 -====------144 424 抹消
15 (外) ヒコーキグモ

1994 鹿毛 54 1. 48. 3 44 --==-------162 477 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
京阪杯 [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 02/11/24 (日)01:30  
サイドワインダーは京都走るしここに来ての上昇が目覚しい。もともと素質は買われていた馬。これを機に全国区の馬になれるか。
ダービーレグノが復活か。いつ走るかわからないのが困る馬だが、この馬も京都は走る。
アドマイヤマックスは成長力にやや欠ける感じ。こちらの想像以上に成長してない。早熟か?
京阪杯 [ ☆レース回顧 ]
|| ケイラ 02/11/24 (日)02:57  
最近900万特別勝ち後一気に重賞もという馬が多い。
サンライズジェガーアラタマインディと同例。メンバーは抜け出た馬が2・3頭入ると思われたが、条件馬の勝ち。
2着はダービーレグノ。この馬はシンザン記念の大波乱から思い入れがあり、ビッグゴールドとの1着−2着を淀の来年のマイルCSで叉見たい
京阪杯 [ ☆レース回顧 ]
|| 白幸緋牡丹 02/11/25 (月)11:17  
このレースのパターンとしては、大概この時期のなると内が荒れてきて外回りは外差しが台頭しやすい。イメージとしてはスカッと抜け出せる馬か、スパァっと(?)斬れる馬。
1番人気のアドマイヤマックスは、まあそんな感じではある。レース後骨折が判明したので何とも言えないが・・・。
2番人気のトーホウシデンはトップハンデの上、最内枠を引いたのが痛かった。ハンデもあり、決め手比べも分が悪かった。
3番人気のトレジャーは人気先行。大体35秒台の脚しかない。前走も凡戦。
4番人気のビッグゴールドも内枠とトップハンデが致命傷。外枠からスムーズに運べた前走から他馬が斤量減の中、不利な条件が重なった。
5番人気のサイドワインダーは穴人気の感もあるが、58キロで33秒台の脚を繰り出した前走内容は魅力。年初は準OPで強い相手に善戦していたし、武幸騎手も京都外回りでリキアイタイカンゼンノショウグンと、乗れている印象。見込まれた、と思った54キロは恵量だったようだ。
6、8番人気のタップダンスシチートッププロテクターもトップハンデの上決め手不足。
7番人気のカネトシディザイアは勝ち馬にタックルされたのが痛かったかもしれないが、距離は微妙ではあった。
9番人気のダービーレグノは前走は内枠で直線の団子状態で馬が戦意喪失したのだろう。当然の54キロとは言え、G1好走歴まである馬。他馬より有利な条件だった。にもかかわらずビッグゴールド辺りとは人気で逆転された。大外から直線一気の脚。トニービン産駒ワンツー。

やはりと言うか、どうもカシオペアSと直結しない。カシオペアS自体が昇級直後のゼンノショウグンが連に絡むような準OP戦のような内容だったからか。

[0.09]


TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: