JSE - 中央競馬データベース -


 

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2006/ 3/12 中山牝馬S 中山 芝1800 G3 4上国牝 3900

着順
馬名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

ヤマニンシュクル

2001 黒鹿 56 1. 47. 8 55 --====-----255 511 抹消

ディアデラノビア

2002 栗毛 55 1. 48. 0 53 -=====-----303 510 抹消

ヤマニンアラバスタ

2001 芦毛 56 1. 48. 3 52 --=====----170 422 抹消
コスモマーベラス

2002 栗毛 53 1. 48. 5 50 --===------152 532 抹消

ライラプス

2002 栗毛 54 1. 48. 5 50 -=====-----125 366 抹消

チアフルスマイル

2000 黒鹿 54 1. 48. 5 50 ====-------123 378 抹消

マイネソーサリス

2001 栗毛 54 1. 48. 6 50 --===------69 222 抹消
メジロトンキニーズ

2002 鹿毛 52 1. 48. 8 48 ---========22 127 抹消
カネトシディザイア

1999 青鹿 53 1. 48. 8 48 =====------67 334 抹消
10
ウイングレット

2001 鹿毛 56 1. 49. 1 48 --===------187 395 抹消
11
レクレドール

2001 黒鹿 55 1. 49. 5 45 --====-----167 495 抹消
12
スターリーヘヴン

2000 黒鹿 54 1. 49. 6 44 ====-------38 267 抹消
13 ミヤビキララ

2002 鹿毛 50 1. 49. 8 41 --==-------0 62 抹消
14
プリンセスグレース

2002 鹿毛 51 1. 49. 8 42 ---==------0 73 抹消
15 メイショウオスカル

2001 黒鹿 56 1. 51. 8 33 --===------172 403 抹消
16
アンブロワーズ

2002 鹿毛 53 1. 52. 1 30 ===--------97 173 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
中山牝馬S [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 06/03/13 (月)22:14  
外からやはり大西スターリーヘヴンの逃げと思われたがインから木幡カネトシディザイアが主張。ここまではある程度普通の流れだったが、真ん中から思い切り引っ掛かったメイショウオスカルが暴走。12.4-11.4-12.1-12.0-12.2と息が入らず、見た目以上に相当厳しい流れ。3コーナーで6番手までにいた馬は全部失速、先行馬にはかわいそうな流れになった。
そんなキツイ流れだから直線ではフラフラする馬が続出しいたるところで審議、馬群に突っ込んでいた馬(ex.プリンセスグレース)は悲惨な目にあってしまった。
安全策で外を回ったヤマニンシュクルはそれが結果的に大正解。その外からそれを上回る上がりでディアデラノビアが突っ込んできたが、坂を上がってからはG1馬の意地か、脚色は一緒に。1馬身4分の1差で久しぶりの勝ち星を挙げた。
ディアデラノビアは流れも向いたし坂のあるタフなコースも合うし距離も伸びた方がいい。結果的には1番人気→2番人気。スタートで出遅れたヤマニンアラバスタはあまりそれが痛手にならず。内ラチ沿いを割って出る(この馬にとっては)最高の乗り方だが最後は明確な差。やはりこの条件では限界がある。
コスモマーベラスは条件ベストだし流れにも乗ったように見えたがそこまで。ライラプスは進出も早かったがそれ以上に迷惑かけすぎ。一応降着にはならなかったが・・・紙一重だろう。
ウイングレットは休み明けで乱ペースを先行してしかも外から被され被されでは失速してもしょうがない。変わり身はある。

[0.07]


TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: