JSE - 中央競馬データベース -


 

[参加型登録馬]

▼兄弟・近親▼血統表▼拡張検索
Profile
馬名 [外] エスケイプ
英字 Escape
性別  牡
馬齢  235
生年 1785
毛色 鹿毛
産国  英
Highflyer
Squirrel Mare(1768)
母父 Squirrel

[ データ編集 ]

【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。
ニュース/動向
[ 投稿 ]





特徴/履歴データ
[ 参照・投稿 ]
1.
当時英皇太子だったジョージ・オーガスタス・フレデリック(後のジョージ4世王)がオーナーブリーダーでした。この馬はある事件で名を知られています。  1791年10/20,同馬はニューマーケットでの2マイル戦に鞍上はSkyscrapperでダービーSを制したことがあるSam Chifny騎手で出走、4頭立てでオッズが1−1(約2.0倍)と当然1番人気に推されました。しかし結果はGrey Diomedの4着とシンガリ。しかも大敗だったそうです。  しかし翌日、今度は4マイルのレースに出走(鞍上は変わらず)。6頭立ての4−1(約5.0倍)と人気は下がっていました。詳しい様子は記録されていませんが、かなり余裕のある勝ちっぷりだったようです。  どちらのレースでもオーナーである皇太子はかなりの額を賭けていたらしく、意図的に負けオッズを引き上げるようジョッキーと謀っておき次のレースで勝って大金を得ようとした(皇太子はかなりの浪費家で有名でした)のではないかという八百長疑惑が出ました。  Smolenskoの馬主で知られるC. バンベリー卿らが中心となっているジョッキークラブは皇太子に警告を出し、その結果皇太子はニューマーケットに足を運ぶことは2度とありませんでした。  ちなみにこの2戦がどうやら引退レースだったらしく、その後種牡馬入りしましたが、目立った産駒は残していません。
// イギリス貴族 08/02/29 (金)11:19  

応援コメント
[ 投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board

[兄弟] (?)


[近親] (?)


[5代血統表] (?)

エスケイプ
Escape
牡 1785 鹿毛 英  
 【父】


ハイフライヤー
Highflyer
1774 鹿毛 [英]  

ヘロド
Herod
1758 鹿毛 [英]  
ターター
Tartar
1743 栗毛 [英]  
パートナー
Croft's Partner
Jigg
Sister One to Mixbury
Meliora
Fox
---
Cypron
        
ブレイズ
Blaze
Flying Childers
Confederate Lady
--- ---
---

Rachel
        
ブランクII
Blank
1740 鹿毛 [英]  
ゴドルフィンアラビアン
Godolphin Arabian
---
---
アモレット
Amorett
Bartlet's Childers
Flying Whigg
--- --- ---
---
--- ---
---
 【母】


Squirrel Mare
1768      

スクワーラル
Squirrel
1754 鹿毛 [英]  
トラヴェラー
Traveller
1735 鹿毛 [英]  
パートナー
Croft's Partner
Jigg
Sister One to Mixbury
Almanzor Mare
Almanzor
---
Grey Bloody Buttocks
        
Bloody Buttocks
---
---
--- ---
---
--- --- --- ---
---
--- ---
---
--- --- ---
---
--- ---
---

[0.12]


TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: