JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
1999/11/28 ジャパンC 東京 芝2400 G1 3上国  13200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


スペシャルウィーク

1995 黒鹿57 2. 25. 5 59 ----=======1014 894 抹消
[外] インディジェナス Indigenous

1993 鹿毛57 2. 25. 7 58 ----===----53 470 抹消
[外] ハイライズ High-Rise

1995 鹿毛57 2. 25. 7 58 ----===----33 213 抹消
[外] モンジュー Montjeu

1996 鹿毛55 2. 25. 8 56 -----==----20 240 抹消

ラスカルスズカ

1996 鹿毛55 2. 26. 5 54 ---========203 250 抹消

ステイゴールド

1994 黒鹿57 2. 26. 6 54 ----=======704 1660 抹消

スエヒロコマンダー

1995 鹿毛57 2. 26. 6 54 ----=======356 755 抹消
[外] ボルジア Borgia

1994 黒鹿55 2. 26. 7 52 -----==----0 133 抹消
[外] フルーツオブラヴ Fruits of Love

1995 鹿毛57 2. 26. 7 52 ------=----0 222 抹消
10 [外] タイガーヒル Tiger Hill

1995 鹿毛57 2. 26. 9 52 ----===----0 112 抹消
11
アンブラスモア

1994 鹿毛57 2. 27. 1 52 --===------264 120 抹消
12 ウメノファイバー

1996 鹿毛53 2. 28. 1 45 =======----202 183 抹消
13
オースミブライト

1996 黒鹿55 2. 28. 6 43 ---====----208 396 抹消
14
スティンガー

1996 鹿毛53 2. 29. 5 38 -======----380 173 抹消
[外] アルボラーダ Alborada

1995 芦毛55 取消
=====------0 30 抹消

レース回顧
ジャパンC [ ☆レース回顧 ]
 充実した外国馬の参戦に比して、 日本のメンバーは層が薄い印象を拭えない感じの今年のJC。 1番人気は エルコンドルパサーを半馬身抑えて凱旋門賞を制した8戦7勝のモンジュー。 2番人気に秋の盾で復活劇を演じ日本メンバーの筆頭を務める スペシャルウィーク。 以下、タイガーヒルラスカルスズカの順。
 レースはアンブラスモアの単騎逃げで、落ち着いたミドルペースの流れ。 スペシャルウィークは中団より後方。注目のモンジューはさらにその後ろ。 3角から動いたスペシャルウィークについていくようにモンジューがつれて上がるも、 直線素晴らしい手応えで馬群を抜け出したスペシャルウィークに比べて、 モンジューは反応鈍く、この時点で勝負あった。 すぐに先頭に立ったスペシャルウィークは最後のつめもしっかりと 後続を1馬身半突き放してゴール。通算4つ目のG1を獲得し、 ナリタブライアンを抜いて一気に歴代賞金王となった。 そして、鞍上の武豊騎手にとって初のJC制覇でした。 2着には先行して粘りきった香港のインディジェナスが、 ハイライズの追撃をハナ差退け、連対を果たした。 2番人気と12番人気の馬連万馬券決着で相変わらずJCは難しい。 注目のモンジューは最後追い上げはしたものの4着止まり。 堅い馬場への適正というよりは、 過酷な凱旋門賞からの短いローテーションに加え、 長距離輸送が響いて、直前までしっかりした調教が行えなかったようだ。

[0.08]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: