JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2001/ 4/ 7 大阪−ハンブルクC 阪神 芝2500 OP 4上混  2400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

メジロサンドラ

1996 芦毛54 2. 33. 3 55 ---=====---99 238 抹消

サニーサイドアップ

1997 栗毛51 2. 33. 5 53 --=====----77 98 抹消
(外) ビッグバイキング

1996 鹿毛55 2. 33. 5 55 ---========102 143 抹消

ヒシマジェスティ

1997 鹿毛55 2. 33. 7 54 ---====----4 69 抹消
(外) タップダンスシチー

1997 鹿毛53 2. 33. 8 53 ----====---988 1268 抹消

サンフェザント

1995 芦毛53 2. 33. 8 53 ---====----4 59 抹消

アクティブバイオ

1997 鹿毛52 2. 33. 8 52 -----======219 743 抹消
ロロ

1997 鹿毛52 2. 33. 8 52 ---====----0 33 抹消

タガノブライアン

1996 栗毛55 2. 34. 0 53 -=====-----17 11 抹消
10 バンブーマリアッチ

1995 鹿毛54 2. 34. 3 51 ---==------150 56 抹消
11
メイショウバチカン

1995 鹿毛53 2. 35. 5 46 ----=====--8 93 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
大阪−ハンブルクC [ ☆レース回顧 ]
|| 一味唐辛子 01/04/07 (土)16:22  
メジロサンドラはアンカツのソツのない好騎乗で惜敗続きにピリオド。
道中2番手追走で勝負所で並びかけるという理想的なレース運び。
サニーサイドアップは牝馬同士の切れ味勝負では見劣るが、スタミナになって浮上した。内々をロスなく通れたのも大きい。
ビッグバイキングは前走からさらに復調してきた。ゆったり進める長距離戦はこの馬にプラス。
ヒシマジェスティはやはり長距離では切れ味が落ちる。展開もイマイチ向かなかった。
タップダンスシチーは切れ味不足。アンカツが乗ってもも勝てなかったわけだし。
タガノブライアンはなんと!ハナを切った。
ペース自体は前残りで粘ってもおかしくなかったが、道中ずっとメジロサンドラにマークされてしまった。あれでは厳しい。
せめて騎手が逆だったら・・・。
大阪−ハンブルクC [ ☆レース回顧 ]
|| パドック歴(3ヶ月) 01/04/07 (土)16:32  
メジロサンドラのデキはよかったです。
この距離もあっている印象を受けました。安勝も流石ですね。

ペースはスローで前にいるかもしくはいい末脚を使える馬が有利でしたね。
タップダンスシチーは前にいけなければ少し難しいですね。
いい脚を使えるわけでもなく,あの気性ですから前につけないと・・・
ヒシマジェスティ・・・反省します。距離です。
先行の方があってると思うので,中団につけたのはマイナスであるとは思うが距離はながそう。3才時は長距離馬と思っていたんですが私の大きな認識違いでした。

軽ハンデ,馬場のよい内をついたサニーサイドアップが2着。
いい脚を使ったビックバイキングが3着。
2着はあっても不思議ではないんですが,3着のビックバイキングは驚きました。調教も相変わらずだったし私の力では読めません。
大阪−ハンブルクC [ ☆レース回顧 ]
|| ヨッシー 01/04/07 (土)17:22  
メジロサンドラはデキの良さ、距離延長、良馬場、安藤勝騎手の好騎乗とぴったりそろった感じ。タガノブライアンの逃げをうまく利用して2番手で流れに乗り、最後はスタミナを生かして抜け出した。
サニーサイドアップは内でじっとして脚をため、直線も内をつくロスのない競馬で2着。51キロという軽ハンデも味方した。
ビッグバイキングはやはり長距離の方があっている感じ。前走もナリタトップロードに離されたとはいえ、2着のエリモブライアンとなら0秒7差。調教の内容も良かったようで、復調していることを示した。
期待したヒシマジェスティは4着。後方からレースを進め、直線で伸びかかった時はしめたと思ったが・・・。やはり微妙に距離が長く切れ味を殺されてしまった。
タップダンスシチーはどうしてもジリ脚だけに詰めが甘い。それにメジロサンドラと同じ位置くらいで競馬をした方が良かった。今日は位置取りもやや後ろだった。
タガノブライアンはなんとハナを切る競馬。ペースはまずまずもメジロサンドラにぴったりとマークされ、息が入らなかった。やはり人気の藤田は信用できない。

[0.07]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: