JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2001/ 4/ 7 ニュージーランドT 中山 芝1600 G2 3歳混  5400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


キタサンチャンネル

1998 黒鹿56 1. 35. 7 51 ====-------139 450 抹消
[地] ネイティヴハート

1998 鹿毛56 1. 35. 8 51 ===--------296 783 抹消
エアヴァルジャン

1998 黒鹿56 1. 35. 8 51 ===--------14 218 抹消
メジロキルデア

1998 黒鹿56 1. 35. 9 50 --==-------27 247 抹消
メイショウドウサン

1998 鹿毛56 1. 35. 9 50 ====-------29 203 抹消
(外) エイシンスペンサー

1998 栗毛56 1. 35. 9 50 --===------124 371 抹消
スーパーウインザー

1998 黒鹿56 1. 36. 1 49 ===--------0 67 抹消

ヤングモンタナ

1998 鹿毛56 1. 36. 3 48 ===--------10 120 抹消
シンボリスナイパー

1998 鹿毛56 1. 36. 3 48 ===--------24 302 抹消
10 (外) マチカネイサリビ

1998 鹿毛56 1. 36. 3 48 ===--------12 67 抹消
11 (外) ユーワレキシントン

1998 青鹿 56 1. 36. 5 47 =====------0 37 抹消
12 カチドキリュウ

1998 鹿毛56 1. 36. 8 45 =====------91 167 抹消
13
マイネルレガリア

1998 黒鹿56 1. 36. 9 44 ====-------6 220 抹消
14 (外) グラスエイコウオー

1998 栗毛56 1. 36. 9 44 --====-----175 399 抹消
(外) ラモンターニャ

1998 栗毛 56 取消
==---------2 46 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
ニュージーランドT [ ☆レース回顧 ]
 3着までにNHKマイルCの優先出走権が与えられるNZT。 好スタートを切って、そのまま逃げた3番人気キタサンチャンネルが最後まで脚色衰えず、 後続を振り切って重賞初勝利を飾った。 2.0倍の1番人気に推された地方の雄ネイティヴハートは 道中チグハグなところが見られたものの ゴール前もの凄い脚で強襲し、どうにか首差の2着を確保した。 3着には2番人気エアヴァルジャンでした。
ニュージーランドT [ ☆レース回顧 ]
|| パドック歴(3ヶ月) 01/04/07 (土)16:04  
ネイティヴハートはついてなかったですね。
馬群の中に入ってしまって・・・しかしあらためて強さを認識しました。
キタサンチャンネルは展開もよかったですが,この馬の粘りは凄いですね。
スタートもいいしこれからも堅実に走ってくれそうです。

こっからは反省。
グラスエイコウオー・・・この馬はもっと前にいかないとキツイです。
でも今回は距離,もしくは調子が悪かったようです。コーナーに入った時には手応えなかったんで。
ニュージーランドT [ ☆レース回顧 ]
|| 一味唐辛子 01/04/07 (土)16:46  
1000通過60秒5。ユーワレキシントンが控えたため思ったよりペースは落ち着きましたね。
というより超スローですね。完全に先行馬有利の流れになってしまった。
ただ、内外馬場の差があるので差し馬も多少台頭の余地はあったのですが。

キタサンチャンネルは同型馬が控えてくれたのが助かった。スローに持ちこみ粘りこんだ。
展開に助けられたが、内の悪い所を走ってたし、エアヴァルジャンのマークを振り切ったのだから力はある。
ネイティヴハートは道中中団待機も勝負所で窮屈になり後退。スローだけにこれが痛かった。
しかし、直線はとても届かない位置から豪快に追いこみ2着。負けはしたが、どの馬が一番強いかは言うまでもない。
体調面での上積み、直線の長い東京コースに変わることからもΝHKマイルCは本当に楽しみ。
エアヴァルジャンは勝ち馬をぴったりマークしながらも交わせず。しかし、まだまだこれからの馬なので今後に期待。
メジロキルデアは現状ではマイルがベストか。力をつけてきている。
メイショウドウサンはペースを考慮して割りと早めの競馬。脚の使い所が難しそう。
エイシンスペンサーは大外からいい伸び脚。器用ではないしこういう馬場も向かなかったが、復調してきた。
カチドキリュウシンボリスナイパーはやはり前走は流れに助けられたのが大きかった。逆に今日の流れでは厳しい。
グラスエイコウオーは意味不明な負け方。中山の荒れ馬場も前走で克服してるし、距離も問題なし。
もう少し前に付けたかったが、4角での失速はそれ以前の問題。体調不良とは思えなかったし、故障とも思えないし、気分屋なのか?
ニュージーランドT [ ☆レース回顧 ]
|| ヨッシー 01/04/07 (土)18:02  
ラモンターニャの取消は予想以上に影響があった。ハイペースで逃げまくると思われたこの馬がいなくなったことで、半マイルが48秒0、1000m通過が60秒5というかなりのスローペースになってしまった。これにより、追い込み馬には全く展開が向かなかった。
期待したエアヴァルジャンは3着。好位のインで待機した道中、そして仕掛けのタイミングなどレース前予想した通りの理想的な展開。蛯名騎手も完璧に乗ってくれた。まぁ、キタサンチャンネルにあのペースで逃げられてはと思ったが2着は間違いないだろうと思い、この2頭で決着して今日は的中だなと思っていた。そうしたら全く見ていなかった外から1頭ものすごい勢いで突っ込んできて、ゴール寸前でなんと差し切られたではないか・・・。写真判定で3着と出た時はさすがにマジへこみ。ただ力がある所は見せてくれた。今後の成長に期待したい。
勝ったキタサンチャンネルにはすべてがうまくいった。同型のユーワレキシントンが控えたことでマイペースの単騎逃げに持ち込む。最後は差を詰められたがギリギリ粘り切ってしまった。「桜がきれいで、良い景色の中で気分よく乗れました」と高橋亮騎手がコメントしているあたり、道中はかなり余裕があったようだ。
ネイティヴハートはとにかく負けて強しのレースぶり。道中は中団のインで折り合いをつけていた。注目だったのは3コーナー過ぎから。各馬が仕掛けていくのに対し、菅原騎手は手綱を絞ったまま。「朝日杯では4角先頭の競馬をして結局最後が甘くなったので、今日はとにかく直線にすべてをかけるつもりだった」との菅原騎手のコメントから、意識的にあのような競馬をしたと考えられる。結局4コーナーでは最高峰に近い位置となり、もうだめだなと思ったが狭い所から抜け出して素晴らしい切れ味で2着に。ただ脚は余した。
しかしハイペースが予想される本番に向けてこのような競馬ができたということは大きな収穫。勝てなかったのは残念だったが、トライアルとしては上々の内容だろう。
メジロキルデアは中山のマイル戦があっている。内目を進むロスのないレースぶりも目立っていた。
メイショウドウサンは最近かかるレースぶりが多かったのだが、今日も向こう正面でかかってしまった。安田康騎手が懸命になだめてはいたが…。
エイシンスペンサーは注文をつけて最高峰からの競馬。3コーナー過ぎから外を上昇していったが、今日はペースが上がらず展開が厳しかった。ジリ脚で器用さのない所も相変わらず。ただ復調はしている。次走は府中なら十分に狙い目が立つ。
シンボリスナイパーカチドキリュウはやはり前走は展開がはまったもの。今日は見せ場なく大敗した。
マチカネイサリビは相変わらずの出遅れ癖。今日はスタートの瞬間にゲート内で立ち上がった。この癖が直らない限り厳しい。
グラスエイコウオーはしんがり負け。いつもより後ろの位置取りで流れに乗れなかったのは確か。ハイペースで頑張りすぎた前走の反動があったのか、もまれて走る気をなくしたのかも。
ニュージーランドT [ ☆レース回顧 ]
|| パパラッチ竜童 01/04/07 (土)21:15  
ネイテイブハートは最終コーナー手前後退したが直線に入って狭い隙間から一気に追い込んだが2着価値ある2着だったキタサンチャンネルはまたも追い込まれたが粘り込んだNHKマイル杯ではネイテイブハートにクロフネそれに距離問題のラモンターニャ中央転厩したフジノテンビーの争いか

[0.11]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: