JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2001/ 4/28 青葉賞 東京 芝2400 G2 3歳混  5400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

(外) ルゼル

1998 鹿毛56 2. 26. 9 55 ---====----68 133 抹消

プレシャスソング

1998 黒鹿56 2. 27. 0 55 ----===----22 186 抹消
(外) ユノピエロ

1998 鹿毛56 2. 27. 8 51 -======----36 91 抹消

チアズブライトリー

1998 青鹿56 2. 27. 8 51 ---=======-158 228 抹消
(地) シングンオペラ

1998 黒鹿56 2. 27. 9 50 ========---26 110 抹消

ダイイチダンヒル

1998 青鹿56 2. 27. 9 50 ---====----45 102 抹消
[地] タイムトゥチェンジ

1998 黒鹿56 2. 28. 0 49 --===------19 86 抹消

スパーブジュエル

1998 黒鹿56 2. 28. 2 48 =======----8 61 抹消

アドマイヤセレクト

1998 青鹿56 2. 28. 2 48 --=====----0 19 抹消
10
ナスノスモーキイ

1998 芦毛56 2. 28. 3 48 --=====----0 10 抹消
11
タイムパラドックス

1998 栗毛56 2. 28. 3 48 --=====----354 449 抹消
12
カオリジョバンニ

1998 黒鹿56 2. 28. 3 48 --===------21 25 抹消
13 (外) ラハイナシチー

1998 鹿毛 56 2. 28. 6 46 ========---8 48 抹消
14
トーアコマンダー

1998 鹿毛56 2. 28. 9 45 --=========2 27 抹消
15 バルテスフォンテン

1998 栗毛56 2. 29. 9 40 ---====----0 10 抹消
16
カラオクルス

1998 鹿毛56 2. 29. 9 40 ---===-----0 18 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
青葉賞 [ ☆レース回顧 ]
 スローな流れにより先行馬断然有利の展開で、スタート良く飛び出した3番人気ルゼルが そのまま逃げ切り優勝。重賞初制覇を飾った。 半馬身差の2着に7番人気のプレシャスソング、 さらに5馬身差の3着に13番人気のユノピエロという決着でした。  1着のルゼルは外国産馬のためNHKマイルC、京都新聞杯の結果を待って、 ダービーへの出走権が確定する。 2着のプレシャスソングはダービーの優先出走権を獲得した。
青葉賞 [ ☆レース回顧 ]
|| K 01/04/28 (土)18:02  
ルゼル・・・馬場の恩恵もあったが地力を証明。マイペースでいけばいけそう。ダービー出走叶えば逃げるか?
プレシャスソング・・・流石はSS。前走の負けで人気を落としたが長い距離は良いようだ。ダービーでも軽視できぬ。

この2頭が圧倒。チアズブライトリーダイイチダンヒルはどうした!?
青葉賞 [ ☆レース回顧 ]
|| パドック歴(3ヶ月) 01/04/28 (土)20:18  
今日の馬場,かなりのスローペース。あれでは後ろの馬がこれるはずなし。
少し切れる脚を持った先行勢が勝つのは仕方ない。

ルゼル・・・楽に逃げる。いくらなんでもあんな楽にいかれたら勝てないですね。
プレシャスソング・・・前走の敗因は無理に押さえた事というのは分かっていたが負けすぎってことで消したけれど・・・
チアズブライトリーダイイチダンヒルシングンオペラなどの有力馬が差し馬ばかりだったのもこんなスローペースの原因になったのかも。

タイムトゥチェンジ・・・なんであんな位置から競馬すんねん!今日は先行してたら勝ってたと思うぞ!(競馬にたらはダメなんですが)

問題はこのレースは上がりがめっちゃ速くなったのでどの馬も脚が心配です。
青葉賞 [ ☆レース回顧 ]
|| ヨッシー 01/04/28 (土)20:58  
ルゼルの後藤騎手は1番枠と決まった時から、ハナを切ることを考えていたようです。それにしても誰も後ろから突っつかない。あれでは簡単に逃げ切られてしまいますわ。上がり34秒8では後続はどうしようもない。ダービーでも今日のような競馬ができれば、おもしろい存在になりそうだ。
プレシャスソングは惜しい2着。前走の敗因は馬群でもまれたことによりキャリア不足を露呈したもの。その反省を生かして今日はスムーズに先行できた。追い出してからは外へモタれるなど若さものぞかせていたが、今後が楽しみ。
この展開では追い込み馬は用なし。期待したラハイナシチーも4コーナーで最高峰、しかも外を回っていてはとても競馬にならない。
とにかくこの結果は、今日の馬場状態も大きく影響した。先週の芝コースはそれこそゴルフのラフのような感じだったが、今日はきれいに(長さ8.5センチ)刈り揃えられていた。Cコースでただでさえ追い込みが効かないのに、今日の馬場はその傾向により拍車をかけたもの。明日以降の馬券戦術にも注意が必要だ。
青葉賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 一味唐辛子 01/04/28 (土)21:51  
スローになっちゃいましたね。上がり34.8で前残りの馬場じゃ、先行断然有利ですね。
ルゼルは最初から行く予定だったみたいですね。逃げ馬がいないし、人気馬が差し馬なので後藤騎手のナイスな判断でした。
前走が案外でしたが、今日はラストチャンスということもあってキッチリ仕上げてきましたね。
プレシャスソングは前走は無理に控えて若さを露呈しましたが、今日は前でスムーズに競馬ができましたね。
直線で寄れてたように馬がまだ子供。それでいて最後まで差を詰めるのだから相当の大器です。
ダービーとは言わず、秋以降、来年以降が本当に楽しみ。将来性では勝ち馬よりこちらに魅力を感じます。
3着のユノピエロにはかなりビックリ!1800でいい勝ち方をしてましたが、まさか2400でこれだけ走れるとは。
チアズブライトリーはここは叩き台だったということか。あんまり切れる脚がなさそう。
シングンオペラは大幅体重減。環境の変化が影響か?それでも堅実に走るこの馬には脱帽です。
ダイイチダンヒルは直線で前が壁になったりもしたが、負けすぎ。やっぱり武騎手は何か違いますよね。馬の切れ味の引き出し方とか。
この馬は元々抜群に切れるわけでじゃないし、ここは明らかに叩き台でしたからね。
でもこのメンバーでこれじゃ、ダービーでは掲示板が精一杯かな。
青葉賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 蛸坊主 01/04/29 (日)10:41  
出走馬のパドックでの印象

人気のチアズブライトリーダイイチダンヒルは体の線が細いように思えました。両馬ともイレ込み気味で実力を発揮するのは難しいだろうなと感じました。

中央転厩したシングンオペラは前走から14kg減の430kg。全体の印象ではどこが14kg減ったのかと思うほどシッカリした仕上りになっていました。448kgのチアズブライトリーダイイチダンヒルよりも馬体を大きく見せていました。

馬体のデキの良さが目立っていたのはプレシャスソングスパーブジュエルラハイナシチーカオリジョバンニの4頭です。

スパーブジュエルは眼を覆っていたのですがイレ込みがキツイです。馬体からは能力はあると感じるのですが気性が足を引っ張っている感じがします。

カオリジョバンニは距離が長すぎましたね。皐月賞・青葉賞でも直線でヨレているので距離を短縮したほうが良さそうです。馬体は正方形に近いので短距離向きです。

プレシャスソングスペシャルウィークの近親だけあってアカ抜けた好馬体です。気性が幼い馬と聞いていたのでパドックでイレ込むのではと心配していましたが落ち着いて周回しており実力を発揮できる状態でした。レースではふらついたりして気性の幼さを見せていました。精神的に成長すれば大舞台で活躍できる馬です。

ラハイナシチーはデキの割には走らなかったです。最後方からレースだったのでスタートで位置取りに失敗した感じがします。

タイムトゥチェンジは馬体は良かったのですが毛艶が悪かったです。

バルテスフォンテンは全体的に硬く、毛艶の悪さが気になりました。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: