JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2001/10/14 秋華賞 京都 芝2000 G1 3歳混牝 8900

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


テイエムオーシャン

1998 鹿毛55 1. 58. 5 65 --======---420 529 抹消

ローズバド

1998 青毛55 1. 58. 6 64 --=====----308 615 抹消

レディパステル

1998 鹿毛55 1. 58. 9 63 ---=====---376 533 抹消

サクセスストレイン

1998 鹿毛55 1. 59. 0 62 =======----85 216 抹消
ショウナンバーキンII

1998 黒鹿55 1. 59. 2 61 =====------19 197 抹消
ムーンライトタンゴ

1998 栗毛55 1. 59. 4 60 --=====----79 217 抹消

ノブレスオブリッジ

1998 栗毛55 1. 59. 5 60 ---====----69 513 抹消
タイムフェアレディ

1998 黒鹿55 1. 59. 8 58 =====------58 174 抹消

ダイワルージュ

1998 鹿毛55 1. 59. 8 58 ===--------115 101 抹消
10
ピンクパピヨン

1998 青鹿55 2. 00. 0 57 -====------15 98 抹消
11
アドマイヤハッピー

1998 鹿毛55 2. 00. 0 57 ---==------5 36 抹消
12 ドリームカムカム

1998 栗毛55 2. 00. 7 54 ====-------94 60 抹消
13
シルキードルチェ

1998 栃栗55 2. 00. 7 54 ---===-----0 71 抹消
14 ハローサンライズ

1998 栗毛55 2. 00. 8 53 ---==------5 76 抹消
15
タイヨーキャプテン

1998 芦毛55 2. 01. 3 50 ---==------0 44 抹消
16
シャイニンググラス

1998 青鹿55 2. 02. 3 45 ---===-----5 130 抹消
17
ウィーレジスタンス

1998 栗毛55 2. 02. 5 44 -====------0 27 抹消
18
フローラルグリーン

1998 栗毛55 2. 03. 3 40 =====------19 51 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
 スタート直後、ローズバドが躓くアクシデントで後方から。 フローラルグリーンが先頭でレースを引っ張ってくれたこともあり、 テイエムオーシャンは折り合いながら3番手を追走。 直線向いたときには既に先頭にたったテイエムオーシャンが 後続を突き放しにかかるのに対して、 後方からの競馬となったローズバドは4角でうまく内の隙間を すり抜けてインを強襲。グングンと先頭との差を詰めたが、 結局先に抜け出していたテイエムオーシャンとのゴールでの差は3/4馬身まで。 春の桜花賞に続いて秋華賞を制覇し、牝馬2冠に輝いた。 2着ローズバド。離れた3着には4角で大外を回らされたレディパステル。 終わってみると1番人気から3番人気までが着順通りという秋華賞としては 珍しく堅い決着に終わった。
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
|| U-1 01/10/14 (日)16:26  
堅いですね・・・まあこんな年もあっていいかもしれません。とは言いつつもしっかり取ってはいますが・・・

先頭は抜群のダッシュをみせたフローラルグリーンが奪い、オーシャンは3番手に落ち着き、ローズバドは躓いたせいもあって最後方、レディパステルもなかなかのスタートだったが中団で馬場のいい所をとおる作戦。
展開は縦長で前半1000mが58.4とややハイペース。
最終コーナーでテイエムオーシャンが持ったままフローラルグリーンを交わすと、あとは手応えが違いすぎた。内からローズバドも迫っては来るが差が縮まらない、レディパステルはもはや蚊帳の外、何とか3着は死守した物の、前の2頭と器が違った。
テイエムオーシャン やはり飛びぬけている。距離の柔軟性は2000くらいまでだろう。坂が無ければ2200までこなすかも。
ローズバド この馬も強い、母も強かったが今日は母を超えた。最終コーナでの横山騎手の騎乗も光った。
レディパステル 普通の馬とは実力が違うが、前記の2頭にはまだまだの感じ。オークスは距離の利か?ただ今後一番成長しそうなので、来年以降が一番楽しみな馬
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
|| AGUHURA 01/10/14 (日)16:54  
いい競馬でした。今年の3歳世代は本当に強いですね。
テイエムオーシャン:気性面での成長がかなりのプラスだったと思う。前に2頭が行き、3番手で速いペースの中、折り合うという絶好の展開。桜花賞より早仕掛けだったが休み明けを考えれば結果的に完勝。
ローズバド:つまずきが痛かったが速いペースという展開補助があったものの、やや荒れた内馬場に突っ込んで2着にきたのは絶対能力の高さか。
レディパステルトニービンということで京都はどうかと思ったが、紫苑Sかなり器用なところを見せたので大丈夫と思ったが、結果として外に出たのが致命的だったか。ただ今回を見ると京都、阪神では少頭数でない限りテイエムオーシャン相手にはややきびしい気がする。ただトニービンでこの器用さは将来性が高いのではないか。
サクセスストレインムーンライトタンゴ:サクセスはかなり期待していただけに残念だった。味がある馬です(個人的に好きだ)タンゴは前走のローズSで叩き2戦目で絶好の形で競り負け、2着も確保できなかったことでやや限界を露呈してしまった気がする桜花賞のような最後方あたりからの一発勝負が向いてるのでは。
今回の秋華賞は▲だったピンクパピヨン以外は上位陣は全てGET。本当に強いっすね。府中牝馬を見ると古馬勢は一気にくるかと思われたヤマカツスズランはあえなく撃沈。ティコティコタックも微妙な上、勝ったマルカキャンディは展開に注文がつく。古牝の壁は直行するらしいトゥザヴィクトリーだけか。このままいくとオーシャンはエリザベス女王杯に向かうらしいのでもしかしたら3歳でエリザベスを制してしまうかもしれない。とにかく今年の3歳ば優秀ですな。そう思った1日でした。
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
|| ヨッシー 01/10/14 (日)17:39  
予想ではいろいろ書いてみたものの、実馬券は印をつけた3頭のボックスに。まぁ的中させたとはいえ、やはりあまりおもしろくもないような・・・。
春の実績馬が順調に出走してきたケースではあまり荒れないし、仕方のない結果といえばそれまでだが。

レースは、フローラルグリーンが5F58秒台のハイペースで引っ張ったため、テイエムオーシャンは折り合いを気にすることなく理想的な位置、流れでの競馬となった。
桜花賞で基本能力の高さを示しており、休養の間での気性面の成長、さらに展開も向いたとなれば順当勝ちといって良いだろう。
ローズバドはスタート直後に躓いたが、ノリがよく落馬せずに持ち直した。ハイペースに助けられた面もあるものの、直線ではがら空きのインを上手くついた。たださすがに2着が精一杯。一族の悲願はまたしても持ち越された。
レディパステルも状態は良く、最後も外から伸びてはいるが、上位2頭とはコース取りの差も大きかった。あとスピード勝負になったのもややきつかったか。
サクセスストレインは右回りではいつも内にササるのだが今日はよく我慢した。ただ最後は地力に優るレディパステルに交された。
まぁ上位3頭と4着以下では差があったということだろう。
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
|| Nブラリアンはどこへ? 01/10/14 (日)20:17  
・3着まで印順で決まり。でも自慢になりませんね(^^)。まぁ幸先良しとします。

全体としては、やはり上位三頭が抜けていましたね。内容的にみても高レベルだし馬場状態を考えたら好タイムだと思います。
Hペースを先行して勝ったテイエムオーシャンはやはり力が違います。予想でも書きましたが、もはやファビラスラフインと互角とみます。エリ女を無視して中1週で天皇賞とかJCとか行かないかなぁ(笑)
ローズバドは予想通りスタートが悪い(というか躓く)が、展開が向きました。横山騎手も内を突く好騎乗。躓いていなければ・・最後の脚色は一緒だったので交わすところまではいってなかったと思います。それでも相当強いです。前にテイエムオーシャンさえいなければこのレース(躓いて追込み勝ち)は「伝説」になってたのでは?既に母ロゼカラーよりは強く、メジロドーベルあたりと互角とみます。
レディパステルは輸送の影響はなし。懸念したとおり外を捲る中途半端な競馬になってしまいました。でもレベルの高いレースで3着だったので力はあったと思います。次走に期待です。
残りの馬は終わってみれば出番なしですね。それでもサクセスストレインムーンライトタンゴなどは結構力があると思うので、今後に期待します。

私見としては、結果的には堅かったですがこういうレース(3強のいるレース)の馬券の買い方としてはワイドで3着で穴を狙うのがいいと思います。
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
|| ゼネラリスト 01/10/14 (日)22:01  
全連対馬12頭を調べたらこんなことがわかった。
過去6年の連対馬12頭は京都、または阪神で3着以内と好走していた。(芝・ダート不問)
このことから、京都と阪神で全て着外(4着以下)、または未経験だった馬は消しだということがわかった。
したがって、今年出走した18頭のうち以下の馬が消えた。
サクセスストレイン 阪神(0.0.0.2) 
タイムフェアレディ 京都(0.0.0.1)
タイヨーキャプテン 阪神(0.0.0.1)
京都・阪神未経験
シャイニンググラス
ショウナンバーキン
ドリームカムカム
レディパステル
以上7頭。
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 亀谷狂 01/10/15 (月)01:36  
テイエムオーシャン:ハイペースの秋華賞はドンピシャな条件な訳で、勝って当たり前。キョウエイマーチと一緒。
ローズバド:馬場はやや向かないところもあったが、基礎能力が高いので来れてしまう。直線でキッチリ内を突くヨコノリはたいした肝だ。
レディパステル:上位三頭の中で一番適性がないので仕方ない。弱いわけでもなんでもない。
サクセスストレイン:馬場は向いたほうだと思うが、何しろ力的に上位三頭には及ばない。
ショウナンバーキン:ハイペースの恩恵で雪崩れ込み差し。前走負けすぎでもありこの辺が精一杯。
ムーンライトタンゴ:馬体もキッチリ絞れて良かったが、何しろ馬場が全く向いていない。
ノブレスオブリッジ:ローテ、枠順、馬場等すべて良かったものの、馬体増では最後の一押しを欠いてしまった。
タイムフェアレディ:持続馬場でも荒れていたほうが良いし大幅増というのもどうか。
ダイワルージュ:サンデー×ノーザンテーストの限界を見た感じが…。
ピンクパピヨン:千八の内枠で。
アドマイヤハッピートニービン不向きで仕方ない。
ドリームカムカム:前走がベストパフォーマンスだったので上積みがないのも仕方がない。
シルキードルチェ:今日の流れ、馬場ならもう少し差し込んできてもいいのだが、馬体が小さすぎるというのがGTでは…。
ハローサンライズ:次走は逃げて。
タイヨーキャプテンノーザンダンサーならもう少し重さが欲しいし、足りない。
シャイニンググラス:…。
ウィーレジスタンス:ダートで。
フローラルグリーン:短距離で。
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 山口和之 01/10/16 (火)10:08  
テイエムオーシャンは休み明けに関係無く凄い勝ち方でしたね。フローラルグリーンが玉砕に近い大逃げを打ち、ハローサンライズが2番手。その3番手を楽々と追走。しかも、今回は折り合いも付いていた。後は最後の直線で楽々と先頭。本田騎手は、京都内回りを意識した好騎乗だった。ローズバドは、スタート後躓いたのが全て。でも、テイエムオーシャンの3/4馬身に詰めたが、悔いの残る騎乗だったのは間違い無い。レディパステルは京都への初輸送が応えたか。サクセスストレインを差すのに精一杯。サクセスストレインは、牝馬限定のG1、そして、苦手だった右回りを克服しての4着。これで、サクセスストレインは、右回りコースに完全にメドがたった。テイエムオーシャンの秋華賞走破タイム1分58秒5は’96年のファビラスラフィンに次ぐ2番目の好タイム。エリザベス女王杯でも中心になるのは間違い無い。3強が上位を独占して珍しく安泰の秋華賞だった。
秋華賞 [ ☆レース回顧 ]
|| マコト 01/10/16 (火)14:17  
フローラルグリーンが逃げ宣言で逃げ、ハローサンライズにとっては苦しい。ローズバドはつまずき、サクセスストレインがよれたとみたが別に問題が無かった。勝ったテイエムオーシャンは先行して、4カクで楽々先頭に立ちそのままローズバド似詰め寄られるも、さらに突き放し完勝だった。2着ローズバドもつまずいたことに関してはしかたないとはいえ、テイエムに差を詰めたものの放された、レディパステルは外に回り完全なロス、勝った馬とは力の違い。テイエムオーシャンは休み明けでさらに上昇しそうでエリザベス女王杯も楽しみ。ローズバドは、今回はインコースだったがそう簡単に今後インはとれないはずで追い込み馬の宿命馬群をどうさばくか。レディパステルは外に回ってもスピードがなければ。勝ち馬は、スピードの違い、折り合いがついたことと完璧な内容。関係者のぶっつけで挑むという判断が正しかった。

[0.13]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: