JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2001/12/15 CBC賞 中京 芝1200 G2 3上混  6400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


リキアイタイカン

1998 栗毛56 1. 09. 1 59 ===--------230 1027 抹消
(外) ジョンカラノテガミ

1995 栗毛57 1. 09. 1 60 ==---------71 511 抹消

テイエムサンデー

1996 青鹿57 1. 09. 3 58 ===--------117 494 抹消

グリーンプラネット

1995 鹿毛55 1. 09. 4 55 ====-------39 212 抹消
トウショウリープ

1997 鹿毛57 1. 09. 8 53 ===--------6 249 抹消
ダンツキャスト

1997 黒鹿57 1. 10. 1 50 =----------92 641 抹消
(外) ゲイリーフラッシュ

1993 鹿毛57 1. 10. 1 50 ===--------82 741 抹消

フサイチオーレ

1998 黒鹿56 1. 10. 1 49 ====-------26 210 抹消

カルストンライトオ

1998 黒鹿56 1. 10. 2 48 =----------382 1055 抹消
10 (外) エイシンコジーン

1997 芦毛57 1. 10. 4 47 ===--------16 237 抹消
11
ケイワンバイキング

1993 鹿毛58 1. 10. 5 46 ===--------195 526 抹消
12
ミスタードン

1997 栗毛57 1. 10. 6 44 ====-------0 188 抹消
13 (地) レタセモア

1998 鹿毛56 1. 10. 6 44 ===--------3 90 抹消
14 (外) テネシーガール

1997 栗毛55 1. 10. 7 42 ==---------177 521 抹消
15
プリンスヤンクス

1997 鹿毛57 1. 11. 1 39 =----------4 150 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
CBC賞 [ ☆レース回顧 ]
 7番人気のリキアイタイカンが直線外からの追い込みで、 1番人気ジョンカラノテガミを捕らえて快勝。重賞初勝利を決めた。
CBC賞 [ ☆レース回顧 ]
|| パジ千 01/12/17 (月)15:20  
エイシンコジーンカルストンライトオテネシーガールら前に行きたい馬が多く、予想通りHペースになり、差し・追いこみ馬に有利な展開となった。逃げ馬は直線揃って失速し、大外からリキアイタイカンが直線鋭く追いこんで優勝。最近は着順こそ悪かったが、タイム的にはそれほど負けてなかった。強豪にもまれてきて力をつけた感じだ。今夏の北海道でも活躍したように平坦コースの方が向くタイプか。なお、鞍上の山田泰誠騎手は7年ぶりの重賞制覇となった。1番人気のジョンカラノテガミが2着。勝ちパターンだったがリキアイに出し抜かれ借敗した。
CBC賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 尾形 01/12/17 (月)15:29  
 「開幕後半の中京1200は外差しが有利」という格言どおりの結果になったと言えよう。勝ったリキアイタイカンはこれまでの勝ちパターンだった先行策から一転した外差しで豪快に差しきり勝ち。山田泰誠騎手は7年ぶりの重賞制覇となったが、それに花を添える見事な騎乗だったと思う。ジョンカラノテガミは4角で手応え十分に進出し差しきりを狙ったが、最後の最後で差されてしまった。テイエムサンデーグリーンプラネットも同様の騎乗で上位進出だったが、馬場・展開を考えれば少々過小評価気味だったようにも思われた。
 逆に逃げ・先行勢は総崩れ。先行争い激化の上に荒れた内を通らざるを得ないとあっては納得の結果だった。トウショウリープがその中では最先着(5着)となったが、他の先行馬に比べて外よりを走れたのが大きかったと思える。フサイチオーレは相変わらず成績が安定しない。ムラ馬なのか?。
CBC賞 [ ☆レース回顧 ]
|| TAKEZO 01/12/17 (月)17:21  
◎1着リキアイタイカン:まず展開がぴったりハマった。春にはアーリントンCでダンツフレームの3着で走っており夏の函館では千ニの適性を示していた。スワンS6着の内容もよくこれだけ走って当然。
〇2着:ジョンカラノテガミ:この馬も展開がぴったり。リキアイには出し抜けをくらった感じで惜しい内容。
3着:テイエムサンデー:前走に続き展開がハマり好走。現時点では重賞で勝ち負けまでは厳しい。
4着:グリーンプラネット:展開が向いたがこの馬にとってこの距離は1ハロン短い。
△5着:トウショウリープ:前に行った馬で唯一掲示板を確保。今後の活躍が期待できる馬。

9着カルストンライトオ、10着エイシンコジーン、14着テネシーガールに関しては展開が厳しすぎ。1.2着との実力差はないので展開次第で立場が逆転するだろう。8着のフサイチオーレだが千ニはここ2戦の走りをみる限り短い。
CBC賞 [ ☆レース回顧 ]
|| ヨッシー 01/12/17 (月)19:08  
中京後半の6F戦は外枠の差し馬が有利という典型的なレース内容。馬場コンディションが結果を大きく左右した。前半3F33.4はオープンとしては平均的な流れだが、内が荒れていたのが先行馬にとっては痛かった。
実力負けではないため、これでそれぞれ人気が落ちるようなら次走は狙い目。ただエイシンコジーンは馬体が絞れていることが次走好走の条件になる。
リキアイタイカンは夏の函館で3歳馬ながら3連勝した実力馬。差し切ってしまっても不思議ではない。パドックではこれまでのように入れ込んでおらず落ち着いていたのも好材料だったか。
ジョンカラノテガミは4角で外から捲って直線では一旦先頭。人気を背負っているだけに、これで差し切られては仕方が無い。能力は出し切った。
最後方から3着に突っ込んだテイエムサンデーだが、前走はフロックではなかったようだ。ただし展開と馬場が向いたのは確かで、もう少し見極める必要がある。
グリーンプラネットも同じクチ。ただし千二は短い。フサイチオーレもやはりこの距離は短いか。ただし左回りが無くのは確かだけに、次走府中の千四戦あたりを使ってきたら迷わず狙ってみたい。

[0.05]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: