JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2002/ 2/10 きさらぎ賞 京都 芝1800 G3 3歳混  4200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

メジロマイヤー

1999 栗毛55 1. 47. 6 49 =====------140 357 抹消
(外) アグネスソニック

1999 鹿毛56 1. 47. 6 50 ====-------203 241 抹消
カゼニフカレテ

1999 鹿毛55 1. 47. 9 48 --=====----82 317 抹消

オースミエルスト

1999 黒鹿55 1. 47. 9 48 ====-------46 135 抹消
マイネルアンブル

1999 栗毛55 1. 48. 0 47 ---=======-63 91 抹消
(外) フィールドラッキー

1999 鹿毛 55 1. 48. 3 45 ---==------8 52 抹消
メジロアービン

1999 鹿毛55 1. 48. 4 45 ---========4 126 抹消
メガスターダム

1999 黒鹿56 1. 48. 4 45 ---=======-169 242 抹消
(外) セイウンマグマラシ

1999 栗毛 55 1. 48. 5 44 ====-------4 29 抹消
10
テイエムマズルカ

1999 鹿毛55 1. 49. 0 42 ====-------6 44 抹消
11 (外) メンタルシャウト

1999 鹿毛 55 1. 49. 7 38 -===-------0 70 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
きさらぎ賞 [ ☆レース回顧 ]
|| ぽくて 02/02/10 (日)17:31  
クラシック戦線を占うという意味でも重要な一戦とも言えるきさらぎ賞は、1番人気メガスターダムの大転けでレース開始。隣の枠でぶつけられたメジロマイヤーが先手を取れず、メンタルシャウトがハナに立つ。メジロマイヤー2番手。オースミエルスト、アグネスソニック3番手。メガスターダムは何とか立て直し中団に。カゼニフカレテは最後方。3コーナーから4コーナーへ。前半の1000mを59.8秒で通過。やや早いが平均ペースか。各馬一団となって4コーナーから直線へ。メジロマイヤーが一早く抜け出す。アグネスソニックオースミエルストがそれに続く。メジロマイヤー粘る。アグネスソニック差を詰める。しかし、メジロマイヤー粘って優勝ゴールイン。勝ちタイムは、1.47.6。上がり4F47.8、3F35.6。クビ差の2着にアグネスソニック。2馬身差で後方待機から大外一気に回って来たカゼニフカレテ3着。
と、こんな感じだったと思います。
メジロマイヤーサクラバクシンオー産駒で距離が持つかということでの(?)6番人気でしたが、見事な粘り勝ちでした。しかしスタート直後、メガスターダムの躓きの影響を受けていたにも関わらず、道中きちんと折り合って直線でも迫るアグネスソニックを押さえたのには勝負強さを感じました。これでマチカネアカツキと共に連対率100パーセントをキープです。これ以上距離的に伸びてどうかと思いますが、クラシック戦線では、サンヴァレー、今日は不運にも躓いてしまったメガスターダムマチカネアカツキらと共にペースメーカーとなってくれる事でしょう。次走の動向にも注目です。
アグネスソニックは、距離的にやはり少し厳しかったかもしれませんね。今回は結構折り合っていましたし、クラシック戦線ではちょっと難しいでしょうか?しかし、外国産馬がことごとく短距離路線へ駒を進めているようなので、ぜひともクラシック戦線には出て来て欲しい1頭ですね。カゼニフカレテは、やはり末脚勝負ですね。ハイペースなら展開次第で今後も浮上可能だと思います。オースミエルストも、距離的にやはりつらいものがあったような気がします。そしてメガスターダムは、今回は仕方ありません。怪我とかしていないといいですね。しかしまだ脱落はしていないでしょう。このまま皐月賞に直行するならちょっと無理でしょうが、TRでの結果次第でしょう。
以上、私なりの回顧でした。

[0.05]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: