JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2002/ 5/ 4 NHKマイルC 東京 芝1600 G1 3歳混  9200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


テレグノシス

1999 鹿毛57 1. 33. 1 65 -===-------414 1208 抹消
(外) アグネスソニック

1999 鹿毛57 1. 33. 4 63 ====-------203 397 抹消

タニノギムレット

1999 鹿毛57 1. 33. 5 62 --=====----331 288 抹消
(外) メジャーカフェ

1999 栗毛57 1. 33. 7 61 ===--------30 385 抹消
カノヤバトルクロス

1999 芦毛57 1. 33. 9 60 ===--------20 117 抹消
(外) サードニックス

1999 鹿毛57 1. 34. 0 59 -===-------43 187 抹消
(外) カフェボストニアン

1999 鹿毛57 1. 34. 1 59 ===--------148 211 抹消
(外) シベリアンメドウ

1999 栗毛57 1. 34. 1 59 ===--------60 339 抹消

オースミエルスト

1999 黒鹿57 1. 34. 1 59 ====-------46 216 抹消
10 (外) キーンランドスワン

1999 栗毛57 1. 34. 2 58 =----------250 308 抹消
11
キネティクス

1999 栗毛57 1. 34. 8 54 -==--------98 611 抹消
12 メジロマイヤー

1999 栗毛57 1. 34. 8 54 =====------140 330 抹消
13 (外) ゲイリーファントム

1999 栗毛57 1. 35. 0 53 ===--------19 162 抹消
14 (外) タイキリオン

1999 黒鹿57 1. 35. 2 52 ===========54 140 抹消
15 マヤノサリーダ

1999 栗毛57 1. 35. 2 52 ====-------0 29 抹消
16 (外) スターエルドラード

1999 青鹿57 1. 35. 2 52 =====------97 336 抹消
17
スペシャルストック

1999 鹿毛57 1. 36. 4 45 ====-------0 76 抹消
18 (外) エンドレスデザート

1999 黒鹿57 1. 36. 8 42 ==---------34 78 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
NHKマイルC [ ☆レース回顧 ]
|| 02/05/04 (土)16:15  
遺恨を残す結果だったが、テレグノシスの最後の末脚は見事。超ハイペースだったので、スタート後にさっと後ろに下げたのが勝因。トニービンはこれで府中GT9勝目。やっぱり適性は凄い。勝浦騎手も見事。あの件はタイキリオンの内寄りが無ければ不利も無かったであろうし。
アグネスソニックもかなり入れ込んでいて、その上最初最後方で「なにするねん!」と思いましたが、これも横山騎手のペースを読んで(?)の策か。先行する馬のイメージがあったが、渋太い末脚を見せました。府中は合うのでしょうね。
タニノギムレットは不運はあったが最後はテレグノシスと脚が同じになった。ただ、一回ブレーキがかかってのことで地力は発揮した形。ダービーも引き続き期待。
NHKマイルC [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 02/05/04 (土)16:38  
アグネスソニックが出遅れて、ちょっと波乱気味のスタート。
逃げ宣言をしたスペシャルストックが予想通り飛び出して、それをゲイリーファントムメジロマイヤーが突っついていく。いくら馬場がいいといっても、1000m通過が57秒3では明らかなHペース。
人気のタニノギムレットは後ろから6、7頭目に控え、タイキリオンはその前。テレグノシスメジャーカフェはギムレットをマークする形に。アグネスソニックは4角でもまだ後ろから2、3頭目。
直線に入って、先行馬は皆失速。それでもカフェボストニアンが抜け出そうとするが、スタミナ不足か失速。直線半ばはゴチャゴチャした感じになったが、そこからメジャーカフェ、そしてテレグノシスが抜け出してくる。大外からはアグネスソニックタニノギムレットは前が詰まって伸びきれない。
残り1ハロンを過ぎて、完全に抜け出しのはテレグノシス。外からアグネスソニックは届かない。素晴らしい爆発力でタニノギムレットメジャーカフェを交わすが、そこまで。初めて外国産馬以外が、NHKマイルCを制した。

テレグノシスは完勝だった。とはいえ、勝浦騎手の直線でのあの乗り方は決してほめられたものではない。私も「相当ヤバい」と思った。高松さんもNHKで、「あそこまでしなくても勝てたのに。」とおっしゃていた。まあ強いことには変わりない。
アグネスソニックは出遅れが結果的に吉と出た。本当に終いは確実に伸びてくる。
タニノギムレットは馬群に突っ込んでいったことが裏目に出た。本当にツキのない馬である。まあ逆にいえば直線半ばまで競馬をしてないので、それほど疲れはたまらないかも。それでもダービーは苦しいか。
強調したいのは6着のサードニックス。直線で終始不利を受けた一番かわいそうな馬。レースセンスの良さが光るだけに、今回は残念だった。次走に期待。
タイキリオンは直線入り口ですでに手応えがなかった。NZTで疲弊してしまったか。結局上位馬はすべて別路線組。NZT組はすでにお釣りがなかったのだろうか。来たのはメジャーカフェ位だった。
NHKマイルC [ ☆レース回顧 ]
|| ミル 02/05/04 (土)16:53  
テレグノシス
道中は中団より後方、タニノギムレットとほぼ同じ位置を内ぴったり追走。直線馬群の開いた外に持ち出し、力強く抜け出す。審議の対象にはなったものの、スターエルドラードの自業自得的な面が大きく問題はないと思う。それよりもラスト11秒8を高く評価したい。

アグネスソニック
やや出負けした部分もあった様だが、横山典騎手も前に行こうという意思はあまりなく、末脚に賭けるつもりだった様に思われる。4コーナーでは外に出さず、直線を向いてから外に持ち出したそつのない騎乗。最後は力の差と見る。

タニノギムレット
ややハイペースにとまどったか、スタート後武騎手がかなり仕掛ける場面も見られた。インが開くのに賭けたと言うより、外に持ち出すだけの余裕がなかった様にも思えるが…。大きな不利は受けたが、それがなければテレグノシスを負かせたかとなると、微妙だが届いていないと思う。

カノヤバトルクロスは道中2着馬の前、後方から直線に賭けた事が功を奏した競馬。健闘と言える。

順序が逆になったが、4着に来たメジャーカフェを含めたトライアル組について。
いくら高速馬場とは言え、この時期にあのタイムで走った反動は少なからずあったと思われる。今後に注目したいと思う。
NHKマイルC [ ☆レース回顧 ]
|| ゼネラリスト 02/05/04 (土)18:20  
優勝したテレグノシスは前々走うぐいす賞(芝1600)を勝ち、前走のスプリングS(芝1800)2着。一方2着のアグネスソニックは前々走きさらぎ賞(芝1800)2着と、1600m以上のレースで勝ちまたは重賞で連対した馬が本番でも連対した結果となりました。
また、皐月賞からNHKマイルに出走したタニノギムレットメジロマイヤーなど、中2週以下で来た馬(2000年以降)はローテーション的にも厳しいことから、いくら実力があっても無理な話です。
NHKマイルC [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 02/05/04 (土)18:56  
TVKで柏木集保氏が言っていたが、とても象徴的であり暗示的な競馬であったと思う。
勝ったテレグノシス、2着のアグネスソニック、3着のタニノギムレットはスプリングSの1〜3着馬。当時2着だったテレグノシスは、反動で皐月賞が使えなかった。3着だったアグネスソニックは一息入れてマイルCを目標にしてきた。勝ったタニノギムレットはその後皐月賞に出走しヨレながら3着。あのよれ方は疲労からきていたのだろう。今回中2週でマイルCを使ったが、1番強い内容を示しながらも3着。次はまた中2週でダービーに出る。もうそろそろパンクしてもおかしくない。タニノギムレットの暗い未来を暗示する結果になった。
もう一つ、今年の中山が以上に時計が速かったことが若い3歳馬に予想以上の負担をかけていることも浮き彫りになった。NZTで強い内容を示したタイキリオンもまったくいいところなし。あの怪時計のために全精力を使ったしまった公算は大。これはダービーにもつながる。今年の3歳戦線はハイレベルであることは間違いない。ようは体力の削りあい。一番活力が残っている馬が勝つ。皐月賞から直行する組は問題ないだろう。あとはここに来るまでにいかに楽な競馬をしてきたかが大きなカギを握る。タニノギムレットのように苦しい競馬を何度もしてきた馬は苦しいかもしれない。少なくともマイルCを使ったメリットは、皆無。
NHKマイルC [ ☆レース回顧 ]
|| マコト 02/05/04 (土)21:47  
レースはハイペース。そして内がいいので当然ゴチャつく。そんななか勝ったテレグノシス(内ラチ沿い)、3着タニノギムレットは中団、2着アグネスソニックシンガリ追走(内ラチ沿い)。で、直線やはりゴチャつき、タニノギムレットは外にも出せず(内も開かず)不利を受けた。だが勝ったテレグノシスは外に出し、スルスルと抜け出して圧勝した。やはり父トニービンの府中での強さか。アグネスソニックはシンガリから追い込んできた。外を通ったのも良かった。タニノギムレットだが3着が精一杯。不利を受けたのは確かではあるが、あの不利があっても果たして勝っていただろうか?結果論だが1着馬テレグノシスはスプリングS後、無理をしないで皐月賞を見送り、一時は春全休とまで言われた。でも、立て直し、ここを目標に仕上げてきた。これが見事実った。厩舎スタッフの力そして立ち直った馬には驚いた。アグネスソニックも皐月賞は距離が長いとしてここだけを目標にした。結果2着だがその判断は立派だ。一方タニノギムレットは皐月賞を勝ったならここは使わなかったはず。しかしここを使ったのは大誤算だった。タニノには▲をつけたから言わせてもらう。マイルは合っていると言われたが直線ゴチャつく競馬ではダメだ。それにこの馬は1月のシンザン記念から使いすぎで上がり目も当然のように無い。酷使されてしまっている。去年のクロフネとは使い方がまるで違っている。そして恐いのが反動だ。これは陣営が勝ちにこだわり過ぎているのか。でも、そんな風に使ったって馬は走っちゃくれない。ここを目標にしてきた馬にやられた。タニノギムレットはなにを学べたのか。この後2週後にダービーを控えているタニノギムレットだが使いすぎで上がり目は見られない。ダービー一本に絞っていればまだ良かったかもしれない。たとえダービーを勝ったとしても馬にとって獲られるのは苦しみだけだ。そしてテレグノシスのレース振り、使い方が素晴らしかった。
NHKマイルC [ ☆レース回顧 ]
|| 白幸緋牡丹 02/05/04 (土)23:40  
テレグノシス:運が良かった、と言うと怒られそうだが。ここに至るまでの立て直しの成功もそうだが、審議対象になりながら馬群から上手く抜け出すあたり厳しいと思われた最内枠を逆に味方につけた。GTを取る時はやはり全てが上手くいくものであるが、それもこの馬自身の地力があってこそ。これからも期待、と言うより注目。

アグネスソニック:出遅れたが開き直って直線勝負。ハイペースに乗じて外から一気の脚を使うが、さすがに最後は勝ち馬と同じ脚色に。2歳時もそうだが、出遅れた時にこの馬の強さが光ってくるのはなんとも皮肉。勝ち鞍が無いように、気性的に東京のマイルはやや長いと思う。

タニノギムレット:馬群を突いたのが完全に裏目。不利が無ければ勝ち馬とはもっと接近していたのは当然。或いは外に出していたら、と思わせる内容。しかしながらスプリングSの結果と合わせれば、勝ち馬との実力差は元々大して無く、今回もやや過剰人気だった。重賞3連勝はこの馬に恵まれた部分が多かっただけで、そこまで抜けた存在ではない。

レース全体としては、ハイペースにもかかわらず期待されたレースレコード更新どころか昨年のタイムにも0.1秒だが足りなかったのは、昨年より時計が出てるくらいの馬場だけに、ちょっと期待外れ。
NHKマイルC [ ☆レース回顧 ]
|| アシシ 02/05/05 (日)01:39  
テレビ東京で放映されたレース回顧VTR、タニノギムレット注目VTRの2つを
参考にして、「審議」について回顧します。

ほんの1〜2秒の間に2回の不利が起きたように見えました。

事の発端(1回目の不利)はスターエルドラードの右へのヨレと見えました。
先に仕掛けたカフェボストニアンにかぶされた格好になった
スターエルドラード@和田Jはカフェボストニアンの右手に
進路を取ろうと手綱を思いっきり右に振ったところ、
スターエルドラードは極度に右にヨレました。

そのあおりをタニノギムレットサードニックスがもろに受け、
武J、石崎J共に手綱を引いているのが見て取れます。

このヨレは次に起きるテレグノシスの右切れ込みの影響ではなく、
勝手によれたものです。

その直後に2回目の不利が起きます。

そのヨレが後ろを妨害したことを察知した和田Jは右後方を
振り返り、左へ立て直すアクションをした、ほんの1秒くらいの間に、
テレグノシス@勝浦Jが斜行気味にスターエルドラードの前に
切れ込んできます。それで今度は和田Jが手綱を引いています。
このせいで、また武Jが手綱を引いています。

この1〜2秒の間にスターエルドラード@和田Jは
右(ヨレ)→左(立て直し)→右(不利回避)という
かなり有り得ない動きをしています。

整理すると以下の通りです。

1回目の不利

加害者:スターエルドラード@和田J
被害者:タニノギムレット@武J
被害者:サードニックス@石崎J

2回目の不利

加害者:テレグノシス@勝浦J
被害者:スターエルドラード@和田J
被害者:タニノギムレット@武J

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: