JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2002/ 5/26 日本ダービー 東京 芝2400 G1 3歳   15000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


タニノギムレット

1999 鹿毛57 2. 26. 2 59 --=====----331 237 抹消
(外) シンボリクリスエス

1999 黒鹿57 2. 26. 4 58 ----====---931 1117 抹消

マチカネアカツキ

1999 黒鹿57 2. 26. 4 58 =======----113 190 抹消
メガスターダム

1999 黒鹿57 2. 26. 4 58 ---=======-169 269 抹消

ゴールドアリュール

1999 栗毛57 2. 26. 5 57 ---====----185 152 抹消

アドマイヤドン

1999 鹿毛57 2. 26. 7 56 --====-----390 389 抹消
バランスオブゲーム

1999 鹿毛57 2. 26. 9 55 --====-----604 384 抹消

ノーリーズン

1999 鹿毛57 2. 26. 9 55 ----======-135 260 抹消
(地) ヤマノブリザード

1999 青鹿57 2. 27. 0 55 --=====----158 244 抹消
10
タイガーカフェ

1999 黒鹿57 2. 27. 2 54 ---===-----143 264 抹消
11
テレグノシス

1999 鹿毛57 2. 27. 2 54 -===-------414 30 抹消
12 バンブーユベントス

1999 栗毛57 2. 27. 5 52 ---=======-103 189 抹消
13 ダイタクフラッグ

1999 鹿毛57 2. 27. 7 51 ---==------32 65 抹消
14
モノポライザー

1999 鹿毛57 2. 27. 8 51 -====------58 56 抹消
15 ファストタテヤマ

1999 鹿毛57 2. 27. 8 51 ----=======403 692 抹消
16
チアズシュタルク

1999 鹿毛57 2. 28. 2 49 --====-----110 80 抹消
17
サスガ

1999 黒鹿57 2. 28. 6 47 ---===-----25 61 抹消
18 サンヴァレー

1999 青鹿57 2. 29. 7 41 ===========55 44 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
日本ダービー [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 02/05/26 (日)19:00  
タニノギムレットのこの勝利は、松田調教師の忍耐の勝利といえるだろう。周りのバッシングに耐え自分流を貫いた松田調教師の姿勢は賞賛に値すると思う。その期待に応えたタニノギムレットと武豊も素晴らしい。ここ2戦の不完全燃焼のレースを糧にして本番で巻き返したあたり、やはり役者が違う。しっかり休養して、秋の大一番に備えてほしい。この馬はジャングルやマンハッタンと互角に渡り合える。
シンボリクリスエス・マチカネアカツキの藤沢勢2騎も力は出し切ったでしょう。シンボリはまだ気性面で上昇の余地を残していて秋以降も期待できる。
負けた馬たちの中での注目は、5着ゴールドアリュール・6着アドマイヤドン・8着ノーリーズン。
ゴールドアリュールはダートからいきなりのGT転戦ながら見せ場たっぷりの5着。まだゆるい感じで実が入ってくれば秋は相当期待できる馬。
アドマイヤドンは藤田騎手の言葉通り、トラブル続きで決して順調には戦ってこれなかった。それでも、ダービーではいい伸びを見せた。しっかり休養して秋には100%のドンを見たい。まだ捨てきれない。
ノーリーズンはキャリアの浅さがもろに出た。もっとキャリアを積んでくれば、きっと来年にはチャンピオン級だ。
そりにしても今年のダービーの盛り上がりは凄かった。この盛り上がりがある限り、日本の競馬は不滅だ。
日本ダービー [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 02/05/26 (日)19:23  
大方の予想通り、サンヴァレーがハナに立った。ペースは、1000m通過が61秒7・マイル通過が1分38秒4とややスローか。2番手にはバランスオブゲームがつけ、ゴールドアリュールは3番手。その後ろ、内ピッタリにマチカネアカツキがつけた。人気3頭の隊列は、シンボリクリスエスノーリーズンタニノギムレットの順。最後方のサスガまでは15馬身程といったところか。直線でノーリーズンは内へ、シンボリは真ん中へ、ギムレットは1番外へ持ち出していく。
直線に入ってまず抜け出したのはゴールドアリュール。坂で一杯になったバランスオブゲームを競り落として先頭に立つ。しかし最内からマチカネアカツキが強襲。さらに残り400mまで脚を溜めたシンボリクリスエスが脚を伸ばす。ノーリーズンは伸び切れない。これで決まりか、と思われたところで、ついに来たのがタニノギムレット。1頭違う脚で大外を突き抜けていった。さらにはメガスターダムも伸びてきてゴールドアリュールを捕らえた。
最後は1馬身の差をつけてタニノギムレットが勝利。2着はアタマ差でシンボリクリスエスマチカネアカツキを押さえた。2番人気のノーリーズンは8着に終わった。
日本ダービー [ ☆レース回顧 ]
|| マーチ 02/05/26 (日)20:39  
3度目の正直を果たすと見て自信を持って本命を打ったタニノギムレット、見事な勝利でした。本当におめでとう!
武豊JKも直線では迷うことなく大外へ持ち出すなど、今日は馬の力を信じた騎乗をしました。コースロスも関係なく他馬をまとめてねじ伏せた内容は、まさに実力ナンバーワンにふさわしいものでした。
それにしても過酷なローテーションに耐え抜いたタフなタニノギムレット、自己の信念を貫き通し素晴らしい結果を出した松田国師の姿勢には本当に脱帽ですね。
2着のシンボリクリスエスもほぼ完璧な競馬。ただ道中掛かってしまったのとレース経験の差が最後に出た印象です。
マチカネアカツキはインをうまく突いたデザーモの好騎乗。馬も叩いて良くなっていました。ただインは荒れてきており、本来は外へ持ち出したかったことでしょう。
メガスターダムはこの距離も全く問題ないですね。ただ瞬発力の差が出たか。あと前半がスローだった点も2〜4着馬には向いたように思います。
ゴールドアリュールは予想以上の善戦。ここまで走るとは全く思いませんでした。芝・ダートを問わないタイプでもあり、今後が非常に楽しみです。
アドマイヤドンも体調不十分でこれだけ走れば上々でしょう。放牧で鋭気が戻れば秋には巻き返せる。ノーリーズンは鞍上との息も合っていない様で、流れに乗れず。キャリアの浅さも出たと思います。ただこれで終わる馬ではないはず。
モノポライザーは現状ではこの程度ということ。馬体の成長がほしいですね。

私的には本命=対抗でビシッと当てることが出来たので、非常に満足できたダービーでした。
日本ダービー [ ☆レース回顧 ]
|| anty 02/05/26 (日)20:42  
サンヴァレーは予想通りの逃げ。
シンボリクリスエスは道中岡部が頑張って抑え、かなり仕掛けを遅らせたのに、ギムレットの脚には及ばなかった。ギムレットの脚・武3勝目・・・脱帽。
メガスターダムは2400も走れるんだね。母系の力だろうね。
モノポライザーの姉エアグルーヴも、牡馬一級戦との勝負は古馬になってから。これからの成長に期待。

クリスエスの複勝に結構賭けてたので、馬券的には十分でした。
ただ、スターダムが入ればもっとよかたけどね
日本ダービー [ ☆レース回顧 ]
|| 予想人 02/05/26 (日)22:15  
内外のレース運びの差がモロに出た展開だった。タニノギムレットは4コーナーで抜群の位置取りで外からの強襲!シンボリクリスエスは現状ではこれが限界。ただ距離は伸びた方がよさそうなので菊花賞では花開くか?早めに動いたマチカネアカツキもさすがデザーモといった感じ。全力を出し切った。ノーリーズンは明らかに蛯名のミス。あの荒れた馬場で内をすくい、そして勝負どころで動かなかった。直線延びてはいるのだが仕掛けが遅れてあの馬場外へ持ち出せば2着はあった。
日本ダービー [ ☆レース回顧 ]
|| HData 02/05/27 (月)10:38  
1着から順番に。
タニノギムレットノーリーズンを内に閉じ込める絶好のポジション。4角外から伸びる。
シンボリクリスエス:ヨーイドンの競馬は合わないが初の強豪相手によくがんばっている。
マチカネアカツキ:4角から内を掬い騎乗は満点。馬もよかったが最後に止まったのは馬場か距離が原因。
メガスターダム:3角でかかる。抑えたら4角で下がる。距離は問題ないがスローペースの競馬のほうがあっている。
ゴールドアリュール:一旦先頭。馬体もいいし粘りこみの競馬があっている。
アドマイヤドン:状態面イマイチもこれが実力か。後方からよく伸びている。
バランスオブゲーム:距離か。終始力んで走っている感じ。
ノーリーズン:後方過ぎたか。もたれてもいるが耳ピクピクでレースに集中してない。
ヤマノブリザード:伸びず。今年になってから昨冬の覇気が感じられない。
タイガーカフェ:全く伸びず。不可解。
テレグノシス:4角の手ごたえなら来るはずが来ない。距離長すぎ。
バンブーユベントス:積極策実らず。後方のほうがよかったか。終始イレ気味。
ダイタクフラッグ:自分のペースでいけなかった。包まれるのも前走より早かった。
モノポライザー:馬体成長ナシ。こんなものか。
ファストタテヤマ:出遅れ。非力っぽいというかGTではパンチ不足。
チアズシュタルク:引っかかるなどよいとこなし。精神面成長なし。どころか悪くなっている。
サスガ:4角で突き飛ばされる。少頭数でないと・・
サンヴァレー:マークがきつかった。

[0.10]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: