JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2002/ 9/ 1 新潟2歳S 新潟 芝1600 G3 2歳混  3200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

ワナ

2000 黒鹿54 1. 33. 8 51 -==--------37 96 抹消
ヨシサイバーダイン

2000 栗毛54 1. 33. 8 51 -======----25 117 抹消

マルロス

2000 鹿毛54 1. 34. 2 49 -===-------24 64 抹消

タイムウィルテル

2000 鹿毛54 1. 34. 4 48 --===------47 116 抹消
トーセンオリオン

2000 鹿毛54 1. 34. 5 47 ===--------77 155 抹消

ユーワテンザン

2000 鹿毛54 1. 34. 8 46 ===--------0 51 抹消

ミエッパリ

2000 黒鹿54 1. 34. 9 45 ===--------0 28 抹消

ホーマンアピール

2000 鹿毛54 1. 35. 0 44 ===--------45 240 抹消

マイネラベンダー

2000 鹿毛54 1. 35. 2 43 ===--------0 88 抹消
10
ショートローブス

2000 黒鹿54 1. 35. 3 43 ---=====---13 77 抹消
11
マイネルリープスト

2000 栗毛54 1. 35. 3 43 ===--------0 6 抹消
12
マコトスズラン

2000 黒鹿54 1. 35. 8 40 =====------4 36 抹消
13
マイネヴィーナス

2000 鹿毛54 1. 36. 0 39 =====------0 61 抹消
14 トーセンリリー

2000 鹿毛54 1. 36. 0 39 =====------16 92 抹消
15
トラストセレビー

2000 鹿毛54 1. 36. 1 38 ===--------20 189 抹消
16 リリーキャスケード

2000 鹿毛54 1. 36. 9 34 ===--------5 50 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
新潟2歳S [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 02/09/01 (日)17:25  
やはり阪神デビュー組が強いという図式は変わらず。勝ったのはワナ
前半800mが47秒1で後半800mが46秒7という典型的な平均ペースでどの馬にも力が出しやすいと同時に、競走馬にとっての基本距離と言われるマイル戦ということで個体の能力や素質、底力を計ることができたのではないかと思う。
勝ったワナはスタートで躓き、直線も首を横に向けてフラフラしながらの差し切り勝ちは光る。いったんヨシサイバーダインに交わされてもう一度伸びたあたり、底力も◎。フジキセキ産駒だけに距離延長は疑問だがマイルぐらいがベストだろうか。気性面で成長の余地を残してるだけに暮れ、そして来春も楽しみな馬が出てきた。
2着のヨシサイバーダインは初戦がタイムウィルテルの4着、ブリンカーを付けた2戦目がトラストセレビーの3着、3戦目のマイル戦を5馬身ちぎって今日2着。使われながら良化してきたと見る。この馬は目立たないが底力は秘めている。渋いタイプに育ちそう。
期待されたマルロスは自分の時計分は走っていると思われ今日のところは力負けか。通ったコースの差もあるかもしれない。
期待したタイムウィルテルは追走に手一杯という感じでもっと距離があるほうが断然いい馬だろう。まだ見限れない。
トラストセレビーは直線で蛯名騎手が追うのを止めてた。不利を被ったのかどうなのか・・・。
新潟2歳S [ ☆レース回顧 ]
|| プロヴィックス 02/09/03 (火)11:11  
平成になってから2度目となる距離延長で、今年より千六となった新潟2歳S。前回の変更は意義深かった。特筆されるのは勝ち馬のその後の成績。このレース限定といった馬は皆無で、少なくとも来春まではそれなりの活躍をしています。この点で同じ2歳重賞でも、同週に行われている小倉のレースとは一線を引いています。さて、今回の変更は如何にといったところですが、レース内容を見ると期待させるものでありました。

≪レベル≫
古馬比較:500万下より高くほぼ1000万下
これは、この時期の2歳マイル戦としては出色。暮れに行われる2歳チャンピオン決定戦の平均レベルと同等。牡牝両レースとも1000万下を超えるレースは10年に一度。平均では0.5秒は落ちるのだから期待大。ひとつだけ疑問符をつければ、負荷の少ないレースほど古馬比較がよくなる点。回を重ねることで目安が付くようになると思いますが、今のところは期待を先行させておきます。時計の速さ自体は新潟コース特有のものなので、過大評価しない方がよい。

ワナ
細かい血統的見解はピンと来ないタイプなので、父フジキセキだから如何と固定しては考えませんが、走法や体型よりマイルはベストに近いでしょう。脚質も同じく差した方がよいと思う。距離に関しては父フジキセキらしいと言えますが、脚質に関しては珍しいのではないでしょうか。これを理由に、今一歩足りないと言われるところを克服する可能性がある馬と捉えています。能力も現時点では文句なし。

ヨシサイバーダイン
前走の内容からすると大きな飛躍。距離経験が活きたという説もありますが、それは如何なのでしょうね。理由はともかく、内容は文句なし。

マルロス
相手が強かったことが最大の敗因。前走示した能力は現時点では本命に相応しいもの(古馬500万下より速い)でしたが、今回も自身同等の内容でしたので内枠が敗因とは言い切れないと思います。

ホーマンアピール
結果から見るとレース選択の失敗。前走の内容が小倉組としてはイサミペガサスと共に、他馬に1秒差をつけるものだっただけに惜しまれます。レースも中途半端なもので思い切りの良い田中剛騎手らしくない騎乗でした。ためたレースをしても持ち味は出ないと思われます。

今年出走した馬の成績次第で、更にスケールの大きいレースになる可能性を秘めていると思います。

[0.05]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: