JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2002/10/13 府中牝馬S 中山 芝1800 G3 3上混牝 4200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ダイヤモンドビコー

1998 鹿毛55 1. 46. 0 60 --====-----293 507 抹消

ジェミードレス

1997 黒鹿55 1. 46. 2 59 ====-------114 480 抹消

レディパステル

1998 鹿毛55 1. 46. 4 58 ---=====---376 462 抹消
ミツワトップレディ

1997 鹿毛55 1. 46. 5 58 --==-------71 308 抹消
ハッピーマキシマム

1997 栗毛55 1. 46. 5 58 ====-------20 185 抹消

ローズバド

1998 青毛56 1. 46. 5 58 --=====----308 496 抹消

シルクプリマドンナ

1997 鹿毛55 1. 46. 5 58 -======----158 176 抹消
[地] メイプルベガ

1997 鹿毛55 1. 47. 0 55 -====------0 222 抹消

フューチャサンデー

1997 青鹿55 1. 47. 2 54 --===------62 399 抹消
10 フレンドリーエース

1996 栗毛55 1. 47. 7 52 =====------37 236 抹消
11
グロリアスドータ

1995 鹿毛55 1. 48. 7 46 --====-----0 73 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
府中牝馬S [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 02/10/13 (日)17:25  
逃げるハッピーマキシマムの2番手につけた人気のダイヤモンドビコーが、直線きっちり抜け出して完勝。勝ちタイム1分46秒0。2着には中団から馬群を縫って追い込んだジェミードレス、2番人気のレディパステルは3着。

ダイヤモンドビコー・・・やはり高速馬場は得意。別定戦の分、春より差は詰まったが、1馬身半でも完勝。ただエリ女につながるかといえばどうか・・・。2200は1F長い印象。
ジェミードレス・・・さすがは中山巧者。きっちり走ってきた。休み明けでプラス6キロも、これは充実の印象。こちらの方が本番期待。
レディパステル・・・春と同じ結果。やはり中山1800は合わない。広い京都コース・距離延長で再度期待。
ローズバド・・・さすがにプラス12キロは太い印象。後藤騎手はロサードと同じ形で上がっていったが、この馬はやはり溜めないと。それに新潟外回りと中山では外を回るロスの差が違う。こちらも広い京都で期待。

しかし4着争いは凄まじかった。4〜7着が全部ハナ差とは。シルクプリマドンナ、かわいそう(笑)。
府中牝馬S [ ☆レース回顧 ]
|| 予想人 02/10/14 (月)00:12  
勝ったダイヤモンドビコーはすんなり先行して直線で先頭で逃げ切り。中山1800mはやはり強かった。期待したジェミードレスも直線で2番手まで上がるがそこまで。さすが中山巧者だろう。レディパステルは強いが今回はやはり距離だろう。次走エリザベス女王杯に出てこれば好勝負。ミツワトップレディは今回は差し馬に屈したが、強いと再認識させてくれた。次走注目はローズバドだろう。今回は叩きであり、仕掛けも早く位置取りも中途半端。典弘が乗れば本番エリザベス女王杯はダークホースな存在となる。
府中牝馬S [ ☆レース回顧 ]
|| Nブラリアンは何処へ? 02/10/14 (月)01:06  
[タイム]
勝ち時計:1:46.0
ハロンタイム:12.7-11.8-12.0-11.3-11.2-11.8-11.6-11.6-12.0
上り:4F 47.0 - 3F 35.2

[回顧]
ハッピーマキシマムが逃げ、ダイヤモンドビコーミツワトップレディシルクプリマドンナがこれに続く。ローズバドジェミードレスは中団。レディパステルはやや後方。4コーナーで、好位から前を伺うダイヤモンドビコーミツワトップレディに対し、ローズバドが外をまくり、シルクプリマドンナがこれに続く。ジェミードレスレディパステルは内を突く。ダイヤモンドビコーは直線でハッピーマキシマムを捉えると、そこから突き放す強さを見せ完勝。2・3着はインを突いたジェミードレスレディパステル。その後ろは混戦。ローズバドは伸びかけるが外々を回ったこともあり、さすがに止まった。
・フジの実況の青嶋先生、「府中牝馬ステークスin中山」って3回言ってました。お気に入りなのかな(^^)

[馬ごとの回顧]
ダイヤモンドビコー:この条件なら実力上位。前残りの馬場もよかった。ただ、好走凡走を繰り返すタイプで、あてにできない面も残っている。
ジェミードレス:中団につけたが、コーナーをうまく回って前に取り付いた。はやめに仕掛けたのがよかった。もう少し前にいたらチャンスもあっただろう。
レディパステル:距離はやや短かったが、インを使ってよく追い込んだ。最後は3着を確保したのはさすが。
ミツワトップレディ:4コーナーで先団に取り付く絶好の競馬。しかし追って伸びなかった。角田騎手は「距離が敗因」とのことだが、マイナス8キロもでもあったし、やや状態が落ちているのかもしれない。
ハッピーマキシマム:いくら前残りの馬場とはいえ、真ん中の3ハロンが11.3-11.2-11.8では最後止まっても仕方がない。早めにこられたのも誤算。ただ、よく粘ってはいる。
ローズバド:+12キロ。後藤騎手に乗り替わり。外を捲るも最後は止まった。丁度先日の毎日王冠のサンライズペガサスを彷彿とさせる負けっぷり。馬自体は休み明けにしては走っているが、不利もあったようだしロスの多い競馬だった。この血統の敗戦はそれほど気にしなくてよい。
シルクプリマドンナ:外目を捲るも直線はじわじわ伸びた。徐々に良くなってきた。4着とは差もない。どこかで穴を開けてくれるかもしれない。

[0.11]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: