JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2003/ 2/ 9 小倉大賞典 小倉 芝1800 G3 4上   4300

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

マイネルブラウ

1997 栗毛54 1. 49. 1 58 ---==------142 476 抹消

ユウワンプラテクト

1997 鹿毛54 1. 49. 3 57 ---=======-35 215 抹消
(地) ゼンノショウグン

1997 黒鹿54 1. 49. 3 57 --===------43 366 抹消

メイショウキオウ

1997 鹿毛53 1. 49. 4 56 -====------137 428 抹消

チアズシュタルク

1999 鹿毛56 1. 49. 5 57 --====-----110 198 抹消
バンブーマリアッチ

1995 鹿毛54 1. 49. 6 56 ---==------150 711 抹消
[地] グランドシンザン

1994 黒鹿54 1. 49. 6 56 ---==------129 515 抹消

ローズバド

1998 青毛55 1. 49. 6 56 --=====----308 496 抹消
カネトシディザイア

1999 青鹿51 1. 49. 8 53 =====------67 334 抹消
10
ミヤギロドリゴ

1994 栗毛52 1. 49. 8 54 ---==------115 513 抹消
11
ブリリアントロード

1995 鹿毛54 1. 49. 8 55 ---====----281 729 抹消
12 ワンモアマイライン

1998 鹿毛53 1. 50. 0 53 ---====----66 282 抹消
13
アンクルスーパー

1997 鹿毛54 1. 50. 0 54 ---====----78 333 抹消
14
イエローボイス

1999 鹿毛54 1. 50. 1 53 ----====---0 77 抹消
15
アグネスストーム

1998 鹿毛54 1. 50. 3 52 ---========4 131 抹消
16 グランパドドゥ

1997 鹿毛53 1. 50. 6 50 ---====----91 311 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
小倉大賞典 [ ☆レース回顧 ]
|| ルビートレノ 03/02/09 (日)16:24  
今年もレース前から波乱が予想されていた小倉大賞典。1番人気は最後の最後で休み明けAJC杯5着のチアズシュタルクに変わった。
先手は予想通りアグネスストームが取り、その後にマイネルブラウなどが続く。アグネスストームがHペースで飛ばして引き離して逃げるかと思われたが、
後続も案外それに付いて行き、前半5Fが59.7と、これは馬場を考えると少し早いか。早めに来られたアグネスストームは4コーナーで早くも脱落。
替わって良い手応えで2番手を追走していたマイネルブラウが先頭に立つと、直線一気にスパートをかけて後続を引きつけて、
追い込んでくるユウワンプラテクトゼンノショウグンなど押さえ、粘りに粘りきって優勝。約2年振りの勝利となった。
マイネルブラウは、屈腱炎のため約1年もの長期休養をしていたという事で、個人的には厳しいと思われたが、結構なHペースを追走しての粘り腰は素晴らしい。
以前から平坦馬場のレースでは、先行しては渋い所を見せていたが、今後も楽しませてくれそうである。
ちなみに鞍上の川島信二騎手は、デビュー2年目で嬉しい初重賞制覇となった。
2着には、後方を進んでいたユウワンプラテクトが、4コーナー付近から徐々に進出して、追いすがるゼンノショウグンをクビ差押さえて入った。
これはさすが武豊といった所か。馬の方も徐々に良化してきているのだろう。もう少し距離の長い所、特に得意の阪神などで今後も要注意か。
3着ゼンノショウグンも、好位4番手を進んで、ジワジワと伸びてこようとしてはいたが、これはキャリアの差か。
いずれにしても、個人的には屈腱炎から復帰して叩き2戦目でのマイネルブラウの快勝劇に驚いた一戦だった。

[0.06]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: