JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2003/ 3/15 中山牝馬S 中山 芝1800 G3 4上混牝 4200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


レディパステル

1998 鹿毛56 1. 46. 7 59 ---=====---376 462 抹消
テンエイウイング

1999 黒鹿50 1. 46. 8 56 ---=====---17 96 抹消

ショコット

1997 鹿毛52 1. 47. 1 55 --===------46 186 抹消
オースミコスモ

1999 黒鹿55.5 1. 47. 3 56 --====-----278 813 抹消
カネトシディザイア

1999 青鹿52 1. 47. 3 54 =====------67 334 抹消

ハッピーパス

1998 鹿毛56 1. 47. 4 55 -====------201 485 抹消

ノブレスオブリッジ

1998 栗毛53 1. 47. 4 54 ---====----69 488 抹消
フラワーチャンプ

1998 青鹿52 1. 47. 5 53 ---==------15 300 抹消
マイネヴィータ

1999 鹿毛50 1. 47. 5 53 --===------35 187 抹消
10
ニシノプロミネンス

1998 鹿毛51 1. 47. 8 52 ========---4 119 抹消
11 ブルーリッジリバー

1999 黒鹿52 1. 47. 8 52 =======----57 146 抹消
12 ダブルネーム

1999 黒鹿49 1. 47. 9 50 --==-------0 60 抹消
13
チャペルコンサート

1999 青鹿53 1. 48. 2 51 --=====----123 348 抹消
14
フューチャサンデー

1997 青鹿52 1. 48. 3 50 --===------62 399 抹消
15 (外) マルターズスパーブ

1997 芦毛53 1. 48. 4 50 --===------96 388 抹消
16
ビーポジティブ

1999 栗毛54 1. 48. 4 50 ---===-----0 116 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
中山牝馬S [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 03/03/15 (土)16:47  
レディパステルは力の違いを見せつけた。直線では1頭だけ勢いが違った。最後はテンエイウイングに詰め寄られたが、着差以上の完勝。一昨年の紫苑S以来の勝利。
テンエイウイングは距離不足と思えたが、最後は交わそうかという勢いだった。ちょっと驚き。
オースミコスモは微妙に斤量が影響した感じ。418キロという馬体も寂しく見えた。
中山牝馬S [ ☆レース回顧 ]
|| ルビートレノ 03/03/15 (土)20:35  
京都牝馬S5着で鞍上に武豊を配してきたオースミコスモが1番人気、その京都牝馬Sを中団から差し切ったハッピーパスが2番人気。

レースは、軽ハンデのダブルネームが好スタートと最内枠を生かしてハナに立つ。その後をマルターズスパーブビーポジティブと追うが、ハナは譲らない。
ハナに立ったダブルネームを、ピッタリとマルターズスパーブがマークして、前半の5Fは58.6秒とやや早い流れになった。これでは前にいる馬には苦しい。
中団前に付けていたオースミコスモが、4コーナー付近で外を回って上がっていったが、脚色今ひとつ。同じく中団にいたショコットも、最内を突くも、伸び脚イマイチ。
そこで上がってきたのは、中団やや後ろの内目を追走していたレディパステル。直線中程で真ん中を突いて、後続を一気に突き放す。
しかし、最後に伸びてきたのは、軽量のテンエイウイング。中団後方の内目を進み、直線でレディパステルと同様真ん中を突いて伸びてきた。
それでも、レディパステルが、ゴール前何とかしのぎ切り優勝。やく1年半振りの勝利となった。2着に半馬身差でテンエイウイング。3着にはショコットが入った。

勝ったレディパステルは、一応「しのぎ切り」と表現したが、着差以上に強い内容だった。元々一線級を相手に凌を削っていた馬。これ位は走って当然だろう。
今回は少々相手とハンデに恵まれた感もあったが、これから東京開催が始まれば、今後も牡馬相手にも好勝負を繰り広げてくれる事が期待出来るだろう。
2着のテンエイウイングは、軽量を見事に生かし切ったと言っても過言ではないが、それでも勝ち馬を追い詰めた脚は素晴らしい。
今まで長い所を中心に使われていたが、案外中距離でも勝負になる事が分かった。ただ、今後斤量が増えてどうなるかは、また次走以降に持ち越しだろう。
3着のショコットは、前が早いペースで追い掛けてしまっては、自慢の末脚もそこまで発揮出来なかった。中山が合っていただけにこの敗戦は痛いが、
今後もまた、どこかで内を突っ込んできてくれるだろう。
1番人気のオースミコスモは、4着。前が早いペースになってしまった上に外を回ったのが痛かったが、少々馬体も細めに映った。
やはり輸送での馬体減りという問題は、今後も付いて回りそうな課題だ。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: