JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2003/ 3/30 高松宮記念 中京 芝1200 G1 4上国  9400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ビリーヴ

1998 鹿毛55 1. 08. 1 64 ==---------344 808 抹消

サニングデール

1999 黒鹿57 1. 08. 3 64 ==---------401 1007 抹消

リキアイタイカン

1998 栗毛57 1. 08. 5 62 ===--------230 1027 抹消

テイエムサンデー

1996 青鹿57 1. 08. 5 62 ===--------117 494 抹消

ゴールデンロドリゴ

1997 鹿毛57 1. 08. 5 62 =----------149 845 抹消
(外) アグネスソニック

1999 鹿毛57 1. 08. 6 61 ====-------203 454 抹消
ショウナンカンプ

1998 鹿毛57 1. 08. 6 61 ==---------251 562 抹消
[地] ネイティヴハート

1998 鹿毛57 1. 08. 6 61 ===--------296 886 抹消

キーゴールド

1995 鹿毛57 1. 08. 6 61 ==---------96 556 抹消
10 (外) シベリアンメドウ

1999 栗毛57 1. 08. 7 61 ===--------60 432 抹消
11
ジェミードレス

1997 黒鹿55 1. 08. 8 59 ====-------114 139 抹消
12
テイエムサウスポー

1998 栗毛57 1. 08. 8 60 ===--------77 204 抹消
13 [外] ディスタービングザピース Disturbingthepeace

1998 鹿毛57 1. 08. 9 59 ==---------0 93 抹消
14 (外) カフェボストニアン

1999 鹿毛57 1. 09. 0 58 ===--------148 507 抹消
15
マンデームスメ

1999 芦毛55 1. 09. 0 57 =----------28 233 抹消
16
エアトゥーレ

1997 芦毛55 1. 09. 2 56 ===--------102 249 抹消
17 [外] エコーエディ Echo Eddie

1997 芦毛57 1. 09. 4 55 =----------0 107 抹消
18 ナムラマイカ

1997 鹿毛55 1. 09. 7 52 ==---------62 703 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
高松宮記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 03/03/30 (日)16:05  
ビリーヴはパドックで調教時と比べ馬体の張りが良くなっていた。万全、ではないがそれに近い出来。勝つ力を出せる出来だっただろうが、逃げ集団の後ろをしっかりマークしてショウナンカンプエコーエディの間をしっかりと抜け出した安藤騎手もさすがの技でG1初制覇は天晴れ。最後は詰め寄られたが、ペースや馬場を考えれば完勝。見事な秋春連覇。これで馬連が30倍以上つくとは…。
サニングデールは上手く流れがはまった感じ。大外枠にも恵まれ、しっかりと外差しに専念したのがよかった。勝ち馬とは差があったが、まだまだ侮れない存在。
リキアイタイカンテイエムサンデーゴールデンロドリゴもよく追い込んだが、これが上位との力の差か。これからも短距離路線で一発を演出する存在として活躍してくれるでしょう。
ショウナンカンプはあんなにつつかれる展開になればバテて当然。今回は米国馬を初め、ナムラマイカマンデームスメなどメンバーが悪かった。マイラーだったマグナーテンが楽に逃げられる中距離戦で実績を残しているように、楽に逃げられるであろうマイル戦の方に進んでも面白いと思うのだが…。
高松宮記念 [ ☆レース回顧 ]
|| どらごん 03/03/30 (日)17:59  
おみごと安勝騎手というよりは、ビリーヴの出来はかなり良かったのでしょう。パドックでの周回も他の馬が遅く見えるくらい前に前に脚を押し出して歩いていた。
同じ様に力強い踏み込みを見せていたのがサニングデール。この馬も仕上がり万全という感じで、馬が走る気マンマンでした。外枠でなければすんなり勝っていてもおかしくない。それに比べるとショウナンカンプはパドックではおとなし過ぎるくらい落ち着いて周回していたが、前走阪急杯の(59kg)の反動があったのかもしれない。本調子ならあれくらいのペースで失速する様な馬ではないはず。次回の巻き返しに期待する。日本競馬場にも直線1200mの真のスプリント決定戦があると納得できるのだが、兎に角これで短距離王が決着した訳ではないということは確かだ。
高松宮記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 北崎2世 03/03/30 (日)21:43  
断然の支持を集めたショウナンカンプだが発馬後から終始マークされる厳しい展開。直線で失速した。阪急杯の圧勝が皮肉にも自らを厳しい立場に立たせたとも言える。体調も前走がピークだったか。これと好対照なのが勝ったビリーヴ。前走の惨敗で人気を落とし、マークが薄れた。さらに内枠発走で距離のロスも少なかった。ショウナンカンプを見ながらの競馬で余裕の勝利。G1馬の底力を見た。サニングデールもよく追い込んだが、最後は通ったコースの差か。
高松宮記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 03/03/31 (月)00:07  
ビリーヴサニングデールの差は枠順の差が大きかったと思う。
ビリーヴとアンカツはこの1枠を最高に生かした騎乗だった。と同時に、サニングデールと福永祐一は心底あの戦法をとりたかったに違いない。大外枠だから出来なかったのだ。この2頭の力差はないと思う。枠の差が決定的だった。
断然人気のショウナンカンプはスタートもイマイチで手応えも去年と比べると悪かった。阪急杯があまりにも良すぎたのだろうか。巻き返しに期待したい。
高松宮記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 白幸緋牡丹 03/03/31 (月)20:20  
ショウナンカンプが沈んだこと以外は比較的順当な結果と言える。
やや時計が掛かる馬場だったが例年ほどの内外の馬場差が感じられず、内のビリーヴと外のサニングデールに多少の明暗があったとは思うが、好勝負だったと思う。

ショウナンカンプはスタートしてからのダッシュは凄いが発馬自体は元々大したことないし、これまでの好走歴を見ても展開面では全く問題なく、私などは四角で圧勝必至だと思ってゲラゲラ笑っていたほどだった。しかし惨敗。これも競馬だが、今一つ納得できない。阪急杯快勝馬は過信できないということだろうか。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: