JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2003/ 4/27 アンタレスS 京都 ダ1800 G3 4上混  4200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ゴールドアリュール

1999 栗毛59 1. 49. 7 68 ---====----185 410 抹消
(外) イーグルカフェ

1997 鹿毛59 1. 51. 0 62 --===------461 1197 抹消
ディーエスサンダー

1999 鹿毛56 1. 51. 0 61 --=====----106 315 抹消
タニノゴードン

1997 鹿毛56 1. 51. 5 59 ====-------53 173 抹消

タイムパラドックス

1998 栗毛56 1. 51. 9 57 --=====----354 748 抹消

アグネスブレイブ

1999 鹿毛56 1. 52. 1 56 ---====----2 120 抹消

ツルマルファイター

1999 栗毛56 1. 52. 3 55 ==---------154 227 抹消

サンエムノヴァ

1998 鹿毛56 1. 52. 3 55 ====-------6 117 抹消

トーホウダイオー

1997 栗毛56 1. 52. 4 55 ---=-------49 287 抹消
10
スマートボーイ

1995 鹿毛57 1. 52. 7 54 ---=-------319 928 抹消
11
サンライズキング

1999 鹿毛56 1. 52. 8 53 ====-------170 446 抹消
12 ワンモアマイライン

1998 鹿毛56 1. 54. 0 48 ---====----66 282 抹消
13
ジョウノブラボー

1996 栗毛56 1. 54. 0 48 ---=-------60 515 抹消
14 (外) ゲイリーエクシード

1997 芦毛 56 1. 54. 1 48 -====------6 468 抹消
15
ミスイロンデル

1999 鹿毛54 1. 54. 5 45 =====------6 162 抹消
16 (地) トーセンダンディ

1998 鹿毛56 1. 54. 8 44 --====-----98 437 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
アンタレスS [ ☆レース回顧 ]
|| 03/04/27 (日)16:21  
タニノゴードンが意外にも控えてしまったので前有利の展開に。こうなってしまえばゴールドアリュールの独壇場。注文通り4角入口でスマートボーイを捕らえてあとは後続を引き離すだけ。同じような流れでビワシンセイキに最後詰め寄られたフェブラリーSとは異なり、今回は最後も力強い走りだったことを見れば、坂はやはり無い方がいいのだろう。不安があるとすれば、今回前哨戦にしては仕上げすぎていたことぐらい。
イーグルカフェは4角では2着安泰かと思いきや結局ディーエスサンダーを捕らえるのが精一杯。最後失速したような感じだったのは3角から追い通した結果か。やはりペースがもう少し速くならないと苦しいところ。
ディーエスサンダータニノゴードンは緩いペースに恵まれた好走。逆にタイムパラドックスはこのペースに泣いた形。ここらへんはペース次第で順位は変わりそうだ。
アンタレスS [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 03/04/27 (日)18:47  
59キロを背負っても強い馬は強い。ゴールドアリュールは今日のように速いダート向きなのだろう。時計の出やすいコンディションで持ち味がフルに出た。
イーグルカフェも地力を見せた。ただ、ゴールドアリュールが理想の形に持ち込んでいたために、あの位置からではさすがにきつい。期待したタイムパラドックスは前半あの位置からではとても届かないだろう。
アンタレスS [ ☆レース回顧 ]
|| レッドヘリング 03/04/28 (月)02:30  
王者が王者の競馬をしたアンタレスSだった。
予想通りのスマートボーイの逃げではじまったが、ゴールドアリュールは早々と2番手につけてこの時点でもう勝ち馬は決まってしまったように感じた。後はどこで交わしにかかるかと思っていたが、3・4角で豊が仕掛けたといったより、馬がいったといった感じで4角では先頭に躍り出てあとはちぎる一方だった。
問題の2着争いはイーグルカフェがG1馬の意地で何とか2着を死守。京都の軽い馬場は合わないのではと思っていたが、この年齢になって本当に地力がついたなと感じた。この先ダートではもう大崩はしないだろう。
3着のディーエスサンダーは「展開がむいただけ」とフロック視されそうだがそんなことはないと思う。
確かに展開がむいたのは確かだが、穴人気していたサンライズキングを尺度にしてみれば、人気になっていたタイムパラドックスとも人気ほどの力の差がないことは容易に判断できる。実際マーチSでもそこそこの競馬をしていたし、人気の盲点になっていた感があった。
最後にスマートボーイゴールドアリュールにあそこまでぴったりついてこられてはどうしようもなかったように感じた。

[0.08]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: