JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2003/ 9/14 京成杯オータムハンデ 中山 芝1600 G3 3上混  4300

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ブレイクタイム

1997 鹿毛58 1. 33. 9 56 ===--------238 496 抹消
(外) シベリアンホーク

2000 鹿毛51 1. 33. 9 53 ====-------51 226 抹消
オースミコスモ

1999 黒鹿55 1. 34. 0 55 --====-----278 803 抹消
(外) マイネアイル

1998 栗毛52 1. 34. 2 52 ===--------103 398 抹消

ミレニアムバイオ

1998 栗毛58.5 1. 34. 2 55 --==-------246 640 抹消

ロイヤルキャンサー

1998 栗毛55 1. 34. 2 53 =====------97 391 抹消

ウインラディウス

1998 黒鹿54 1. 34. 3 52 ====-------247 546 抹消

フライトソング

1998 栗毛49 1. 34. 3 50 --===------0 73 抹消
(外) シンコウスプレンダ

1994 鹿毛56 1. 34. 5 52 ====-------285 595 抹消
10 オーゴンサンデー

1999 栗毛51 1. 34. 5 50 ===--------38 394 抹消
11
ダイワジアン

1996 栗毛52 1. 34. 6 50 --===------30 325 抹消
12
マイネルモルゲン

2000 鹿毛54 1. 34. 7 50 ====-------266 777 抹消
13 ツジノワンダー

1996 鹿毛56 1. 34. 7 51 -====------10 214 抹消
14
ボールドブライアン

1999 鹿毛56 1. 34. 7 51 ====-------59 281 抹消
15
トレジャー

1998 黒鹿56 1. 34. 8 50 --====-----157 573 抹消
16
ハレルヤサンデー

1998 青鹿55 1. 34. 8 50 --===------57 254 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
京成杯オータムハンデ [ ☆レース回顧 ]
|| アツシズデジタル 03/09/14 (日)16:03  
やはり今年は連覇の年と言いましょうか、ブレイクタイムが勝利。
小回りの中山は合わないという前評判を覆したのは外枠と積極的な先行。
丁度オースミコスモマイネルモルゲンが内ラチの代わりになってゆったりとコースを取ることが出来たのが最後の伸びに繋がったのでしょう。

シベリアンホークはもう江田騎手の好騎乗が実力の劣勢を跳ね返したとしか言いようがありません。有馬記念のアメリカンボスといい、クリスタルカップのギャラントアローといい、こういう乗り方をして穴を挙げた馬は数えていたらキリがありません。本当に素晴らしい騎手です。

オースミコスモは基本どおりの競馬。こういうスムーズに先行な先行をすれば直線も安定して伸びるようになったのは強みでしょう。
何気に牝馬限定戦でコケて混合戦で好走する不思議な馬です。

1番人気のミレニアムバイオはやはりハンデがきつかったのでしょう。ブレイクタイムよりも体重が70キロも軽いのでは、58.5キロと言うハンデは響いたと思います。2着のシベリアンホークと比べれば7.5キロ差。馬身に直せばおよそ15馬身は大きなものになりました。


しかし開幕週にしては1分33秒9と結構時計は掛かりましたね。芝が長かったのでしょう。
京成杯オータムハンデ [ ☆レース回顧 ]
|| くにやす信昭 03/09/14 (日)19:10  
ほぼ予想通りの展開。今年の中山は例年に比べマイルで1秒程度時計がかかっている(芝の長さの問題?)ので、タイムもこんなものだろう。Sペース+各馬内に集まり差し馬が外を回らされる展開で、「行った行った」の結果に。
ムラなブレイクタイムだが、今日はスムーズな競馬で力を発揮してくれた。1,000mでも2,000mでも能力的には走れる馬だが、要は気分良く走れるかどうか。ただ、そんなに(特にG1では)うまくいことも少ない。常に展開のチェックが必要。
先行馬の中から、実績に注目してマイネアイルに注目したが、結果シベリアンホーク/江田照にうまくやられてしまった。今回は51キロと展開利による部分が大きいが、血統的に奥行きのあるタイプなので、今後も注意が必要だろう。
ミレニアムバイオはやはり「安全策」のレース運び。ハンデ差もあるだろうが、「勝ちに行く」レース内容でなかったことも確か。マイルCSでの取捨は、武豊Jが乗るかどうかで判断?
ウインラディウスはパドックで馬体が薄く感じた。外から良く伸びていたが、人気程の成長はしていないかもしれない。
ボールドブライアンはもともと難しいタイプ。展開に恵まれなければ一線級では厳しい。
オースミコスモは相変わらず渋いレース内容。牝馬戦で勝てないのは何故か?
ロイヤルキャンサーは引っかかり通しながら直線差を詰めてきた。マイルもこなせると見ていたが、やはり重賞級では一枚劣るよう。スワンS辺りで注意したい。
京成杯オータムハンデ [ ☆レース回顧 ]
|| じん2 03/09/14 (日)19:14  
京成杯AHはミレニアムバイオが1番人気でレースを迎えた
スタート後、4番人気ハレルヤサンデーが痛恨の出遅れそのまま殿着順だった。

1着のブレイクタイムは実績上位このレースを連覇、力がある事を改めて知った人も多いのではないのだろうか

2着のシベリアンホークは江田騎手の好プレーで2着よくがんばっただろう

オースミコスモは前走関屋記念で1着、このレースは7番人気だったが今回も上位に食い込んだ。

マイネアイルは堅実だけあって今回も掲示板を外さなかった次走も楽しみである
1番人気ミレニアムバイオは伸びきれず5着に敗れた

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: