JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2003/11/16 エリザベス女王杯 京都 芝2200 G1 3上国牝 10000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


アドマイヤグルーヴ

2000 鹿毛54 2. 11. 8 59 --====-----520 839 抹消

スティルインラブ

2000 栗毛54 2. 11. 8 59 --=====----366 448 抹消
[外] タイガーテイル Tigertail

1999 鹿毛56 2. 12. 0 59 ----===----25 240 抹消

レディパステル

1998 鹿毛56 2. 12. 1 58 ---=====---376 603 抹消

ローズバド

1998 青毛56 2. 12. 1 58 --=====----308 515 抹消

ダイヤモンドビコー

1998 鹿毛56 2. 12. 2 58 --====-----293 373 抹消

ヤマカツリリー

2000 栗毛54 2. 12. 3 56 -======----147 189 抹消
[外] アナマリー Ana Marie

1999 鹿毛56 2. 12. 4 57 ----===----0 115 抹消
オースミハルカ

2000 鹿毛54 2. 12. 4 56 --====-----280 391 抹消
10
ヘヴンリーロマンス

2000 鹿毛54 2. 12. 5 55 --======---277 411 抹消
11
トーワトレジャー

1997 鹿毛56 2. 12. 7 55 --====-----110 285 抹消
12 メイショウバトラー

2000 鹿毛54 2. 12. 9 53 -====------213 257 抹消
13 ショウナンバーキンII

1998 黒鹿56 2. 13. 3 52 =====------19 99 抹消
14 シンコールビー

2000 青鹿54 2. 13. 8 49 =======----76 153 抹消
15
スマイルトゥモロー

1999 鹿毛56 2. 14. 0 49 =======----152 204 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| ピモ 03/11/16 (日)16:05  
1着アドマイヤグルーヴ
 素晴らしい末脚でした。
 いつもより落ちついていて道中もスムーズに走っていました。
 やはり、この馬は落ちついてレースさえできれば、相当強いですね。
 おめでとう!!

2着スティルインラブ
 脚色で劣ってたのに、そこから差し返した底力は素晴らしい!
 負けたのにこの馬の評価が上がったような気がします。
 3冠牝馬にふさわしい強い競馬でした。

4着レディパステル
 うーん、4角前で既に手応えが悪かったです。
 やはり体調面が万全ではなかったのか・・・
 それでも掲示板を外さないところはこの馬らしい強さですね。

15着スマイルトゥモロー
 期待していただけに残念でした。
 よくわからないレースをしてしまったように見えました。
 単騎で大逃げか貯めて爆発のどちらかしかできないのでしょうか・・・
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| DAVIDBOWIE 03/11/16 (日)16:14  
アドマイヤグルーヴ雪辱なる!!

秋華賞から1ハロン伸び、外回りとなったことでアドマイヤグルーヴの瞬発力が最大限に発揮された。
道中は予想通りスマイルトゥモローの大逃げ。メイショウバトラーオースミハルカは2番手3番手、スティルインラブは5番手集団の先頭、有力馬の中では最も前の位置取り。これを古馬代表レディパステルがぴったりマークし、前半スティルインラブをぴったりマークしていた武豊/アドマイヤグルーヴは徐々に位置取りを下げ、巧く溜めを作った。ローズバドは例によって最後方、外国馬はアナマリーアドマイヤグルーヴと前後する位置、タイガーテイルはスピード競馬に戸惑ったか最後方に近い位置取りとなった。

4角付近からスティルインラブが外から差を詰め、アドマイヤグルーヴも一気に差を詰め直後に迫る。レディパステルは徐々にスティルとの差を広げられ、アナマリーも勢いをなくす。

直線は3歳2強の激しい叩きあいの末、勢いにまかせ外から伸びるアドマイヤグルーヴを内から3冠馬・スティルインラブが意地を見せ差し替えたところがゴール。ハナ差でアドマイヤグルーヴに軍配があがり、念願のGI初勝利。

最後各馬脚があがりスタミナ比べになったところを、内からタイガーテイルが3着にあがった。これは展開に恵まれた部分も多分にあったか。

レディパステルが4着まで押し上げ、追いこみにかけたローズバドは届かず5着。

気性・馬体が一戦ごとに成長し、ようやく超良血のパワーをフルに発揮したアドマイヤグルーヴと、3冠制覇の重圧を抜け、ここでも安定した力を見せたスティルインラブ。時計面も優秀、先輩牝馬達に現役引退の引導を渡すとともに、完全に新時代の到来を宣言した。今後は牝馬戦線だけでなく、是非牡馬混合戦でのネオユニヴァースザッツザプレンティとの頂上決戦にもトライしてほしいし、またそれを期待できるだけのレベルの高い牝馬が久々に登場してくれたことで、今後の競馬界にとっても非常に意味ありの一戦となった。
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 03/11/16 (日)16:46  
素晴らしい競馬だった。スティルインラブアドマイヤグルーヴ。今年の3歳クラシック路線を盛り上げた2頭の5度目の対決。これで5回とも人気の低かった方が勝利したことになる。3歳のライバル2頭が見せてくれた壮絶な叩き合いは、今年の競馬界を語る上で欠かせないレースとなるだろう。
レースはメイショウバトラーの先行…で始まると思ったが、外からスマイルトゥモローがエンジン全開。一気に先頭を奪い府中牝馬S同様のハイペースで引っ張る。前半の1000mが57秒台だったそうだが、スティルインラブレディパステルの位置だとちょうど平均ペースだったか。
直線、内で伸びあぐねる古馬勢を尻目に外からスティルインラブアドマイヤグルーヴが並んで追い込んで来る。まるで秋華賞を思い出させる2頭の壮絶な叩き合い。勢いではアドマイヤグルーヴがやや優勢。このままスティルインラブを突き放し悲願のG1制覇か―しかしスティルインラブがしぶとい。突き放せないアドマイヤグルーヴ、食らい付くスティルインラブ。最後の最後でアドマイヤグルーヴがハナだけ出てゴール。苦しんだ末の悲願のG1制覇。武豊騎手はフェブラリーS以来久々のG1制覇。3着には猛然と追い込んだタイガーテイル
勝ったアドマイヤグルーヴスティルインラブをマークする前回とほぼ同じ競馬。前回は交わせなかったがやはり距離が伸びた分なのか、あるいは外回りに変わったおかげか今回は差し届いた。完成度で優るスティルインラブを、3歳のうちに負かせた事は大きい。母エアグルーヴは古馬になってから大成した馬で、今後の躍進への期待が膨らむ。
わずかハナ差で牝馬四冠を逃したスティルインラブだが、この負けがこの馬の評価を下げることにはならないだろう。力は出し切っているし、現時点で最高のパフォーマンスができたと思う。あの堂々としたレースぶりに、三冠馬としての誇りを見た。この2頭、次なる相手は牡馬か。
3着にタイガーテイルが突っ込んで来た。初参戦の外国馬。この3着も称賛されていいのでは。レディパステルローズバドダイヤモンドビコーが4〜6着。力は出していると思う。今回は古馬が3歳に跳ね返された感じがした。斤量2キロ差以上に力の差を感じた。
逃げたスマイルトゥモローを除けばほとんど人気馬が上位を占めた。スマイルトゥモローにとっては残念な結果だったが、この馬の逃げがレースのレベルを上げた。
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| 淀まで15分 03/11/16 (日)17:13  
秋華賞でのアドマイヤグルーヴの敗因を、「スティルインラブにくっついて上がっていったから」と
解釈していた私は、下り坂でまだジッとしている武豊騎手に「アドグル勝利」を予感した。
やはりこの馬、相手に合わせて自在に立ち回るタイプではない。問答無用の末脚一刀両断!完ぺきな強さだった。
三冠路線で勝てなかったにも関わらず、古馬混合戦で勝利・・・恐るべきポテンシャルだ。
スティルインラブは位置取り、仕掛けどころともに一番人気として堂々たるレースっぷり。
あの展開ならもともと力量差のなかったアドマイヤに差されても仕方ないと言えば仕方ない。
逆に最後まで食らいつく勝負根性で見せ場は大いに作った。さすが三冠牝馬だ。

対抗勢力として期待されたレディパステルローズバドはそれぞれ4、5着。
レディはちょうどスティルと併走する形となっていたが、勝負どころで離された。右回りの影響か?
ローズバドはいつもよりは前々の競馬。だがアドマイヤをはじめ上位入線馬をシンガリ一気から交わすのは不可能。
伸び切れなかったが、展開に応じた戦法で致し方なかったと見るべきだろう。
タイガーテイルは3角で一杯かと思いきやいつの間にか3着に飛び込んだ。3連複90倍台の波乱演出は十分に健闘といえよう。
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| 帝王 03/11/16 (日)20:11  
 アドマイヤグルーヴG1優勝おめでとう。馬券は取れなかったけど、良い勝負を見れたと思います。負けはしたけど、スティルインラブ も負けて尚強しノ内容だった。アドマイヤグルーヴの方が早めに仕掛けた分、行き脚がついたか。。。抜かれた後さし返しに行ったように見えたのはそのせいだろう。タイガーテイル については未知数だったが、3着に入ったのは騎手が、アドマイヤグルーヴスティルインラブ をマークせずに自分の競馬に徹したからだろう。逆にレディパステルローズバドは、2頭をマークしすぎた様な感じがあった様に思える。2キロの斤量差で後ろから行ったのでは少し厳しかったか。斤量差ほど実力差は無かった感じがする。先のとこはわからないが、もしアドマイヤグルーヴスティルインラブが有馬記念に出走するなら、9年ぶりに牝馬を買って見ようと思う。2頭とも怪我をしない様に頑張ってほしい。有馬記念の直線でシンボリクリスエススティルインラブアドマイヤグルーヴの壮絶な叩き合いが、今から目に浮ぶようだ。
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| ろっきぃ 03/11/17 (月)00:58  
前34.4-後37.3の一見超ハイペースだが、有力どころはそれほどでもなかったとは思う。ただやや早めの平均ペースが好タイム好勝負の要因となった事は確かだ。

パドックでばかによく見えたアドマイヤグルーヴ、ペースを読み道中微妙に位置取りを下げ直線の叩き合いに持ち込んだ武豊の面目躍如といったところだろう。インタビューでは涼しい顔をしていたが今年はさぞ悔しい思いをし続けたはず、おめでとう。

スティルインラブは前走ほどのデキには見えなかったし、距離も微妙に長かった気がする。それでも最後の勝ち負けまでもつれ込んだのはさすが三冠馬というべきか。

タイガーテイルもデキはよかったが正直雨馬と軽視していた。共和国大統領杯で硬い馬場と早い時計に対応できていた事をもっと重要視すべきだったのか、最近イタリア競馬は侮れない。ただ結果的に位置取りが功を奏したのは否めず、勝ちにいったとはとても感じられない。もう一頭の外国馬アナマリーは今日の馬場と時計では用なしか。ただ遺憾なく実力を発揮して盛り上げてくれた両馬には感謝したい。

レディパステルはやはり体調が万全でなかったか。ローズバドはあの位置取りでは自慢の末脚が発揮できかったであろう、ただ本来のタイガーテイルと同じ位置なら届かないのは結果からわかるように、勝負にいったと好意的に解釈しよう。二頭とも現時点でできるかぎりは盛り上げてくれた。

2年前の同レースに勝るとも劣らない好レースとなった今回、それだけにファインモーションテイエムオーシャンの名がなかった事が残念である。
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| とお 03/11/17 (月)16:44  
前の馬が飛ばすハイペース。人気の馬たちにとって展開による有利不利はあまりなく能力の差がはっきりと出るレースとなった。結果は3歳勢のワンツーで、レース前から言われていたとおり、今年の3歳牝馬のレベルの高さがはっきりとしたレースだったように思われる。
勝ったアドマイヤグルーヴは着差は僅かだが余力はスティルインラブより全く上だった。幸騎手もコメントしたようだが、あれからどんなに走ってもあの着差はかわることはなかっただろう。もしスティルインラブがさし返しても、アドマイヤグルーヴはそれに応じてまた伸びた。一番強いと信じていた幸騎手にとってはショッキングなレースとなっただろう。春に比べ秋華賞でアドマイヤグルーヴに着実に差を詰められ、エリザベス女王杯では逆転された。もちろん今日のスティルインラブは他の馬にマークされる厳しいレースだったし、秋華賞と比べ必ずしも万全といえる状態でなかったかもしれない。それにレースもいいようには進められなかったかもしれないが、個人的な意見としてはスティルインラブアドマイヤグルーヴに逆転する道のりはなかなか厳しいものになるように思う。3冠馬、今後の巻き返しに期待したいが。
それにしてもこの素晴らしい2頭が来年の競馬を盛り上げてくれることは間違いない。
3着はタイガーテイルが入った。欧米にとってこのクラスの馬でも3着にこれた、ということで今後エリザベス女王杯で日本に遠征を希望する馬が多くなってくるかもしれない。
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| バーニング 03/11/20 (木)16:58  
 いいレースだった。序盤は今回もスマイルトゥモローがハイペースで引っ張る展開。勝ったアドマイヤグルーヴスティルインラブは僅か13センチのハナ差。最後はすばらしい末脚。ゴール前はもう一伸びで。アドマイヤグルーヴにしては5度目の正直。武豊もようやく勝てて一安心と言ったところか。武豊によると今回は相手を意識せず自分のペースで乗ったらしい。それは札幌記念のファインモーションや秋華賞と似た感じがあったのだろうし、ようやく勝ててほんと一安心しただろう。これで3年連続同レース制覇。アドマイヤグルーヴは母子としては史上初の3代連続GI制覇。そして今年の牝馬クラシックのレベルの高さを改めて感じさせられた。古馬の出る幕もなかった。この2頭はこれからまだまだ上に行くだろう。新たな時代の幕開けと言ったところか。
 スティルインラブは仕掛けはアドマイヤグルーヴよりも早かったがすぐには抜かせていない。最後の最後で力尽きたという感じだが目に見えないGIの激走を考えたら仕方ない。あそこまで粘れたことがすごい。やはり強いと再確認。今回は初めて勝ちを譲った形になったものもまだまだこれからだろう。
 タイガーテイルは中段のいい位置から伸びた。アナマリーのほうが一枚上手かと思えば長期輸送もバテていないこの馬のほうが一枚上だったようだ。
 レディパステルは伸びない。体調不良が原因か。これで引退。オークス馬がまた去っていく。
 ローズバドは得意の内ラチ走行。ほどよく伸びていたので来るかとも一瞬思ったが、勢いがなかったのか。失速こそしていないものも覇気が見られなかったように思う。惜しいレースだった。が、半ば仕方ないか。
 ダイヤモンドビコーは位置取りがやや後ろすぎた気がする。それだから伸びてもいいと思ったんだが伸び悩んだ。全体的に見ても位置取りに尽きる気がする。最後までGIはとれなかったが繁殖で頑張って欲しい。
 スマイルトゥモローローエングリンの二の舞。だがまあ、この馬が猛ペースで逃げなければあそこまでの盛り上がりはなかったかもしれない。距離は1800近辺が丁度いいのだろう。まだ走れると思うし、取りあえず休むべきかな。

[0.15]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: