JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2004/ 4/25 アンタレスS 京都 ダ1800 G3 4上混  4200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


タイムパラドックス

1998 栗毛57 1. 51. 5 62 --=====----354 748 抹消
サイレンスボーイ

1999 栗毛56 1. 51. 6 61 -===-------122 277 抹消

ヒシアトラス

2000 黒鹿56 1. 51. 7 61 --=====----336 861 抹消

クーリンガー

1999 芦毛57 1. 51. 9 60 ---==------181 792 抹消
インタータイヨウ

1999 栗毛57 1. 52. 6 57 -===-------178 363 抹消

クラクエンリーグ

1998 黒鹿56 1. 52. 6 57 ---=====---8 206 抹消
(外) ネイチャーヒーラー

1998 栗毛56 1. 52. 7 57 ====-------22 135 抹消
(外) イーグルカフェ

1997 鹿毛59 1. 52. 8 57 --===------461 1197 抹消
(地) プリンシパルリバー

1999 鹿毛56 1. 53. 2 55 =====------24 265 抹消
10
タガノフォーティ

1998 鹿毛56 1. 53. 4 54 --=====----123 331 抹消
11
ツルマルファイター

1999 栗毛56 1. 53. 7 53 ==---------154 227 抹消
12 [地] ブラックファーム

1999 黒鹿56 1. 53. 7 53 -==--------0 177 抹消
13 [地] オイワケダイモン

1997 鹿毛56 1. 53. 9 52 ----====---0 17 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
アンタレスS [ ☆レース回顧 ]
|| 回想 04/04/25 (日)21:56  
ネイチャーヒーラーが押してハナを主張し単騎逃げ。
クーリンガーが追い、ヒシアトラスがそれをマーク。
サイレンスボーイはインで控えて折り合いがついた。
イーグルカフェも前をうかがえるポジションから。
タイムパラドックスは有力馬の中で唯一後ろからの競馬。

4角早めにクーリンガーが飛び出し、ヒシアトラスが抜群の手応えで追走。
サイレンスボーイがもたつき、一端おかれる形になる。
タイムパラドックスは手応えが怪しくなりながらも押してインを進出。
ヒシアトラスクーリンガーを捕らえて押しきるかというところを、
外から並ぶ間もなくタイムパラドックスの末脚が炸裂。
サイレンスボーイも続いたが切れでは及ばず2着まで。

タイムとサイレンスが接触するシーンがあったが、
安勝は本当に制裁ギリギリの厳しい騎乗をした。競馬漫画を見るようだった。
タイムが抜ける為にはあれしかなかったように思われる。
ぶつかって態勢を崩したのはむしろタイムのほうで、
一瞬トモを滑らせていたが、脚色が衰えることはなかった。
サイレンスは、直線は終始内によれるような走りだった。
最後は追えないというより、脚色を判断してデムーロが追うのをやめていた感。
今日のデムーロは終日絶不調だった。
アンタレスS [ ☆レース回顧 ]
|| 淀まで15分 04/04/25 (日)22:19  
やはりこのコースは合う。単勝2番人気のタイムパラドックスが直線で鋭い末脚を繰り出し快勝。重賞2勝目を挙げた。
ネイチャーヒーラークーリンガーが一番人気のサイレンスボーイに絡む展開。
勝ち馬は中団より後ろの位置で自分の競馬に徹する。4角ではインを突き追撃を開始、
ゴール前で2着サイレンスボーイと接触しかかるシーンもあったが入線順位通り確定した。やはりこの距離での決め手は上位のものだった。

敗れたものの、サイレンスボーイも収穫十分の一戦だったのでは。
レース序盤から外でピッタリとマークされる厳しい展開の中でもスムーズに追走。
4角ではいつもより後ろの位置になってしまったが、それでも巻き返してきたあたり脚質にも幅が出たと言えよう。
ゴール前では不利に泣いたが、それでも僅差の2着。今後のダート路線での活躍が期待される。
アンタレスS [ ☆レース回顧 ]
|| バーニング 04/05/01 (土)23:20  
 力でねじ伏せたと言ったところかどうなのだろうタイムパラドックス。安藤克己が上手に乗ったのもあるだろう。サイレンスボーイに不利がなければどうだったか分からない。まあ、競馬にもしもは禁物。上がり時計もよし。折り合いも、よかったと思う。
 サイレンスボーイは収穫の多い一戦となった。重賞初挑戦で勝つのはしんどかったか。内にややポケットされるなど、直線は出にくい展開でもあったが従来の逃げではなく、差しでもいいところまで行けた。そういう不利でも2着なのと、差し脚もよかったというのがなんとも。今後ダート界を背負う馬となるか。楽しみだ。
 ヒシアトラスクーリンガーも順当。インタータイヨウは近走が悪かっただけに離されたとは言え掲示板には載れてよかった。もっと強くなると思うのだが。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: