JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2004/ 7/25 函館記念 函館 芝2000 G3 3上混  4300

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


クラフトワーク

2000 黒鹿55 2. 00. 6 61 ---====----192 336 抹消
(外) ファインモーション

1999 鹿毛57 2. 00. 7 62 --======---455 535 抹消
ワイルドスナイパー

1999 黒鹿53 2. 00. 8 60 --===------11 181 抹消

タイガーカフェ

1999 黒鹿54 2. 00. 8 60 ---===-----143 903 抹消

ユキノサンロイヤル

1997 青鹿54 2. 01. 4 57 --======---161 516 抹消
(地) スプリングシオン

1997 芦毛52 2. 01. 5 56 --===------38 368 抹消

ダービーレグノ

1998 栗毛56.5 2. 01. 9 56 --======---213 560 抹消
(地) ヤマノブリザード

1999 青鹿56 2. 02. 1 55 --=====----158 539 抹消

ウインシュナイト

1998 栗毛55 2. 02. 2 54 ---==------47 191 抹消
10
トーホウシデン

1997 鹿毛58 2. 02. 3 55 ---=======-249 463 抹消
11
タマモヒビキ

1996 黒鹿53 2. 02. 9 50 --===------76 415 抹消
12 レオマイティー

1998 鹿毛49 2. 03. 0 48 ---==------0 95 抹消
13 ヒマラヤンブルー

1998 鹿毛55 2. 03. 0 50 =====------97 362 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
函館記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 04/07/25 (日)17:24  
クラフトワークは4角でうまく内を突いた横山騎手のファインプレーに尽きるだろう。それにしても、斤量にかなり恵まれたとはいえここまで小回りでうまく立ち回れるとは思わなかった。ただ、これだけ上手く勝ってしまうと斤量も積まれる次は狙いにくくなるものだが…。
ファインモーションも武騎手がうまく乗った印象だ。スタートを若干遅めに出して、外にいた先行勢から離れさせたのは見事だった。お陰で気分よく走れているようだった。もっとも、あれだけ上手く乗れて斤量も恵まれて勝てないというのは何だかという気もするが、そこは横山騎手が更に上手く乗ったということだろうか。
ワイルドスナイパーは4角の手ごたえを見て勝ったと思ったのだが、連対馬の切れに負けた印象。藤岡騎手は期待通りに乗ってくれたのだが…。
ダービーレグノは位置取りが余りにも後ろ過ぎた。何か体調でも悪かったのだろうか。
ハンデのきつかったトーホウシデンは追走にさえ苦労してしまう始末で全く良いところなし。次はハンデを軽くしてもらいたいものだが。
函館記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 04/07/25 (日)21:30  
###
!着順 枠 馬番 馬名 騎手 タイム 着差
1  5 6  クラフトワーク   横山典弘  2分00秒6 ""
2  7 10 ファインモーション 武豊    2分00秒7 クビ
3  8 12 ワイルドスナイパー 藤岡佑介  2分00秒8 4分の3馬身
4  6 9  タイガーカフェ   本田優   2分00秒8 ハナ
5  1 1  ユキノサンロイヤル 小野次郎  2分01秒4 3馬身2分の1
6  4 5  スプリングシオン  芹沢純一  2分01秒5 4分の3馬身
7  3 3  ダービーレグノ   松永幹夫  2分01秒9 2馬身2分の1
8  6 8  ヤマノブリザード  藤田伸二  2分02秒1 1馬身2分の1
9  4 4  ウインシュナイト  岡部幸雄  2分02秒2 2分の1馬身
10 2 2  トーホウシデン   安藤勝己  2分02秒3 クビ
11 7 11 タマモヒビキ    小原義之  2分02秒9 3馬身2分の1
12 5 7  レオマイティー   田面木博公 2分03秒0 2分の1馬身
13 8 13 ヒマラヤンブルー  四位洋文  2分03秒0 アタマ
###

タマモヒビキが積極的にハナを主張し、1000m通過59秒4と函館の馬場を考えれば息の入らない厳しいペースに。人気のファインモーションクラフトワークはこのペースを見越してか中団後方に控えて並んでの追走。
先に動いたのはファインモーション。終始外々を回り、3コーナーからも外を回って一気のマクリ。まるで01年エリザベス女王杯のトゥザヴィクトリーを彷彿とさせる乗り方。
直線で外から捻じ伏せにかかるファインモーション。一旦は抜け出しかに見えたが、今日は内に刺客。我慢していたクラフトワークファインモーションより仕掛けを一瞬遅くして、しかも馬群に突っ込んでいく。直線では内に切れ込んでファインモーションに馬体を併せず一気に抜き去った。残り100あたりでもう一度ファインモーションが差し返す形を見せるが差は詰まらない。逆に粘るワイルドスナイパーを振り切るのが精一杯。
クラフトワークファインモーションをクビ差押さえて優勝。位置取りの上手さが光る印象で、直線も上手く捌いた。横山典弘はタイキブライドルアドマイヤコジーンエアスマップで3年連続1番人気を裏切るという屈辱をこのレースで味わっていたが、それを晴らすこのレース2勝目。クラフトワークも兄クラフトマンシップに続く兄弟制覇となった。
ファインモーションは結果的にコースロスが響いたが、掛かる馬だけにこれは責められない。上位の2頭には前が速くなった事が明らかにプラスだった。ワイルドスナイパーは本当に函館は走る。
函館記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 黄の木 04/07/28 (水)16:28  
横山典弘氏のレースプランの勝利
 道中、外のファインモーション睨みのレースコントロール
 淀みないペース、少頭数にも助けられたが、会心の頭脳の勝利だと考えられる。
ファインモーションは、北海道での一昨年の出世の記憶(2002阿寒湖特別など)を取り戻したか。今秋は期待できる。
武豊氏は、エリザベス女王杯で、3頭(他、アドグル、ダンスインザムード)のいずれに騎乗するのでしょうか。
函館記念 [ ☆レース回顧 ]
|| バーニング 04/07/31 (土)20:13  
 横山典弘の好プレーが光った。休み明けのクラフトワークを積極的に前に進め追うファインモーションを振り切ってのゴール。外を回ったファインモーションに対し馬場の半ばから勢いよく伸びる末脚。これがこの馬の持ち味であるとようやく認識させられた。これが重賞初勝利。
 ファインモーションも積極的な競馬。いつもより落ち着いて走れた感じ。敗因はどうしても外を回らなければならなかったことと57キロの斤量か。これが克服できればもっと強くなりそうだ。僅差負けだが斤量や展開で負けた分をみるとこの馬の方が強いと見てもいいかも知れない。
 ワイルドスナイパーは函館はやっぱり得意だ。タイガーカフェも合った感じ。ヒマラヤンブルーは直線失速するだけ。函館の馬場で59.4の入りはしんどかったかも知れない。トーホウシデンもサッパリ。差し脚を持つこの馬に函館は合わなかったか。如何せんトップハンデも響いた。

[0.10]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: