JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2004/ 9/12 セントウルS 阪神 芝1200 G3 3上混  4300

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ゴールデンキャスト

2000 栗毛56 1. 08. 2 60 ==---------232 932 抹消
(外) キーンランドスワン

1999 栗毛57 1. 08. 4 59 =----------250 1106 抹消

サニングデール

1999 黒鹿59 1. 08. 5 60 ==---------401 1007 抹消
フォルクローレ

1999 栗毛54 1. 08. 6 56 ===--------12 212 抹消
チリエージェ

2001 栗毛52 1. 08. 7 55 =----------4 241 抹消
スウィートエルフ

1999 栗毛54 1. 08. 7 56 =----------16 240 抹消
(外) ヒューマ

2000 栃栗56 1. 08. 8 56 ===--------88 444 抹消

マイネルジャパン

1998 栗毛56 1. 09. 0 55 ====-------50 237 抹消
ドリームカムカム

1998 栗毛54 1. 09. 4 51 ====-------94 350 抹消
10
フサイチオーレ

1998 黒鹿56 1. 09. 4 52 ====-------26 210 抹消
11 (外) スティーマー

1998 黒鹿56 1. 09. 4 52 ===--------39 324 抹消
12 ダンツキャスト

1997 黒鹿56 1. 09. 5 51 =----------92 641 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
セントウルS [ ☆レース回顧 ]
|| DAVIDBOWIE 04/09/12 (日)18:03  
上がり馬・チリエージェの逃げは3ハロン34秒後半と、緩いペース。
開幕週の割には時計の出ない今季の阪神だが、このペースなら完全に前残りの流れ。

このペースを読んだのかどうかはさておき、トップジョッキー・武豊が外から2番手につけさせたゴールデンキャストが、楽々先頭でゴール。

突き放されて苦しくなったチリエージェが懸命に粘るところ、中団から差してきたキーンランドスワンフォルクローレと大外から追込んだサニングデールがごったになってゴール。

結局キーンランドーサニングの順で入り、3連複は順当な結果に。

夏小倉を3回も走ったゴールデンキャストにこれ以上の上積みはなく、今回非常に恵まれた展開だったことを考えると本番では厳しいか。

やはりGI馬、苦しい展開を強引に追込んできたサニングデールの展望は明るい。
4着以下も小差だが、このペースの短距離戦ならあまり差がつかなくて当然とも言える。

1頭フォルクローレはベスト1,400なら(人気になるかもしれないが)上積みあり。

なお、本命としたドリームカムカムはSペースに引っかかり、なだめている間に後方まで下げてしまうという最悪のちぐはぐな競馬、直線でも追えず今後が心配。
セントウルS [ ☆レース回顧 ]
|| 淀まで15分 04/09/12 (日)22:42  
前日売の段階から単勝一番人気がコロコロ変わった混戦。最終的に一番人気となったゴールデンキャストが初重賞を手にした。
前走が最内枠で終始チグハグな競馬だった(直線での接触だけでなく、道中もスムーズさを欠いていた)
ゴールデンキャストにとって大外は絶好枠。スムーズに2番手を取ると直線あっさりと抜け出す完勝だった。
かつてのゴールデンキャストと武豊のコンビといえば、後方で足を溜めながら直線で届かない競馬が続いていた。
夏の小倉から先行策をとれるようになったのは前走までの鞍上幸騎手の判断もあろうが馬自身の成長が大きい。
これで人馬ともに、2歳時のききょうSで魅せられてしまった「追い込み馬ゴールデンキャスト」の幻影を払拭することができた。

2着にはキーンランドスワン。阪神コースでの成績不振などから今ひとつの評価だったが、始動戦をきっちりと走った印象。
前半3Fが34.6秒の緩いペースでは勝ち馬を捕らえるのは困難だった。3着サニングデールにしても同様。
59キロを背負いながらもよく健闘したのではないか。これまで成績が落ち込むと立て直しに苦労していただけに、ここでの復調は何より。

穴人気していたチリエージェは早めに交わされながらも5着と踏ん張り掲示板をキープ。
ドリームカムカムは18キロの馬体減。パドックでも落ち着きを欠き、レースは出負け気味に加え折り合わず。3角過ぎには圏外に去っていた。
セントウルS [ ☆レース回顧 ]
|| バーニング 04/09/13 (月)09:22  
 ゴールデンキャストが貫禄勝ち。そんなに速くないペースも先行してキッチリ差せる当たりは強み。武豊が久々の騎乗で勝利というのもまた強み。前走は内でごちゃつく不利があって馬群に沈む始末。今回は大外を引いたことで個人的に嫌ったわけだが武豊が上手く乗った。少なからず差し一辺倒じゃなくて先行差しきりという形がとれるようになったのは淀まで15分さんも指摘されてるように人馬とも信頼できる。
 2着は久々キーンランドスワン、3着も久々サニングデールは復調の兆し。前走よりも重い、自身過去最多の59キロを背負いつつ今回差しがそれほども利かない展開の中特にサニングデールはよく頑張った。鞍上とも合うかな。
 本命ヒューマゴールデンキャストの前走を見るかのように馬群に沈んだ。ドリームカムカムはキレがない。先行できなかったことと馬がそれほど走る様子もなかったわけで。体重落ちのせいか、また別の理由なのか。

[0.07]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: