JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2004/12/19 フェアリーS 中山 芝1200 G3 2歳混牝 3200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


フェリシア

2002 黒鹿54 1. 08. 5 55 ===--------53 158 抹消

ペニーホイッスル

2002 黒鹿54 1. 08. 6 54 ===--------90 206 抹消

カシマフラワー

2002 鹿毛54 1. 08. 8 52 ==---------40 249 抹消

グランドエナジー

2002 栗毛54 1. 08. 8 52 ===--------9 84 抹消

ツルマルオトメ

2002 青鹿54 1. 09. 0 50 ==---------11 192 抹消

テイエムチュラサン

2002 栗毛54 1. 09. 1 50 =----------67 325 抹消

リメンバードリーム

2002 青毛54 1. 09. 2 49 ==---------0 78 抹消
タイニーウイナー

2002 青鹿54 1. 09. 3 48 =----------10 68 抹消

マイネデセール

2002 黒鹿54 1. 09. 3 48 ===--------16 56 抹消
10
ビコーグレイス

2002 鹿毛54 1. 09. 3 48 --===------4 16 抹消
11 (外) キャントンガール

2002 鹿毛 54 1. 09. 5 46 ===--------0 24 抹消
12
マイネコンテッサ

2002 鹿毛54 1. 09. 5 46 -==--------8 23 抹消
13
アミリス

2002 鹿毛54 1. 09. 6 45 =----------0 12 抹消
14
ライム

2002 鹿毛54 1. 09. 6 45 =----------0 18 抹消
15
エアラニア

2002 鹿毛54 1. 09. 7 45 ==---------0 31 抹消
16 (地) オリオンザヴィアン

2002 栗毛54 1. 10. 4 39 =----------0 100 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
フェアリーS [ ☆レース回顧 ]
|| いのすた 04/12/21 (火)16:21  
 暮れの中山の恒例の2歳牝馬重賞、フェアリーS。阪神JFから中1週だけに、一線級ばかり、というわけにはいかないが、将来を嘱望される好素質馬が集まった。人気順は、ペニーホイッスルカシマフラワーフェリシアの順。
 勝ったのは、横山典弘騎手騎乗のフェリシア。中団で足をため、直線外から追い込み、ゴール前ではきっちり差し切った。ここまで条件戦でも勝ち切れないでいたものの、負けたレースでも1着馬とはそれほど差がなかった。しかも負けていた相手が、マイネルレコルト(朝日杯FS勝ち)、ショウナンパントル(阪神JF勝ち)、スムースバリトン(東スポ杯2歳S勝ち)、リヴァプール(ファンタジーS3着)、ジェダイト(阪神JF6着(勝ち馬から0.3差))、とその後重賞で好走しているメンバー。条件馬が多かったここでは、好走も納得、というところか(しかし、新潟2歳S組はホント結果が出ていますね)。今後、距離延長が課題となるが、今回の折り合いのつき方を見る限り、1600ぐらいまでなら、という印象あり。
 2着はペニーホイッスル。直線で一旦抜け出したときはやったか、と思われたが、外からフェリシアの強襲にあい、惜しい2着。ただ、9月の新馬勝ち以来の休み明け2戦目ということを考えると、内容は十分。ただ、思ったほど馬体が成長していなかった気がする(言われていたとおり、中間カイ食いがよくなかったということか)ので、レース間隔を空けて、大事に使っていってほしいところ。
 3着はカシマフラワー。内々の4、5番手という絶好位を流れに乗って追走、4角までは非常にスムーズだったが、直線に向いて前が壁になり、大外まで持ち出す不利。そこから良い脚を使ったものの3着がやっと。普通に乗れていればこの馬が勝っていた、と思われる内容だっただけに、悔やまれる。今後はチューリップ賞から桜花賞とのことだが、距離克服と馬体の成長が課題となる。その点、今回中一週で馬体増(プラス4キロ)だったのは好材料。
 以下、4着グランドエナジー、5着ツルマルオトメだが、大きな不利のあったカシマフラワーの後塵を拝しており、少々差がある印象(初の直線坂コースを無難に終えたツルマルオトメはそれなりの収穫はあったが)。人気を集めていた上位3頭がそのまま3着までを占めており、今後のクラシック路線は、この3頭(特に2着馬)に期待したい。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: