JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2005/ 3/ 6 弥生賞 中山 芝2000 G2 3歳混  5400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ディープインパクト

2002 鹿毛56 2. 02. 2 46 ----=======1317 554 抹消

アドマイヤジャパン

2002 栗毛56 2. 02. 2 46 ----======-144 354 抹消

マイネルレコルト

2002 鹿毛56 2. 02. 4 45 --=====----182 350 抹消

ダイワキングコン

2002 栗毛56 2. 02. 5 44 =====------27 91 抹消

ブレーヴハート

2002 黒鹿56 2. 02. 7 43 ---========38 272 抹消
(外) エイシンサリヴァン

2002 芦毛56 2. 03. 0 42 --========-14 138 抹消
ニシノドコマデモ

2002 黒鹿56 2. 03. 0 42 --=====----52 120 抹消

ニューヨークカフェ

2002 青毛56 2. 03. 0 42 ----====---0 63 抹消

レットバトラー

2002 鹿毛56 2. 03. 3 40 =====------10 140 抹消
10
マチカネオーラ

2002 黒鹿56 2. 03. 4 40 --===------98 318 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
弥生賞 [ ☆レース回顧 ]
|| タカハシ 05/03/06 (日)22:09  
様々な意味で本番に向けてのいい参考レースになったと思う。

1着 ディープインパクト
誇張された表現がマスコミ各社でまかり通り、明らかに人気先行だった気もする。しかし3角からマクリ気味に押し上げて、最後も終始内を通った重賞馬をねじ伏せた内容は強いの一言。クラシック戦線をリードしていく存在となろう。一方で未知数の部分も多い。デビュー以来減り続けの馬体、多頭数の経験がないこと、スローペースを大外から脚を伸ばすレースしかしていないこと。皐月賞向きかと言われれば個人的な答えは「否」である。スペシャルウィークタニノギムレットとイメージがダブり、ダービーで力を出しそうな感じ。

2着 アドマイヤジャパン
出遅れ・後方待機のイメージのしみついていた馬だが、違ったレース運びができたのは収穫。終始3番手の内で我慢してそのまま最内から脚を伸ばした2着は評価していいだろう。ただこの馬も少頭数のレースしか経験がなく、本番のシビアなペースで今日と似たようなことができるかと言われれば難しいかもしれない。陣営も本番前の一叩きと明言していたここを使って、上積みがどれくらいあるか。

3着 マイネルレコルト
2コーナーあたりからかかり気味。ここで無理に押さえ込んだのが(指示もあったようだが)トライアルレースの意味を考えると鞍上の好判断。番手から競馬をするのだ、という意志を馬に伝えられたことでペースの上がる本番はもう少し楽に追走できるだろう。そんなチグハグな展開でも最後は突き放されていない。チーフベアハート産駒、スピードの勝った馬ということを考え合わせると2000くらいがベストにも思え、一叩きしてさらに良化できれば皐月でも十分チャンス有りか。

強い馬たちが強いレースを見せ、なかなか面白い前哨戦だった。
弥生賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 帝王 05/03/06 (日)22:22  
 弥生賞も無事終わり、有力馬3頭も怪我無く皐月賞に向かえそうですね。1着ディープインパクト、派手さは無かったが、スローペースでしっかり折り合い、終始外を廻るが早めに仕掛けきっちり差し切る。が、本番に向けて馬込みに入れてみても良かったのでは?と少し疑問も残るレースでした。2着アドマイヤジャパン、巧く横山騎手が乗ったが、一歩及ばず。着差以上に力差が有る様に感じた。本番では内に入れることは馬場が荒れてるから難しいと思うので、ディープインパクトとの追い比べでどの程度なのか見てみたかった。3着マイネルレコルト、終始2番手追走も途中で一旦かかってしまう。しかし、ダイワキングコンが余りにも道中よれすぎてその影響もあるので、初の2000メートルでペースに戸惑いもあった感じがした。本番ではストーミーカフェのペース次第では十分浮上出来る余地もある内容だったと思う。これからの、トライアル組みの成長が気になるが、特にヴァーミリアンローゼンクロイツこの2頭は、アドマイヤジャパンに勝っているだけにレース内容によってはとても怖い存在だと思う。ミルコが乗るヴァーミリアンに注目して見ておきたい。
弥生賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 競馬ファン (旧HN:ローズバドのファン) 05/03/06 (日)22:56  
1着ディープインパクト・・・あのスローペースで差しきったのはかなり強い。レース前は若駒Sの内容から大差をつけて圧勝するのではないかと思っていた人も多いと思うが、よく考えると初の長距離輸送だったわけだし、さらに相手は今までより一枚も二枚も強くなっていた。クビ差以上の価値があることは間違いないし、本番前にこういった経験ができたことは確実にプラスになっただろう。

2着アドマイヤジャパン・・・この馬は予想以上に強かった。直線でディープが一気に突き放すように見えたがこの馬も確実に伸びての2着だった。それに今日のレース振りから見ると流れには左右されず確実に伸びるタイプだろう。本番で逆転なるか。

3着マイネルレコルト・・・・今日のレースは前半かかってしまったのが残念だった。すんなり2,3番手に落ち着いていたら直線はもっと伸びただろう。今日のところは完敗。しかし昨年の朝日杯の勝ち方を見る限りこの馬の強さはこんなものではないだろう。

やはり上位3頭が抜けていたのは間違いないだろう。さらにマイネルレコルトは昨年の2歳チャンプである。そのレコルトを完全に抑えたアドマイヤと抜き去ったディープは現時点で頭一つ抜けたと言えるかもしれない。
弥生賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 穴党専科 05/03/06 (日)23:28  
ディープインパクトは着差は僅かだったが、内ピッタリの最高のコースを通ったアドマイヤジャパン相手に、大外をぶん回して鞭を使わないで勝つのだから着差以上の完勝と言っていいだろう。皐月賞よりもダービー向きだろうが、無様な競馬はしないだろう。
アドマイヤジャパンは今日は完敗だがスタートが良くなってきているのは収獲。それに今回はそれほど出来が良かったとも思えなかった。相当走る。本番での伸び白はかなりありそう。
マイネルレコルトは今日は完敗。ただ叩き良化型の可能性もあり、まだ見限れない。
弥生賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 脱衣馬券師 05/03/07 (月)00:45  
10頭による少頭数で行われた弥生賞。
良馬場発表ではあったが、除雪後の湿った芝で、時計のかかる馬場状態だった。
展開はスロー。久々でマイネルレコルトがやや行きたがる場面も。
最内枠のアドマイヤジャパンは、スタートでほんの少し遅れたかな?という程度。
スッと先団に取り付け、3〜4番手の内でロスなく進む。
初の関東お目見えとなったディープインパクトは大外から。あくまでマイペースといった感じで
後方3頭目あたりから進む。
3コーナーを過ぎた辺りからディープインパクトが馬なりで進出。アドマイヤジャパンは内でまだじっとしている。
直線、マイネルレコルトが先頭に立とうかというところ、内からアドマイヤジャパン、外からディープインパクト
一気に襲い掛かる。この時点でマイネルレコルトとはもう勝負アリといった感じ。
内で一杯に追われるアドマイヤジャパンを、外から追撃するディープインパクトが差しきり、クビ差の勝利。

3着マイネルレコルトはやはり久々の分伸びきれなかったか。ひと叩きされた本番は変わってきそうだが…。
一方2着のアドマイヤジャパンは、考えられる最高のレース運びをしたのではないか。少頭数とはいえ、これで
差されるのだから、今日のところは完敗と言っていいかも知れない。
勝ったディープインパクトはトライアルであることを意識してか、不利のない外目を回って差し切った。
過去2走ほど着差はないが、今日もムチを入れたようには見えず、まだ余力がありそうだった。

本番に向けての参考にはなりづらいトライアルだった。
今回は少頭数、Sペースだったが、本番では恐らくフルゲートで、ストーミーカフェビッグプラネットなどが
引っ張る速い展開が予想され、全く別のレースになるだろう。
勝ち馬も、もっと位置取りに融通が利かなければ、皐月賞では苦戦を強いられるだろう。
弥生賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 05/03/07 (月)22:33  
ディープインパクトは勝っただけでもよしとするか。馬場悪化が免れ、マイネルレコルトが全く仕掛けに行かず完全に切れ味勝負の競馬になったことは彼にとって非常に幸運だった。ただ、本番に際しての試走ができたかというと答えはNO。あの競馬はスローペース、少頭数だから通用したわけであって、多頭数、ハイペース(ストーミーカフェが出てくることである程度のペースは約束される)で通用するとは思えず、もし本番でも同じ競馬をするならまさに昨年の皐月賞のブラックタイドや菊花賞のハーツクライのように脚を余したまま負けてしまうシーンもあるだろう。
アドマイヤジャパンもこちらは枠順の事があったとはいえまさか同じ競馬を本番でもやることは考えられない。こちらも望み薄。
マイネルレコルトは酷い。道中無理に抑えて2番手から競馬したことはまだ許すにしても、持ち味である3角から仕掛ける競馬を全くせずの消極的な競馬。これでは良さが出ないに決まっている。そんなことまで試されなければ判らないのかと理解に苦しむ。本命の印を託した者の一人として非常に遺憾だ。昨年のコスモバルクと同じ過ちをまた繰り返すのかと思うと胸が痛い。即刻元の競馬に戻さないと彼のいい部分が無くなってしまいかねない。

個人的には全くの凡戦、後味の悪い内容だった。皐月賞に向けて現状で戴冠に一番近いのは、絶対に前々で競馬をするストーミーカフェヴァーミリアンといったところではないだろうか。

[0.12]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: