JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2006/ 2/19 フェブラリーS 東京 ダ1600 G1 4上混  9400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

カネヒキリ

2002 栗毛57 1. 34. 9 71 --====-----451 534 抹消
(外) シーキングザダイヤ

2001 鹿毛57 1. 35. 4 67 -=====-----293 565 抹消
[外] ユートピア Utopia

2000 栗毛57 1. 35. 4 67 --====-----150 660 抹消
ブルーコンコルド

2000 鹿毛57 1. 35. 6 65 =====------356 961 抹消

ヴァーミリアン

2002 黒鹿57 1. 35. 8 66 --====-----370 521 抹消

サカラート

2000 栗毛57 1. 36. 0 64 -======----154 487 抹消
[地] アジュディミツオー

2001 鹿毛57 1. 36. 0 65 --====-----6 324 抹消

タガノゲルニカ

2002 鹿毛57 1. 36. 4 64 --==-------61 151 抹消

タイムパラドックス

1998 栗毛57 1. 36. 4 62 --=====----354 547 抹消
10 (外) タイキエニグマ

2001 芦毛57 1. 36. 5 63 -===-------64 272 抹消
11
リミットレスビッド

1999 栗毛57 1. 36. 5 62 ===--------211 587 抹消
12
サンライズバッカス

2002 黒鹿57 1. 36. 6 63 -=====-----310 594 抹消
13 (外) スターキングマン

1999 栗毛57 1. 36. 6 61 ======-----140 253 抹消
14
ニホンピロサート

1998 黒鹿57 1. 37. 9 54 ==---------215 472 抹消
15
メイショウボーラー

2001 黒鹿57 1. 38. 8 50 =====------414 722 抹消
16
トウショウギア

2000 鹿毛57 1. 39. 6 47 ===--------166 282 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
フェブラリーS [ ☆レース回顧 ]
|| クロ 06/02/22 (水)22:30  
誰も回顧しないので簡単にしておきます。
最優秀ダート馬が、その強さを見せつけた。オッズは一番人気であったものの二番人気シーキングザダイヤ、三番人気ヴァーミリアンとの人気の差はそれほどなく混戦という前評判だった。しかし結果は結局武豊騎手が手綱を取った単勝1番人気のカネヒキリが3馬身差の快勝で、昨年のJCダートに続くG1連覇を果たした。日本馬初のドバイワールドC制覇へ向けて一歩前進した。苦手といわれたコースだったがむしろマイルがピッタリなのかと思わせる快勝。もはや国内ダート界に敵はなし。本当に強い内容だった。
レースは逃げるはずのアジュディミツオーがまさかの出遅れ。先頭はメイショウボーラートウショウギアが競り合って1000m通過57.4の超ハイペース。後のインタビューで藤田騎手はやはりかかっていたとのコメント。最終コーナー付近ですでに足色が怪しい。その激しい展開の中、2番手グループの先頭に位置していたシーキングザダイヤユートピアが直線の坂下で先頭の2頭をかわしに行ったが、その外から脚色のまったく違う1頭が進出してきた。前半後方で待機し、他馬の脚をうかがっていたカネヒキリが3、4コーナーでピッチを上げて直線で全開。一瞬にして抜き去り、3馬身ちぎってゴール。
カネヒキリはドバイでかなり期待できそう。フラムドパシオンと共に注目である。
フェブラリーS [ ☆レース回顧 ]
|| マチカネ 06/02/23 (木)11:32  
1番人気はやはりカネヒキリだったが、武蔵野Sでの敗戦があってか、2.7倍と極端な人気にはならず。
以下、シーキングザダイヤヴァーミリアンが人気を集めオッズは3強。
スタートはアジュディミツオーがスタートの芝コースになれていないせいかやや出遅れ。
カネヒキリは懸念材料だったスタートは出遅れもなく、いいスタートを切った。
それ以外も数頭が出遅れてややバラバラ。ハナを奪ったのは昨年の覇者、メイショウボーラーだったが、トウショウギアがつっつく苦しい展開。この2頭が後続を大きく引き離し、1000m57.4と超ハイペース。これで粘り切ったらそれこそサイレンススズカで直線早々と脱落していった。
代わって先頭にたったのがシーキングザダイヤユートピアだったが並ぶ間もなく差しきったのがカネヒキリ。最後は3馬身つけて優勝。この3馬身差は純粋に実力の差。国内のライバルを蹴散らし、日本代表としてドバイWCに挑む。
1:34.9は昨年のメイショウボーラーが叩き出したレコードのコンマ2秒差。良馬場であったことを考えれば、優秀なタイムだろう。
シーキングザダイヤはまたも2着。しかし、今回は勝ち馬が強すぎた。ユートピアにいったん差し返される厳しい競馬ながら、きっちり2着は確保。この勝負強さがあればGI制覇もそう遠くはないはずなのだが…
ユートピアはムラで好走と惨敗を繰り返すが、まともに走ればこれくらいは走る。今回の好走を受けてゴドルフィンマイル遠征が決定した。

[0.05]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: