JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2006/ 3/ 5 弥生賞 中山 芝2000 G2 3歳混  5400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


アドマイヤムーン

2003 鹿毛56 2. 01. 5 50 ---====----721 905 抹消
グロリアスウィーク

2003 鹿毛56 2. 01. 6 49 --=====----52 241 抹消

ディープエアー

2003 鹿毛56 2. 02. 1 46 =====------47 152 抹消

サクラメガワンダー

2003 栗毛56 2. 02. 1 46 --====-----397 999 抹消

スーパーホーネット

2003 鹿毛56 2. 02. 1 46 -===-------506 373 抹消

ナイトレセプション

2003 黒鹿56 2. 02. 3 45 =====------5 70 抹消
(地) モエレソーブラッズ

2003 青鹿56 2. 02. 5 44 =====------4 172 抹消

ヴィクトリーラン

2003 鹿毛56 2. 02. 6 44 --===------27 133 抹消
(外) マイネルシュピール

2003 黒鹿 56 2. 02. 8 43 --===------0 155 抹消
10 セトウチアポロン

2003 栗毛56 2. 03. 1 41 --===------4 14 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
弥生賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 06/03/06 (月)03:03  
サクラメガワンダーは見事に出遅れ。スタートで早々と大きなビハインド。
モエレソーブラッズが緩みのないペースで逃げて4F48.8-5F61.2。レース自体のラップが61.2-60.3だからあまりスローとは呼べず、完全に地力勝負。
それだけに最後の最後まで我慢したアドマイヤムーンの切れ味は他を圧倒するものだった。露骨にインコースが伸びる馬場だった今週の中山芝、4角でかなり外を回された時点で「頭はないか」と思ったほどだが、そこから一気に伸びて上がりは34.7。グロリアスウィークに抵抗こそされたが、最後ヨレたのは苦しがったというよりむしろ先頭に立って遊んだだけ。最後の50mでもう一度気合をつけるとまた楽に伸びた。差は半馬身だがこれはどう乗っても変わらない差だ。
そのグロリアスウィーク、やや一本調子な脚の使い方をするだけに平均ペースはベスト。ただいかんせん気ムラな馬、「いつ気が向くか」といった気もする。ただ気が向いた時はやはりそれなりに走る。
ディープエアーは元をただせば札幌2歳Sで0.2秒差2着、朝日杯FSで0.8秒差6着なのだからこれくらい走れる力はある。あまり使える脚が長い馬ではないので、だらだらと直線が続く京都は合わないのかも。小回り向きなんだろう。
サクラメガワンダーは出遅れが全てだし休み明け、叩いて次だろう。
スーパーホーネットは4角出口で挟まれた(審議対象:ヴィクトリーラン)が、基本あの位置にいて競馬をする馬ではない。3着と5着のハナ+クビの差はそのまま騎手の差だろう。

[0.08]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: