JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2006/ 3/26 高松宮記念 中京 芝1200 G1 4上国  9500

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


オレハマッテルゼ

2000 栗毛57 1. 08. 0 62 ===--------260 516 抹消

ラインクラフト

2002 鹿毛55 1. 08. 0 61 =====------462 347 抹消
シーイズトウショウ

2000 鹿毛55 1. 08. 3 59 ===--------478 1256 抹消
プリサイスマシーン

1999 鹿毛57 1. 08. 3 60 ====-------365 602 抹消
[地] ネイティヴハート

1998 鹿毛57 1. 08. 3 60 ===--------296 886 抹消
(外) シンボリグラン

2002 芦毛57 1. 08. 4 60 ===--------316 1145 抹消

リミットレスビッド

1999 栗毛57 1. 08. 4 60 ===--------211 1013 抹消

ゴールデンキャスト

2000 栗毛57 1. 08. 5 58 ==---------232 932 抹消
タマモホットプレイ

2001 栗毛57 1. 08. 6 58 ==---------246 1149 抹消
10
カネツテンビー

1999 鹿毛55 1. 08. 7 55 ==---------30 457 抹消
11 ブルーショットガン

1999 鹿毛57 1. 08. 7 57 ==---------101 699 抹消
12
ギャラントアロー

2000 栗毛57 1. 08. 8 56 ===--------270 858 抹消
13 マルカキセキ

2001 栗毛57 1. 08. 8 56 ==---------106 700 抹消
14
ウインクリューガー

2000 栗毛57 1. 08. 8 56 ====-------171 239 抹消
15
コパノフウジン

2002 栗毛57 1. 08. 9 56 ==---------124 610 抹消
16 (外) キーンランドスワン

1999 栗毛57 1. 08. 9 55 =----------250 1106 抹消
17
マイネルアルビオン

2002 青鹿57 1. 09. 0 55 =----------40 459 抹消
18
トウショウギア

2000 鹿毛57 1. 09. 2 54 ===--------166 413 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
高松宮記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 白幸緋牡丹 06/03/29 (水)20:52  
このレースにしては積極的に飛ばす馬が少なく、馬場も良かった。逃げ馬はギャラントアロー一頭のみ。それでも前日の知立特別が1分8秒1なら、1分7秒台の勝負が予想された。

レースは前半33.7、後半34.3のスロー気味のペースとなったものの、前を行くギャラントアローコパノフウジンは失速。その後ろの好位勢による決め手勝負となり、オレハマッテルゼラインクラフトの追い上げを凌いでタイトルを手にした。
3着争いは人気薄のプリサイスマシーンネイティヴハートが絡み注目されたが、先に抜け出したシーイズトウショウが踏ん張っていた。
比較的人気サイドで収まったものの、肝心の一番人気シンボリグランは前走に続きスムーズさを欠いて6着まで。
前半のペースが緩んだこともあり、時計自体は1分8秒0と平凡だった。
高松宮記念 [ ☆レース回顧 ]
|| マチカネ 06/03/30 (木)23:24  
デュランダルアドマイヤマックスなどの短距離戦線の牽引役となった競走馬が次々と引退したことで、主役不在の混戦模様となった06年の高松宮記念。
そして、結果も1、2着馬が1200m未経験というそれを象徴する結果となった。
オレハマッテルゼは初の重賞制覇がGIとなった。ポッカリと空いた内を突いて、直線半ばで仕掛けた。
抜け出すとソラを使うだけに仕掛けが早すぎたら、ラインクラフトに差されていたかもしれない。
柴田善臣騎手のソツのない好騎乗が光った。
ラインクラフトは休養明け考えれば、十分すぎる内容。勝ち馬との差は単に内と外の差だろう。
ヴィクトリアマイルの主役はこの馬だと思っていいだろう。
シンボリグランはスタートで出遅れ。直線でも前が詰まってしまう。それだけにまともに競馬をしたのは最後の200mくらいのものだろう。それでも追い込んで6着はキープしただけに本当に悔いの残る競馬となってしまった。

[0.07]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: