JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2006/ 6/25 宝塚記念 京都 芝2200 G1 3上国  13200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ディープインパクト

2002 鹿毛58 2. 13. 0 61 ----=======1317 745 抹消

ナリタセンチュリー

1999 鹿毛58 2. 13. 7 58 ----=======239 603 抹消
バランスオブゲーム

1999 鹿毛58 2. 13. 8 58 --====-----604 685 抹消

ダイワメジャー

2001 栗毛58 2. 14. 1 57 --======---926 605 抹消
カンパニー

2001 鹿毛58 2. 14. 1 57 --====-----906 776 抹消
トウカイカムカム

2001 栗毛58 2. 14. 4 57 ----=======43 217 抹消

ハットトリック

2001 青鹿58 2. 14. 6 56 --====-----178 155 抹消
[地] コスモバルク

2001 鹿毛58 2. 14. 8 55 ----====---440 1135 抹消

リンカーン

2000 鹿毛58 2. 15. 0 54 -----======561 734 抹消
10 チャクラ

2000 栗毛58 2. 15. 0 54 -----======236 449 抹消
11 ファストタテヤマ

1999 鹿毛58 2. 15. 0 54 ----=======403 811 抹消
12 シルクフェイマス

1999 鹿毛58 2. 15. 1 54 ----=======371 837 抹消
13 アイポッパー

2000 栗毛58 2. 15. 2 54 ------=====351 222 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
宝塚記念 [ ☆レース回顧 ]
|| ドラゴン 06/06/26 (月)01:23  
 ディープはやはり強い。こういう馬場で圧勝したことは意味があると思う。壮行レースとして今回宝塚記念に出たのだから凱旋門賞に万全の体調で臨んで欲しい。2着ナリタセンチュリーも実力馬の意地を見せた。さすがに全盛期のゼンノロブロイを破った力は本物ということだ。ディープは別格としてナリタセンチュリー自身は同じ舞台、同じ雨だった2005年の京都記念と同じ競馬をした形。秋天はチャンスだ。3着バランスオブゲームもこれまた今年の中山記念の再現を計った形。それにしてもこの馬はG1には届かないものの2歳時に重賞を勝ち、7歳の今年も宝塚記念3着と息の長い素晴らしい活躍ぶりだ。
 その他ではリンカーン9着には驚いた。レース後に騎手が重馬場は不得意と話していたがそれにしても負けすぎの印象。地元関西の中長距離のレースはベストの舞台だけに残念。ディープのいない秋天など秋のG1路線がますます大混戦になった。
宝塚記念 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 06/06/26 (月)23:19  
ディープインパクトの勝ち時計が2分13秒0、
2着馬のナリタセンチュリーが2分13秒7、

ハロンタイムは
12.8-11.3-12.1-11.9-12.1-12.7-12.4-11.9-11.3-12.3-12.2

馬場の発表は稍重だが、実質重馬場ともいえるかなり力を要する馬場状態だったことが推測され、その辺りの適正が明暗を分けた形となった。ディープインパクトの勝ち時計も優秀だが、ナリタセンチュリーの走破時計もそう混色なかった。

逃げたバランスオブゲームは他馬の追撃がありながら自分のペースでレースを進め、平均11秒から12秒と1200mで12.7秒と息を抜くとそのまま粘り込みを図る。普通なら勝っていた内容。しかしながら最後は後方3番手からジリジリ上り、大外から一気の脚で突き抜けたディープインパクトは、先行勢を見ながら直線内を付いて一気の脚で僅かながらバランスオブゲームを交わしたナリタセンチュリーを4馬身差をつけ圧勝。

コスモバルクは調教自体悪い印象はなかったが、マイナス10キロで出走して8着という結果を踏まえると、馬場や勿論、精神面での負担が大きかったのでないか。

リンカーンは9着、こちらは完全に馬場にやられた格好。前走良馬場の天皇賞レコードの反動が影響したのかもしれない。

今回のディープインパクトは“ただ強い”という表現より、“他馬の付け入る隙のない強さ”といったほうがいいのか、そんなレースだった。ただ天皇賞も宝塚記念も全力で走りきっている分、凱旋門賞へお釣りを減らしたことが心配である。万全な状態で出走してほしい。
宝塚記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 倫敦納豆 06/06/27 (火)00:26  
 バランスオブゲームが大外から一気にハナに立ち、それをシルクフェイマスダイワメジャーらが追いかける展開。リンカーンコスモバルクはその後にいる。後で2着に入るナリタセンチュリーは真ん中あたり、ディープインパクトは後ろから2番目。
 前半1000mは60秒を少し過ぎた程度で、M〜ややHペースか。ディープインパクトは今回は3コーナーの坂を下りたあたりから本格的に動き始め、4コーナーでは4〜5番手に。そのころ先行勢では、バランスオブゲームが抜け出し、ダイワメジャーがこれに続き、あとは後退を始めた。
 ディープインパクトは直線でバランスオブゲームを捕らえて1着。バランスオブゲームの失速もあって、追い込んだナリタセンチュリーが最後に2着に食い込んだ。

 ディープインパクトについては、毎回の圧勝で、もう特に書くこともない。凱旋門賞に向けて全力を出せるよう願う。
 ナリタセンチュリーは、距離、コース、重馬場に実績があり、普通なら買えた馬。前走天皇賞の大敗にどこまで目をつぶれるかがポイントだったのだろう。勝負が決まった後とはいえ、見事な末足であった。
 バランスオブゲームは、大外から無理やり先頭に立ったことで足を使いすぎ、最後の1ハロンの失速を招いたように見える。結果的に他馬はハナにこだわっていなかったことを考えると、内枠スタートならすんなり逃げられて、直線でもディープインパクトに抵抗できたか。

 さて、重馬場要員とみられた2頭が2、3着に入ったことで、やや重発表ながらも実質は重馬場だったとの意見も多いようだが、1着ディープインパクトは2分13秒0、2着ナリタセンチュリーは2分13秒7である。極端に遅いわけではない。
 ペースが異なるとはいえ、前日に同じ芝2200m(ただし良馬場)で行われた舞鶴特別(1000万下)の勝ちタイムが2分14秒1であり、このタイムから見る限り、実質もやや重と考えてよいように思う。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: