JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2006/11/12 エリザベス女王杯 京都 芝2200 G1 3上国牝 9000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


フサイチパンドラ

2003 栗毛54 2. 11. 6 64 --=====----330 617 抹消

スイープトウショウ

2001 鹿毛56 2. 11. 6 64 --=====----712 949 抹消

ディアデラノビア

2002 栗毛56 2. 11. 7 64 -=====-----303 417 抹消
アサヒライジング

2003 鹿毛54 2. 11. 7 64 --=====----221 288 抹消

アドマイヤキッス

2003 栗毛54 2. 12. 0 63 --====-----302 352 抹消
ソリッドプラチナム

2003 黒鹿54 2. 12. 1 62 --====-----82 238 抹消
サンレイジャスパー

2002 鹿毛56 2. 12. 2 62 --===------120 332 抹消

レクレドール

2001 黒鹿56 2. 12. 3 61 --====-----167 335 抹消

ヤマトマリオン

2003 鹿毛54 2. 12. 6 60 --=====----113 254 抹消
10 キストゥヘヴン

2003 鹿毛54 2. 12. 7 60 -=====-----288 241 抹消
11 ヤマニンシュクル

2001 黒鹿56 2. 12. 8 58 --====-----255 286 抹消
12 カワカミプリンセス

2003 鹿毛54 2. 11. 4 66 ---=====---299 559 抹消
13
シェルズレイ

2003 芦毛54 2. 13. 8 53 --=====----64 144 抹消
14
ウイングレット

2001 鹿毛56 2. 14. 0 52 --===------187 169 抹消
15
ライラプス

2002 栗毛56 2. 16. 3 41 -=====-----125 215 抹消
ヤマニンメルベイユ

2002 栗毛56 取消
--===------152 190 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| オギー 06/11/12 (日)22:46  
新旧女王対決が注目となったエリザベス女王杯カワカミプリンセスの圧勝かと思われたがまさかの降着。4コーナー手前でスイープに取りたかった進路をとられ、直線前が開きムチの瞬間の斜行、、カワカミの強さは認めるもののパトロールビデオで見るとあの斜行では降着も仕方がない。スイープの展開のなか、かわされなかったフサイチパンドラは立派ではあるが、無敗の変則三冠馬誕生かと思われた直後の降着、あの秋天の6馬身差圧勝メジロマックイーンが降着したのを思い起こさせるなんとも後味の悪いレースとなった。
エリザベス女王杯 [ ☆レース回顧 ]
|| 06/11/13 (月)03:21  
人気を集めたのは本田カワカミプリンセス、池添スイープトウショウスイープトウショウは心配されたゲートもすっと入り、まずは揃ったスタートとなった。ルメール騎乗のシェルズレイが押して押してハナに立ち、向こう正面では非常に縦長の展開。1000m通過は57秒台という超ハイペースの中、カワカミプリンセスは中団待機、それを見るようにスイープトウショウが構える。坂を上りきったあたりから先行勢が次々と失速、馬群はあっというまに先頭シェルズレイを飲み込みにかかる。直線、シェルズレイアサヒライジングに進路を阻まれそうになった本田カワカミプリンセスが間に強引に突っ込み、ヤマニンシュクルに接触。同馬は大きな不利を受けて一瞬立ち上がるようにして後退してゆく。カワカミプリンセスはそれを尻目に抜群の手ごたえで突き抜け、1馬身半の差をつけて圧勝のゴール。2位入線は追い込んだフサイチパンドラ、そして3番手には外からスイープトウショウが入った。
しかしレースは審議となり、最終的にカワカミプリンセスシェルズレイヤマニンシュクルの進路を妨害したとして12着に降着。今レースの勝利馬は、福永祐一騎乗のフサイチパンドラとなった。そして、「すべて自分のせい」と語った本田騎手には4日間の騎乗停止処分が決まった。G1レースでの降着処分は、91年メジロマックイーンに続き2回目。奇しくも、その時マックが進路妨害したプレジデントシチーに騎乗していたのは本田であった。
フサイチパンドラスイープトウショウが強いレースをしたことに間違いはない。だが、カワカミプリンセスはそれらを上回る脚で圧勝したように見え、またシェルズレイにもヤマニンシュクルにも最後の力は残っていなかったようにも思えた。
ラフな騎乗をした本田騎手にも責任の一端があるとは言え、なんとも後味の悪い結果となってしまった。

[0.11]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: