JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2006/12/24 ホープフルS 中山 芝2000 OP 2歳混  1600

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

ニュービギニング

2004 鹿毛55 2. 01. 1 54 ---====----35 186 抹消

サンツェッペリン

2004 鹿毛55 2. 01. 3 53 ---====----108 285 抹消
コーナーストーン

2004 鹿毛55 2. 01. 4 53 --===------4 136 抹消
クルサード

2004 鹿毛55 2. 01. 6 52 ---==------10 46 抹消
マイネルアナハイム

2004 鹿毛56 2. 01. 8 51 --====-----15 97 抹消
ダイレクトキャッチ

2004 黒鹿55 2. 01. 9 50 --===------40 196 抹消
ヒカルオオゾラ

2004 青毛55 2. 02. 0 50 --==-------50 139 抹消

センギョウシュフ

2004 鹿毛54 2. 02. 1 49 --===------2 22 抹消
ブラックオリーブ

2004 黒鹿55 2. 02. 2 49 --===------6 43 抹消
10 カレンナサクラ

2004 栗毛54 2. 02. 3 48 --===------2 93 抹消
11
コスモグルミット

2004 鹿毛55 2. 02. 3 48 ---====----0 24 抹消
12 インパーフェクト

2004 栗毛56 2. 02. 6 47 =====------26 63 抹消
13 (外) ダノンデインヒル

2004 鹿毛 55 2. 02. 7 46 --=--------0 4 抹消
14 ニシノプライド

2004 芦毛55 2. 04. 7 36 ====-------2 23 抹消
15 (地) ゴールデンジュビリ

2004 鹿毛55 2. 05. 1 34 --==-------0 20 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
ホープフルS [ ☆レース回顧 ]
|| 79 06/12/27 (水)22:50  
ディープインパクトの半弟ニュービギニングが後方一気で他馬を豪快に差しきった。
同じ日にターフを去った兄から弟へ、最強リレーのバトンタッチ…なんて話だとしたら、ちょっと出来すぎですが。

勝ちタイムに関して言えば、同日の新馬戦・未勝利戦よりも3秒以上速い好タイム。
しかし、上がりタイムを比較すると、兄ほど強烈な末脚でもって差しきったわけではないことが、はっきりとわかります。

ホープフルS 12.4 - 11.1 - 11.3 - 11.8 - 11.9 - 12.3 - 12.5 - 12.7 - 12.4 - 12.7 2:01.1
4R新馬   12.6 - 12.0 - 12.4 - 12.6 - 12.9 - 12.6 - 12.8 - 12.7 - 12.0 - 12.5 2:05.1
3R未勝利  12.9 - 11.4 - 12.6 - 13.1 - 12.5 - 12.5 - 12.6 - 12.0 - 12.1 - 12.7 2:04.4

4F 50.3 - 3F 37.8 最速上がり 35.6 ニュービギニング(1着)
4F 50.0 - 3F 37.2 最速上がり 35.9 ロックザキャスバ(5着)
4F 49.4 - 3F 36.8 最速上がり 35.8 ローランデザート(8着)ほか

他馬と比べても大差なく、レース全体の上がりは他のレースの方が上回っています。
破格の走破タイムの原因は、前半の異常なハイペースとみて間違いないでしょう。
前半1000m通過は58.5秒。前日の古馬準OPが58.3秒と、ほとんど同タイム。
しかも、後者は1800mのレースなのだから、2歳戦の2000m戦で、いかにめちゃめちゃなラップが刻まれていたか…
(過去10年のホープフルSを見ても、前半1000m1分切っているのは今回だけ)

これでは、前に行った馬が潰れ、後ろの馬が台頭するのは必然で、好タイムも当然。
出遅れて後方からの競馬だったニュービギニングには願ってもない展開になりました。

新馬ではスローペースを先行して押し切り、2戦目ではハイペースを後方待機から差しきるという、全く異なる競馬を見せ、
ほとんど追い込み一辺倒だった兄とは違った「良さ」を見せてくれたニュービギニングですが、
「兄から弟への最強リレー!」のバトンがつながったかどうかは現時点では判断し難く、
次走こそが、この馬にとっての試金石となるのではないかな、と思います。

2着以下の馬の評価も難しいですが、比較的前の方で競馬して、最後まで、ある程度粘った馬…
例えば、4着のクルサードや7着ヒカルオオゾラあたりは、次走で巻き返しがあるかもしれません。

[0.05]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: