JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2007/ 2/11 ダイヤモンドS 東京 芝3400 G3 4上国  4100

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


トウカイトリック

2002 鹿毛57 3. 30. 6 60 -------====478 1489 抹消

エリモエクスパイア

2003 鹿毛53 3. 30. 6 60 ---========69 217 抹消

アドバンテージ

2003 鹿毛52 3. 31. 3 58 ------=====14 45 抹消
(外) バイロイト

2001 鹿毛56.5 3. 31. 7 57 ----=======40 56 抹消
(地) ラヴァリージェニオ

1999 鹿毛53 3. 31. 9 55 ---========71 181 抹消

ターキー

2003 鹿毛49 3. 32. 0 55 ----=======0 28 抹消
チャクラ

2000 栗毛56 3. 32. 2 55 -----======236 578 抹消

グラスポジション

1999 鹿毛54 3. 32. 2 54 ----=======48 177 抹消
リキサンポイント

2003 青鹿52 3. 32. 2 55 =====------0 11 抹消
10
セレスステーラー

2003 栗毛51 3. 32. 2 55 -======----0 5 抹消
11 チェストウイング

2001 黒鹿55 3. 32. 3 55 ----=======41 106 抹消
12
ドリームパートナー

2000 鹿毛54 3. 32. 4 55 ---=====---0 24 抹消
13 アドマイヤフジ

2002 黒鹿57.5 3. 33. 4 52 ---====----373 177 抹消
14 ブリットレーン

1999 黒鹿52 3. 33. 7 49 ----=======17 90 抹消
15 (外) デイフラッシュ

2002 鹿毛52 3. 34. 5 47 --====-----19 5 抹消
メジロコルセア

2002 鹿毛51 取消
---========26 53 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
ダイヤモンドS [ ☆レース回顧 ]
|| 79 07/02/11 (日)22:55  
12.9 - 11.6 - 12.0 - 12.2 - 12.6 - 12.4 - 12.6 - 13.4 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.9 - 12.0 - 11.1 - 11.7 - 12.3

メジロコルセア取消で、先行争いは激化せず、外からリキサンポイントがすんなりハナにたち、アドバンテージが2番手。
離れた3番手エリモエクスパイア、さらに後方は離れて、最後方までずっと離れて縦長の隊列。1番人気トウカイトリックは後方インコースに陣取った。

直線に向くとリキサンポイントが失速、2番手アドバンテージがいったんは先頭に立つが、すぐさまエリモエクスパイアが内から鋭く伸びる。これで決まりかと思われたが、
後方からトウカイトリックが馬場の真ん中を通って一気に先頭に並びかけると、ゴール前わずかに交わして約1年3ヶ月ぶりの勝利を挙げた。
2着は軽量活かして善戦のエリモエクスパイア、3着も軽ハンデで先行して残ったアドバンテージ
万葉Sを勝って2番人気だったバイロイトは4着。実績馬アドマイヤフジは13着と惨敗。

ペースはスロー。また、この週は土日ともに、突如として06年春の「内を通った馬が残る馬場」が復活したようでした。極めて先行した馬が残りやすい状況ができあがっていました。
それだけに、2番目に重たいハンデを背負い、後方待機から前をまとめて差しきったトウカイトリックの力が際立ちました。
メンバーが軽かったということもありますが、天皇賞春に向けて視界が開ける勝利だったと言えるでしょう。

2着エリモエクスパイアは横山典騎手の巧騎乗。外枠にも関わらず、巧みに内にもぐりこみ、直線でもインを突いて抜け出した手綱捌きはお見事。
馬自身も、神戸新聞杯で世代上位と差の無い競馬をしていた馬で、これからオープンに上がって活躍の場がありそうです。
3着アドバンテージは展開も向きましたが、やはり血統的にこのくらいの距離が合っていたようです。バイロイトは前走から1.5kg増えた斤量が響いたか。

人気どころでは、アドマイヤフジはまだ復調途上、反対にチェストウイングは完全に調子落ち。ターキーは力不足もありますが、今日のような流れ・馬場で最後方からでは……。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: