JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2007/11/ 4 アルゼンチン共和国杯 東京 芝2500 G2 3上国  5800

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


アドマイヤジュピタ

2003 栗毛54 2. 30. 9 59 ----=======274 152 抹消

トウカイトリック

2002 鹿毛57.5 2. 31. 0 60 -------====478 506 抹消

リキアイサイレンス

2001 鹿毛52 2. 31. 1 57 ----====---15 230 抹消
ダンスアジョイ

2001 黒鹿54 2. 31. 1 58 ---=====---77 214 抹消

ヤマニンアラバスタ

2001 芦毛54 2. 31. 1 58 --=====----170 141 抹消

ハイアーゲーム

2001 青鹿56 2. 31. 4 57 ---=====---243 448 抹消

ショートローブス

2000 黒鹿52 2. 31. 5 56 ---=====---13 108 抹消
ネヴァブション

2003 黒鹿57.5 2. 31. 5 58 ----=======343 683 抹消
マキハタサイボーグ

2002 鹿毛53 2. 31. 8 55 ------=====70 300 抹消
10 カゼノコウテイ

2003 鹿毛52 2. 31. 9 54 -====------0 20 抹消
11
ゴーウィズウィンド

1999 黒鹿52 2. 31. 9 54 ----=======66 383 抹消
12 ダークメッセージ

2003 栃栗55 2. 32. 0 54 ---====----140 199 抹消
13 (地) トレオウオブキング

2001 鹿毛51 2. 32. 1 52 -=======---0 117 抹消
14
トウショウナイト

2001 栗毛58 2. 32. 1 55 -----======301 764 抹消
15 チェストウイング

2001 黒鹿54 2. 32. 2 53 ----=======41 220 抹消
16 テンジンムサシ

2001 鹿毛52 2. 32. 5 51 ----=======47 182 抹消
17
コスモプロデュース

2002 鹿毛53 2. 32. 8 50 ---=====---0 52 抹消
18 ブリットレーン

1999 黒鹿50 2. 33. 2 47 ----=======17 357 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
アルゼンチン共和国杯 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 07/11/06 (火)00:45  
実績順はトウカイトリックトウショウナイトネヴァブション
だが人気ではネヴァブションアドマイヤジュピタトウショウナイトの順であった。

タイム:2:30.9 秒
ラップ:7.3-11.2-11.3-11.6-12.4-12.1-12.3-12.7-12.6-12.2-11.5 -11.4-12.3
4F 47.4 / 3F 35.2

ペースを作ったのは大外枠のカゼノコウテイ。1.2コーナーで後続を引き離す。以下ペースが落ち着き、アドマイヤジュピタは離れた集団3番手でキープ。トウショウナイトがそれに続く。ハイアーゲームトウカイトリックヤマニンアラバスタコスモプロデュースが5番手集団。リキアイサイレンスチェストウイングが7.8番手。9番手以降にダンスアジョイマキハタサイボーグダークメッセージネヴァブションは後方から3番手で待機。馬群は離れず縦長でレースは流れる。直線手前でカゼノコウテイに各馬接近、馬群は広がっての瞬発力争いとなり、3番手待機のアドマイヤジュピタが最後まで後続を寄せ付けず、1着。2着トウカイトリック、3着リキアイサイレンス、以下ダンスアジョイヤマニンアラバスタまで接戦。
アドマイヤジュピタは前走1000万下の鳴滝特別を5馬身差で圧勝してここに望んだ。鳴滝特別は頭数が揃わず瞬発力争いとなったが、今回は後続に絡まれずそのまま瞬発力で押し切ったように、持久力よりも瞬発力が問われたレースで、初距離の牝馬のヤマニンアラバスタや、瞬発力勝負するハイアーゲームが来る理由になる。ネヴァブションは今回のような瞬発力向けのレースではなかった。
さて有力馬の見解だが、トウカイトリックは調教では動かなかったが、比較的前目の位置で粘りこんだ。ステイヤーズSに進めば最右翼の存在。ダンスアジョイは最速の末脚を披露したが、馬群を抜け出すのに手間が掛かった。オープン級であるが、血統面からいえばこれから上昇するのだろう。ネヴァブションは後方からジリジリとしか伸びなかった。現状は典型的なロングスパート脚質で、直線短い小回りコース向け。トウショウナイトは先行して失速、立ち直るのには時間がかかりそうだ。ダークメッセージは春は資質開花寸前だったが、現在は調子落ち。調子を取り戻すには一息入れる必要がありそう。
今後中長距離路線で顔を覗かせることになりそうな同レースだが、レースのレベルは高くない。実績馬がどこまでGI路線の連中と戦えるかがポイントとなりそうだ。トウカイトリックネヴァブションも内容は悪くなく、有馬記念に出走すれば優勝圏内はなくとも、馬券に入る余地はありそうだ。

1着 アドマイヤジュピタ (35.1)
2着 トウカイトリック (34.9)
3着 リキアイサイレンス (34.9)
4着 ダンスアジョイ (34.5)
5着 ヤマニンアラバスタ (34.9)
6着 ハイアーゲーム (35.3)
8着 ネヴァブション (35.0)
9着 マキハタサイボーグ (35.4)
12着 ダークメッセージ (35.5)
14着 トウショウナイト(36.2)

[0.13]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: