JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2008/11/ 1 スワンS 京都 芝1400 G2 3上国  6000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


マイネルレーニア

2004 栗毛57 1. 19. 9 64 -==--------187 473 抹消
ローレルゲレイロ

2004 青鹿57 1. 20. 0 63 ===--------466 783 抹消
ジョリーダンス

2001 芦毛55 1. 20. 1 61 -==--------211 737 抹消

スズカフェニックス

2002 栗毛58 1. 20. 2 63 ===--------351 769 抹消
ファイングレイン

2003 黒鹿59 1. 20. 3 62 ===--------285 532 抹消
タマモサポート

2003 鹿毛57 1. 20. 3 61 --===------145 237 抹消

トウショウカレッジ

2002 鹿毛57 1. 20. 4 62 ===--------153 598 抹消
(外) ファリダット

2005 青鹿56 1. 20. 4 61 ===--------223 849 抹消
カノヤザクラ

2004 栗毛56 1. 20. 6 60 ==---------286 565 抹消
10
レットバトラー

2002 鹿毛57 1. 20. 6 59 =====------10 138 抹消
11 (外) ステキシンスケクン

2003 鹿毛57 1. 20. 7 59 ===--------161 364 抹消
12 タマモホットプレイ

2001 栗毛57 1. 20. 7 58 ==---------246 914 抹消
13
トールハンマー

2000 鹿毛57 1. 20. 9 57 ===--------46 331 抹消
14 トーセンザオー

2000 芦毛57 1. 21. 1 57 =----------34 259 抹消
15 サブジェクト

2005 黒鹿56 1. 21. 2 56 ---==------47 42 抹消
16 [地] フサイチミライ

2003 栗毛55 1. 21. 5 53 ====-------0 340 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
スワンS [ ☆レース回顧 ]
|| 79 08/11/03 (月)10:35  
12.2 - 10.9 - 11.2 - 11.1 - 10.9 - 11.5 - 12.1 1:19.9 4F 45.6 - 3F 34.5

5番人気マイネルレーニアの逃げ切り勝ち。2歳11月に京王杯2歳Sの制覇以来、2年振りの重賞勝ちとなった。
2着には骨折休養明けのローレルゲレイロが3番手追走からそのまま残り、前残りの決着となった。
1番人気スズカフェニックスは差して届かず4着まで、短距離界の新星として期待され2番人気に推されたファリダットは8着に敗れた。

マイネルレーニアの逃げは前半3F34.3秒-4F45.4秒-56.3秒。
ここ数年のスワンSの時計と比べて遅いという訳でもなく、むしろ1000mの通過は2000年以降で最も速いタイム。
決して単純に先行有利という流れだったとは思えないのですが……。

1着マイネルレーニアはこれで2連勝。ポートアイランドS→スワンSの連勝は前年のスーパーホーネットと同じです。
単に展開に恵まれた訳ではなく、自らイーブンペースを作っての逃げ切り勝ち。素直に評価したいと思います。

2着ローレルゲレイロは高松宮記念以来約7ヶ月振り。久々なので無理して先頭争い争いはせず、番手からの競馬で2着を確保しました。
次に繋がる内容、ベストは1400という感じもしますが、あと1Fの距離延長でも力を出し切れれば。

3着以下は少しだらしない走り。
3着ジョリーダンスは京都での実績はありませんでしたが、ワンペースの緩み無い流れで力を発揮するタイプ。ただし、全盛期に比べるとややパワーダウンが否めません。

スズカフェニックスは中団から脚を伸ばすも4着まで。上がり3Fは34.1秒。
逃げたマイネルレーニアの上がりを0.4秒しか上回れなかったこの内容ははっきりと完敗。
07年の高松宮記念以来、長らく短距離界の中心にいた馬ですが、ちょっと翳りが……。

08年高松宮記念馬ファイングレインが5着。こちらも秋に復帰以降、内容一息。59kgという斤量を考えても、G1馬としては若干物足りない内容でした。

準OPを勝ったばかりながらも、スズカフェニックスと差のない2番人気に推されたファリダットは見せ場無く8着。
鞍上・武豊騎手がレース後に残したコメント「それにしても人気になりすぎですよ。これからの馬ですよ」。これが全てでしょう。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: