JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2009/ 2/ 7 エルフィンS 京都 芝1600 OP 3歳混牝 1900

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

レッドディザイア

2006 鹿毛54 1. 36. 0 44 --=====----299 325 抹消
ワイドサファイア

2006 鹿毛54 1. 36. 0 44 -====------34 92 抹消
チャームポット

2006 栗毛54 1. 36. 1 44 -===-------18 320 抹消
アイアムカミノマゴ

2006 鹿毛54 1. 36. 2 43 ===--------109 223 抹消
アイレンベルク

2006 鹿毛54 1. 36. 4 42 -==--------7 64 抹消
エリザベスムーン

2006 鹿毛54 1. 36. 6 41 --=--------0 54 抹消

ルナレーヴェ

2006 栗毛54 1. 36. 8 40 --==-------0 31 抹消
アディアフォーン

2006 黒鹿54 1. 37. 2 38 -==--------10 61 抹消
[地] ダイナマイトボディ

2006 青鹿54 1. 37. 2 38 =====------0 197 抹消
10
メイショウカガリビ

2006 黒鹿54 1. 37. 4 37 -===-------0 15 抹消
11 ラブチャーミー

2006 鹿毛54 1. 37. 4 37 =----------2 23 抹消
12 [地] ニュースターガール

2006 黒鹿54 1. 38. 2 33 ===--------0 82 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
エルフィンS [ ☆レース回顧 ]
|| 09/02/10 (火)01:30  
レースは牝馬戦によくみられるスローの上がり勝負の展開。しかし、アイアムカミノマゴが逃げる展開から始まりゴール前の逆転劇まで何かと印象的なレースになった。
やはり特筆すべきはレッドディザイアの勝ちっぷりだろう。4角時点では内目で前も開かず反応もあまり良くない、そんな状態から残り200前後でやっと前が開くとそこから怒涛の追い込みで僅かの差ながら差しきって見せた。レースの上がり最後の1Fが12.0と他の馬がばてたという側面は否定できないが、自身の非凡ぶりをアピールするには非常に効果的な勝ち方であった。勝ちタイムは同日未勝利戦よりも悪いが、展開が展開だけにあまり気にする必要は無いか。展開に左右されそうな感じではあるが、末脚と勝負根性どちらも素晴らしいものを持っており、キャリアの浅さも相まってクラシック戦線でも活躍が期待できそうな逸材が現れた。
ワイドサファイアは完全に勝ちパターンの競馬だったが、あれで負けてしまっては元も子もない。レッドディザイアとのレースにおける差はわずかでも、実力差で言えばかなり開きがありそう。自分の競馬を見つけることは出来たのは収穫だったが、ことクラシック戦線に関しては厳しい状況が続いていると見ていいだろう。
チャームポットは前走と同じ上がり3F34.9であり、上がり勝負は厳しいのかもしれない。先手を取って自分である程度速い流れを演出したいところだ。
アイアムカミノマゴは、結果的には今の京都の馬場が前に行く馬にとって有利に働かなかったという事か。ただ、自在性が見られたのは好材料だろう。
エリザベスムーンは馬体減が響いたか、見せ場を作れずじまい。とにかく馬体回復に努めて欲しい。
アディアフォーンは全くいいところなし。血統的には距離延長がダメとは到底思えないが……。

[0.08]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: