JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2009/ 3/ 7 オーシャンS 中山 芝1200 G3 4上国  4100

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

アーバニティ

2004 黒鹿56 1. 09. 2 54 ==---------118 615 抹消
(外) コスモベル

2004 鹿毛54 1. 09. 3 52 ==---------62 577 抹消
(外) アポロドルチェ

2005 青鹿56 1. 09. 3 53 ===--------131 603 抹消

ソルジャーズソング

2002 栗毛56 1. 09. 3 53 ==---------52 451 抹消
(外) サープラスシンガー

2004 鹿毛56 1. 09. 4 53 ==---------122 410 抹消
(外) モルトグランデ

2004 鹿毛56 1. 09. 4 53 ==---------93 647 抹消
コレデイイノダ

2000 鹿毛56 1. 09. 4 53 ==---------12 394 抹消
サンダルフォン

2003 鹿毛56 1. 09. 5 52 ==---------135 721 抹消

アポロフェニックス

2005 黒鹿56 1. 09. 5 52 ==---------108 571 抹消
10 (外) キンシャサノキセキ

2003 鹿毛57 1. 09. 5 52 ===--------739 1242 抹消
11 ヘッドライナー

2004 鹿毛56 1. 09. 6 51 ==---------125 566 抹消
12
アイルラヴァゲイン

2002 鹿毛56 1. 09. 7 50 ===--------286 1093 抹消
13 プレミアムボックス

2003 鹿毛57 1. 09. 8 50 ==---------175 646 抹消
14 タマモホットプレイ

2001 栗毛57 1. 09. 8 50 ==---------246 1149 抹消
15 マチカネハヤテ

2005 鹿毛54 1. 10. 8 40 ==---------0 152 抹消
16
コパノフウジン

2002 栗毛56 1. 11. 0 40 ==---------124 610 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
オーシャンS [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 09/03/09 (月)00:25  
2回中山3日目の芝は重で始まり、メイン時には稍重に。馬場差が何とも読みづらいが、だいたいマイルで+1秒といったところか。
それを考えると逃げたサープラスシンガーの前半3ハロン33秒5はまずまず速い。とはいえ行き切ってナンボのタイプでこの展開は予想された通り。しかし意外だったのは、元来掛かり癖が最大の課題と言われていたキンシャサノキセキが気合をつけながら2番手につけたことだった。人気の2頭が先頭2番手となって、各馬当然前掛かり気味。速い流れでも4コーナーで一団となって直線に向く。
このコンディションだから余程の重巧者でない限りズバッとキレる馬などおらず、直線は泥仕合のようになって全馬殺到。坂があるとはいえ最後の1ハロンが12秒7も掛かったように、みんな半分脚が上がりかけていた。こうなると強いのはやはりインでロスなくさばいて余力を残していた組。結論ラチ沿いを中団で我慢したアーバニティが直線抜け出し、その一歩前でジワッと乗ったコスモベルがしぶとく2着に頑張った。
対照的に3・4着のアポロドルチェソルジャーズソングは枠もあって内に入ることができず、4コーナーで大外へ振り回された。特に重巧者のアポロドルチェは坂を上がって猛然と追い込んだが、わずかに届かず。枠順とコース取りが上位勢の僅差にそのまま現れる格好となった。
しかし改めて結果を見直せば、人気を裏切って10着惨敗のキンシャサノキセキでさえ勝ち馬とはわずか0.3秒差、14着タマモホットプレイまでが0.6秒差以内で走っている。馬場適性や枠順、位置取りが着順に大きく影響しただけに、本番の高松宮記念に直結するかと問われると、?としか言い様がない。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: