JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2009/ 4/ 5 産経大阪杯 阪神 芝2000 G2 4上国  6400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

ドリームジャーニー

2004 鹿毛57 1. 59. 7 60 ----====---828 953 抹消
ディープスカイ

2005 栗毛59 1. 59. 7 61 --=====----578 570 抹消
カワカミプリンセス

2003 鹿毛55 2. 00. 0 58 ---=====---299 519 抹消
アドマイヤフジ

2002 黒鹿57 2. 00. 0 59 ---====----373 922 抹消
ダイシングロウ

2004 黒鹿57 2. 00. 1 58 --=========46 317 抹消

シャドウゲイト

2002 黒鹿58 2. 00. 4 57 ---===-----208 857 抹消

マツリダゴッホ

2003 鹿毛58 2. 00. 4 57 ----====---586 556 抹消
サンライズマックス

2004 黒鹿57 2. 00. 5 57 ---========203 486 抹消

マストビートゥルー

2003 栗毛57 2. 00. 6 56 --===------59 266 抹消
10
アグネストレジャー

2002 黒鹿57 2. 01. 0 55 ---===-----10 272 抹消
11
ヴィクトリー

2004 鹿毛58 2. 01. 2 54 ----===----165 373 抹消
12 サザンツイスター

2000 黒鹿57 2. 01. 4 53 ---=====---15 170 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
産経大阪杯 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 09/04/05 (日)23:42  
週末に大雨の影響で、時計が掛かっていた阪神競馬場。
ディープスカイが単勝1.7倍で、マツリダゴッホドリームジャーニーが6倍台、カワカミプリンセスが10倍。

ラップ:12.6 - 11.5 - 11.9 - 11.9 - 12.1 - 12.8 - 12.1 - 11.9 - 11.2 - 11.7

先手を取ったのはヴィクトリー、そのまま後続を5馬身引き離す。2番手がアドマイヤフジマストビートゥルーマツリダゴッホシャドウゲイトらが先行。中団にサンライズマックスディープスカイドリームジャーニーダイシングロウ。最後方からカワカミプリンセスヴィクトリーのリードは3.4コーナーで一気に詰めれて、2番手アドマイヤフジディープスカイ、それをマークするドリームジャーニー。直線ではディープスカイドリームジャーニーのマッチレースの様相となり、クビ差でドリームジャーニーが制した。ディープスカイは2着、最後方から飛んできたカワカミプリンセスが2馬身差の3着。差が無くアドマイヤフジ

1着のドリームジャーニーは速めのレースを心がけるディープスカイの直後につけて徹底マーク。直線の叩き合いも制した。勝因を探せばコーナー4つある小回り直線短いコースでの瞬発力勝負という得意分野で勝ったこと。昨年末より使い続けたアドバンデージもあるだろうが、前者の印象が強い。次にどこ向かうかは不明だが、小回り金鯱賞辺りなら好勝負か。安田記念の2コーナーの600m直線競馬は苦手。

2着のディープスカイは速めのレースを心がけたが、1着馬の得意分野に負けた印象が強い。内容は悪くないし、斤量59キロも関係ないと思う。ただ、直線貯めるだけ貯めて弾けるレーススタイルを得意とするだけに、今回の敗退は致し方なし。次が安田記念でも問題なく好勝負できるだろう。筆者個人として難癖つけるなら、ジャパンカップ後に何故リフレッシュ放牧に出せなかったのか?少なくとも時間の余裕があるし、調整も万全で出走できたはず。どうしてもこの辺りが気になる。

3着のカワカミプリンセスは最後方から直線のみの末脚勝負。残り200mから徐々にピッチが上がって一気に加速。粘るアドマイヤフジを寸前で交わしたが、1.2着馬とは2馬身差であった。上がり3ハロンも最速(33.8)。末脚勝負なら抜けていると思うが、有力牡馬とやり合うには何か足りない。

4着のアドマイヤフジヴィクトリーのペースに従順に付いて行き、粘り通した。この形なら崩れないが、GI上位クラスと戦うにはやはり力不足か。

5着のダイシングロウは末脚勝負したが、ジリジリしか伸びず。カワカミプリンセスの末脚の加速力にも負けた。調子を取り戻しているのは事実で、新潟大賞典辺りなら好勝負か。

7着のマツリダゴッホは瞬発力勝負に比重したレースになると脆い。折り合い欠いたのも影響しているが、ロングスパート脚質の同馬では今回ばかりは全くレースになっていない。

一部人気になっていたサンライズマックスは実力不足。鞍上で何とかしたかった思いもあるだろうが。
ヴィクトリーは距離を長くしたほうが良い。2200m〜2500mぐらい。ただ、目黒記念辺りは微妙。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: