JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2009/ 8/23 札幌記念 札幌 芝2000 G2 3上国  7000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ヤマニンキングリー

2005 栗毛57 2. 00. 7 55 ---==------289 857 抹消
ブエナビスタ

2006 黒鹿52 2. 00. 7 53 --======---1299 1105 抹消

サクラオリオン

2002 黒鹿57 2. 00. 8 55 ---==------114 508 抹消
マンハッタンスカイ

2004 黒鹿57 2. 00. 8 55 ---=====---179 784 抹消
トーセンキャプテン

2004 鹿毛57 2. 00. 9 54 --=====----122 322 抹消
ブラックアルタイル

2002 黒鹿57 2. 01. 2 53 ----====---32 237 抹消

ドリームサンデー

2004 青毛57 2. 01. 2 53 ---==------95 471 抹消
マイネカンナ

2004 栗毛55 2. 01. 2 52 =====------67 224 抹消

マツリダゴッホ

2003 鹿毛57 2. 01. 3 53 ----====---586 556 抹消
10 シェーンヴァルト

2006 黒鹿54 2. 01. 4 51 --=====----76 301 抹消
11
シャドウゲイト

2002 黒鹿57 2. 01. 5 52 ---===-----208 857 抹消
12 マヤノライジン

2001 鹿毛57 2. 02. 2 49 --===------194 732 抹消
13
フミノサチヒメ

2003 栗毛55 2. 02. 3 47 ====-------10 56 抹消
14
ミヤビランベリ

2003 栗毛57 2. 02. 4 48 ----====---251 378 抹消
15 タスカータソルテ

2004 黒鹿57 2. 02. 5 47 ----==-----205 538 抹消
16 (外) ステキシンスケクン

2003 鹿毛57 2. 05. 0 36 ===--------161 89 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
札幌記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 09/08/23 (日)23:29  
ドリームサンデーがかなり気合をつけて先行したため、緩みのないペースで進むことに。開催10週目であり、午前中は雨もぱらついたことを考えれば、なかなか厳しい展開になった。終いの1ハロンも12秒5とかなり掛かっており、道中最後方近いところにいた馬の中から3頭が掲示板にインしたことを考えると、脚をなし崩しに使わされた中団グループが一番苦しく、実際の着順としても壊滅状態に。
そんな中、ヤマニンキングリーは好スタートからすぐにインの3番手をキープして、道中ジッとして動かず、直線前が開くと鋭く反応してブエナビスタの追撃を振り切った。マイナス20キロの馬体重が発表されるとみるみる人気が下がったが、結果としてはむしろ冬場が少し太く、夏になってきっちり仕上げた結果がこうだったのかもしれない。ずば抜けて切れる脚があるタイプではないが、小回りコースでの機敏な動きを武器にしており、今日はその持ち味が最大に生きる展開となった。
ブエナビスタはおそらくデビュー以来最高のスタートを切ったが、どこかイラついていて、序盤は結構行きたがっていた。直線まで悠然と構えるのではなく、3コーナー過ぎでマツリダゴッホの動きについていったが、やはりガツンとエンジンが掛かるタイプではないので差がジリジリとしか詰まらない。各馬の脚が上がったラスト1ハロンではやはり脚を伸ばしたが、今日は前を捕まえ切れなかった。様々な要因が重なったもので、何が敗因かと特定するのは難しいが、やはり小回りコースは適性外という印象で、形状の似ている京都内回りの2000mで行われる秋華賞では、意外と危ないかもしれない。
サクラオリオンは勝った函館記念と同じく、今日も序盤は行きっぷりが悪かった。秋山騎手が結構気合をつけて追走している。それでも4角〜直線でところどころ狭くなり、ほとんどムチが使えない状況ながらも最後はいい伸び脚を見せた。
マンハッタンスカイはやはり自分の形で先頭2番手だとしぶとい。多少の厳しいペースは頑張ってしまう良さが出た。
マツリダゴッホはやはり体調一息という印象。インで脚を溜めたいタイプでもあり、外枠はあまり良くない。ミヤビランベリの大敗はよく分からない。4コーナーでもうガソリン切れだった。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: