JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2009/10/ 4 スプリンターズS 中山 芝1200 G1 3上国  9500

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

ローレルゲレイロ

2004 青鹿57 1. 07. 5 63 ===--------466 762 抹消

ビービーガルダン

2004 青鹿57 1. 07. 5 63 ==---------256 940 抹消
カノヤザクラ

2004 栗毛55 1. 07. 7 60 ==---------286 907 抹消

アイルラヴァゲイン

2002 鹿毛57 1. 07. 8 60 ===--------286 1093 抹消
アルティマトゥーレ

2004 鹿毛55 1. 07. 8 59 ==---------130 437 抹消
トレノジュビリー

2003 鹿毛57 1. 07. 8 60 ===--------27 283 抹消
アーバニティ

2004 黒鹿57 1. 07. 8 60 ==---------118 615 抹消
マルカフェニックス

2004 栗毛57 1. 07. 8 60 ===--------198 575 抹消
サンダルフォン

2003 鹿毛57 1. 07. 8 60 ==---------135 721 抹消
10
ソルジャーズソング

2002 栗毛57 1. 07. 9 60 ==---------52 451 抹消
11 プレミアムボックス

2003 鹿毛57 1. 07. 9 60 ==---------175 646 抹消
12 (外) キンシャサノキセキ

2003 鹿毛57 1. 07. 9 60 ===--------739 1242 抹消
13
グランプリエンゼル

2006 栃栗53 1. 08. 0 56 ===--------199 745 抹消
14 (外) アポロドルチェ

2005 青鹿57 1. 08. 0 59 ===--------131 603 抹消
15
ヤマニンエマイユ

2003 鹿毛55 1. 08. 1 57 ===--------72 329 抹消
16 [外] シーニックブラスト Scenic Blast

2004 黒鹿57 1. 08. 6 54 =----------0 327 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
スプリンターズS [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 09/10/05 (月)13:53  
今週末までグッドコンディションで行われた中山の芝。個人の感覚ではスピード優先で、2歳戦においてはスピードについていけず故障・脱落者が目立った。人気のほどではビービーガルダンアルティマトゥーレが人気を集め、3番人気にオーストラリアのシーニックブラスト

ラップ:11.9 - 10.2 - 10.8 - 11.2 - 11.5 - 11.9

スタートが切られると全馬難なくゲートを出る。先頭争いは手綱を扱いてローレルゲレイロが奪う。以下、アルティマトゥーレアーバニティアイルラヴァゲインビービーガルダン。中団にキンシャサノキセキシーニックブラストグランプリエンゼル。後方に構えてカノヤザクラ。直線では全馬一群となっての叩き合い。先頭のローレルゲレイロのリードは1馬身差で、各馬ジリジリと追い詰めていく。馬群の外からビービーガルダンローレルゲレイロを追い詰めていき、ゴール直前で捉えた。3着にはカノヤザクラ、以下アイルラヴァゲインアルティマトゥーレ

1.2着馬の長い写真判定は13分間続き、その決着はローレルゲレイロビービーガルダンをハナ差1センチで制した。96年のフラワーパークエイシンワシントン以来の長い写真判定となった。

ローレルゲレイロは休み明けの状態は最悪。見た目ほど変わった様子はなかったが、中身が変貌。放牧先で体重を減らした影響を数週間で取り戻した。以前にもましてテンのスピードに掛ける面は否めないが、今回はすんなり先手取れたことが直接の勝因だろう。
ビービーガルダンにしてもなるべく馬群を避けつつ、ロスのないレースで進めたが、極限のスピード決着では追い上げるほうが苦しい立場。最後の最後で詰めの甘さが出た。
先に述べた通り、今回のレースは極限のスピード決着で、後方から追い上げるには辛い流れ。唯一3着に入ったカノヤザクラは追走せず後方で末脚勝負に賭けた。なおブービーのシーニックブラストは途中で躓くアクシデントがあったが、日本の高速馬場に対応しきれなかった様子。キンシャサノキセキは折り合いに苦しみチグハグな競馬で、幾分距離延長で何とかできないものか。グランプリエンゼルは古馬とやり合うにはまだ力不足。今後の成長次第か。

[0.07]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: