JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2009/11/ 8 アルゼンチン共和国杯 東京 芝2500 G2 3上国  5800

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ミヤビランベリ

2003 栗毛57.5 2. 30. 9 59 ----====---251 258 抹消

アーネストリー

2005 鹿毛55 2. 31. 1 57 ----====---494 338 抹消
ヒカルカザブエ

2005 黒鹿56 2. 31. 3 56 ----=======41 134 抹消
サンライズマックス

2004 黒鹿57.5 2. 31. 3 57 ---========203 89 抹消
ジャガーメイル

2004 鹿毛57 2. 31. 4 56 ------=====386 706 抹消

トウカイトリック

2002 鹿毛57 2. 31. 4 56 -------====478 506 抹消

モンテクリスエス

2005 鹿毛56 2. 31. 5 56 -----======184 420 抹消

ハイアーゲーム

2001 青鹿56 2. 31. 6 55 ---=====---243 448 抹消
トーホウアラン

2003 栗毛57.5 2. 31. 7 55 ----===----194 144 抹消
10 トウショウウェイヴ

2005 黒鹿55 2. 31. 9 53 ---====----47 74 抹消
11 ダンスアジョイ

2001 黒鹿56 2. 32. 1 53 ---=====---77 214 抹消
12 スマートギア

2005 栗毛56 2. 32. 1 53 ---====----175 227 抹消
13
エアジパング

2003 鹿毛56 2. 32. 1 53 ----=======124 316 抹消
14 ヴィーヴァヴォドカ

2006 黒鹿50 2. 32. 1 51 --=====----38 14 抹消
15 ハギノジョイフル

2004 鹿毛52 2. 32. 2 51 ----====---15 194 抹消
16 エフティマイア

2005 鹿毛53 2. 32. 2 51 =======----145 72 抹消
17 トーセンキャプテン

2004 鹿毛57 2. 32. 2 53 --=====----122 116 抹消
18
ブレーヴハート

2002 黒鹿54 2. 32. 4 51 ---========38 88 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
アルゼンチン共和国杯 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 09/11/08 (日)22:47  
京都大賞典の上位1番人気はジャガーメイル、2番人気スマートギアの2頭に集中。

ラップ:7.3 - 11.4 - 12.1 - 12.5 - 12.5 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 11.0 - 11.8 - 11.9

スタートが切られると積極的に前々に進む馬は皆無。内のミヤビランベリが後続を確認しつつ、先頭をキープ。続くのがアーネストリーハイアーゲームヴィーヴァヴォドカ。離れてモンテクリスエスエアジパングトーホウアランスマートギアトウカイトリックサンライズマックスエフティマイアブレーヴハートトウショウウェイヴハギノジョイフルヒカルカザブエジャガーメイルトーセンキャプテンダンスアジョイが続く。隊列はそのまま。3.4コーナーで先頭のミヤビランベリアーネストリーハイアーゲームが取り付き、直線ではそのままこの先頭3頭の争い。後続もスマートギアを筆頭に追い上げる。直線の争いはミヤビランベリアーネストリーとの争いとなり、アーネストリーが脱落してミヤビランベリが先着。3着にヒカルカザブエが追い込んだ。

1着ミヤビランベリは激しい先頭争いになることなく自分のペースで逃げ切った。休み明けではあったが、後続が前を意識しなかった展開が味方した。しかし、それ以上に力を付けている。オペラハウスメイショウサムソンのように先行できる差し脚を覚えると強い。
2着アーネストリーも同様。しかし、直線で力比べで負けたのは現状の力の差だろう。此方は展開が向いたというのが大きい。
3着ヒカルカザブエは後方一気で激しい着争いを制した。先行している馬を追いかけるほうがバテて、無理しなかった馬が有利な形。特にスマートギアに関しては早仕掛けが祟って大敗。この馬は自分で動くと絶対駄目な馬だろう。ジャガーメイルも後方一気なのだが、道中の手応えが悪い。現状の力関係ではGIどころではなくなった。そのジャガーメイルは次走香港ヴァーズになると思うが、次使うレースが限られてしまう現状から、オープンの1勝でも勝たない限りは次のステップには進めないと思う。

[0.10]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: