JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2010/ 3/ 7 弥生賞 中山 芝2000 G2 3歳国  5400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

ヴィクトワールピサ

2007 黒鹿56 2. 06. 1 46 ---=====---544 483 抹消
(外) エイシンアポロン

2007 栗毛56 2. 06. 2 46 --===------278 286 抹消
ダイワファルコン

2007 鹿毛56 2. 06. 5 45 --====-----197 604 抹消
ダイワバーバリアン

2007 鹿毛56 2. 06. 6 45 --===------93 147 抹消

コスモヘレノス

2007 鹿毛56 2. 07. 2 43 ---========105 124 抹消
ベストブルーム

2007 鹿毛56 2. 07. 2 43 -====------0 56 抹消
トーセンアレス

2007 鹿毛56 2. 07. 2 43 --====-----27 238 抹消
マコトヴォイジャー

2007 鹿毛56 2. 07. 2 43 ======-----5 68 抹消
(外) ミッションモード

2007 栗毛 56 2. 07. 4 42 ---=====---0 121 抹消
10 [地] ビッグバン

2007 鹿毛56 2. 07. 5 42 --==-------4 105 抹消
11 アドマイヤテンクウ

2007 鹿毛56 2. 07. 8 41 ---========22 162 抹消
12 スマートジェネシス

2007 青鹿56 2. 07. 9 41 ---==------0 76 抹消
13 アースステップ

2007 鹿毛56 2. 09. 0 38 --===------8 58 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
弥生賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 10/03/07 (日)23:22  
トライアルレースらしいが、前半1000m通過が1分3秒6と重馬場を加味してもスローペース。それもあり、勝ちタイム2分6秒1は不良馬場でアグネスタキオンが勝った際の2分5秒7を下回る、弥生賞史上2番目に遅いタイムとなった。
勝ったヴィクトワールピサは道中中団内を進んだが、4角ではなかなか進路が開けずに後ろまで下がってしまった。しかし、そこからは前が開くまでじっと堪えて、エイシンアポロンが抜け出した時点でようやくスパート、エイシンアポロンを並ぶ間もなく抜き去り、着差以上の内容でトライアルとしては申し分無い内容だった。前目の競馬でも後からの競馬でもこなし、今回小回りも対応した器用な面を見せた。ただ、世間では「ローズキングダムを抜いてクラシック候補1番手」などという論調も一部見られるが、直接対決で敗退している上、エイシンアポロンにつけた着差でいってもローズキングダムの優位は変わらない。勿論相手の前哨戦の内容次第だが、今回の勝利で力関係が逆転したとするのは早計。
エイシンアポロンも完敗したとはいえ3着以下には2馬身近く差をつけており、力のあるところを見せ付けた。父系はスピードに長けるが、母父Sadler's Wellsから十分なスタミナを受け継いでおり、2000mも全く問題は無かった。先行馬に有利な事が多い皐月賞では展開一つで勝ち馬への逆転もあるかもしれない。
ダイワファルコンは1,2着馬との力差は歴然だったが、実績の割には頑張ったと言える。正直レース前は全く注目していなかったが、母ダイワルージュというスカーレット一族の馬、こういうタフな舞台でも対応できるという事なのだろう。陣営としては良血の血が騒ぐ所を期待したいところか。
ミッションモードは父Galileoという血統背景や前走やや重で快勝の評価で穴人気したが、純粋に力が足りなかったという事か。アドマイヤテンクウは、鞍上は馬場を敗因としたが、それ以上に-20kgという馬体が響いた事は間違いない。皐月には黄信号が灯っただけに、これからの動向が注目される。

[0.06]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: