JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2011/12/25 有馬記念 中山 芝2500 G1 3上国  20000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

オルフェーヴル

2008 栗毛55 2. 36. 0 43 ----======-1215 1007 抹消

エイシンフラッシュ

2007 黒鹿57 2. 36. 1 43 ----====---691 905 抹消
トゥザグローリー

2007 鹿毛57 2. 36. 1 43 ----====---445 804 抹消
ルーラーシップ

2007 鹿毛57 2. 36. 2 43 ----====---526 952 抹消
トーセンジョーダン

2006 鹿毛57 2. 36. 3 42 ----====---659 865 抹消
ヒルノダムール

2007 鹿毛57 2. 36. 4 42 ----=======373 273 抹消
ブエナビスタ

2006 黒鹿55 2. 36. 5 41 --======---1299 1106 抹消
ヴィクトワールピサ

2007 黒鹿57 2. 36. 5 42 ---=====---544 589 抹消
レッドデイヴィス

2008 鹿毛55 2. 36. 5 41 --====-----158 108 抹消
10
アーネストリー

2005 鹿毛57 2. 36. 6 41 ----====---494 338 抹消
11 ジャガーメイル

2004 鹿毛57 2. 36. 8 40 ------=====386 706 抹消
12 ローズキングダム

2007 黒鹿57 2. 37. 1 39 ----===----658 618 抹消
13 キングトップガン

2003 鹿毛57 2. 37. 4 38 ---=====---116 277 抹消
ペルーサ

2007 栗毛57 取消
----====---276 464 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
有馬記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 倫敦納豆 11/12/29 (木)01:22  
 人気はオルフェーヴル(2.2倍)、ブエナビスタ(3.2倍)、トーセンジョーダン(9.3倍)とここまで10倍以内、以下ヴィクトワールピサアーネストリーレッドデイヴィスと続く。

 6.8-12.0-12.4―12.1-13.1-14.4-14.3-13.0―12.0-11.9-11.4-11.3-11.3

 先行馬はいても明確な逃げ馬はいない。スタートして先頭に立ったのはアーネストリーだった。他に誰も逃げたがらなかったとはいえ、ここから3〜4角を回るまでは、特別に遅いペースではなかった。だが最初の直線に入ったあたりから猛烈なスローペースとなる。
 アーネストリーの後にヴィクトワールピサ、その後ろに内にブエナビスタ、外にトーセンジョーダン。続いてエイシンフラッシュヒルノダムールレッドデイヴィストゥザグローリーキングトップガン、さらにジャガーメイルローズキングダムときて後ろから2番手にオルフェーヴル、最後方にルーラーシップである。1〜2角は1ハロン14秒台ペースだった部分なのだが、先頭と2番手は2〜3馬身ほどの差がある。
 さすがに遅すぎると思ったか、向正面に入って少しペースが上がる。しかし残り1200mを過ぎたあたりから2番手のヴィクトワールピサが先頭に並びかけそうになり、後続も徐々にペースを上げて前との差を詰めようとする。オルフェーヴルはまだ後ろから4番目だが、3角から外を回って追い上げる。
 コーナーの内外差を利用してアーネストリーがリードを奪うが、直線入り口あたりから猛烈なスパート合戦となる。アーネストリーに迫るヴィクトワールピサ。その後ろにエイシンフラッシュトーセンジョーダンオルフェーヴルが来るが、トーセンジョーダンの勢いが弱い。外から伸びていくオルフェーヴルに最後まで抵抗したのはエイシンフラッシュだったが、ゴール直前の数十mでオルフェーヴルがジワリと差をつけて先頭でゴールした。

 遅いペースなのに前残りが少なかった今回のレースをどう分析すべきなのかはよくわからない。だがさすがに、オルフェーヴルがペースに恵まれたことはなかったのではないか。根拠は、第一に勝負所で外を回って距離をロスしている点、第二に最後の1ハロンで(上り坂なのに)減速していないことから、脚を余し気味だったと考えられる点である。
 ディープインパクトは三冠直後の有馬記念を負けたことから、その時点では「現役日本馬最強」を証明できなかった。あくまでファンの憶測レベルだが、4歳春に国内戦に専念したのはそのことが一因だったのではないかと言われていた(もっとも倒された相手のハーツクライが海外遠征したため、直接対決で借りを返すのは秋まで先延ばしになるのだが)。その意味では、オルフェーヴルは今回の勝利で強い立場を手に入れたことになる。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: