JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2012/ 8/19 札幌記念 札幌 芝2000 G2 3上国  6500

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

フミノイマージン

2006 鹿毛55 1. 58. 7 63 -====------238 490 抹消
ダークシャドウ

2007 栗毛57 1. 58. 8 63 ---=====---336 941 抹消
ヒルノダムール

2007 鹿毛57 1. 58. 9 63 ----=======373 575 抹消
ハナズゴール

2009 栗毛52 1. 59. 0 60 -=====-----130 236 抹消
ネオヴァンドーム

2007 鹿毛57 1. 59. 2 61 --===------114 321 抹消
レジェンドブルー

2006 鹿毛55 1. 59. 3 60 ---==------3 264 抹消
ミッキーパンプキン

2006 鹿毛57 1. 59. 5 60 --===------110 531 抹消

マイネルスターリー

2005 鹿毛57 1. 59. 6 59 ---==------138 773 抹消

アリゼオ

2007 黒鹿57 1. 59. 7 59 ---==------155 273 抹消
10
フジマサエンペラー

2009 黒鹿54 1. 59. 7 58 ---====----19 87 抹消
11 ヒットザターゲット

2008 栗毛57 1. 59. 8 58 ----====---339 835 抹消
12 ネヴァブション

2003 黒鹿57 2. 00. 0 57 ----=======343 677 抹消
13
アクシオン

2003 鹿毛57 2. 00. 6 54 ---=======-152 577 抹消
14 ロジユニヴァース

2006 鹿毛57 2. 04. 3 36 ---====----296 319 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
札幌記念 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 12/08/19 (日)21:03  
夏競馬の7月から8月中、唯一のGIIである札幌記念。来年はスタンド新設のため札幌競馬場は2年間の休みとなる。1週前に天皇賞馬トーセンジョーダンが裂蹄で回避、そのトーセンジョーダンの対抗格として挙げられたダークシャドウが圧倒的1番人気となり、2番人気のヒルノダムールとはオッズが離れた。続くのがヒットザターゲットフミノイマージンだが、ダークシャドウの相手探しというのがレース見解だった。もう一つ、2年振りの出走となるダービー馬ロジユニヴァースの復帰も大いに注目された。

タイム:1:58.7
ラップ:12.8 - 10.6 - 11.6 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 11.7 - 12.0 - 11.4 - 11.8
上がり3ハロン:35.2秒(優勝馬34.4秒)

スタートが切られると内枠レジェンドブルーがスタート良く出ると、ダークシャドウヒルノダムールも積極的に。更に外枠からもミッキーパンプキンアリゼオと、各馬前への意識が強くペースアップ。1.2コーナー切るとアリゼオ先頭、ミッキーパンプキンダークシャドウフジマサエンペラーアクシオンヒルノダムールレジェンドブルーヒットザターゲットマイネルスターリーハナズゴールフミノイマージンネオヴァンドームネヴァブションロジユニヴァースと続く。馬群は固まり、1000m通過59.5秒と緩みない流れ。3.4コーナーで依然として先頭集団がペースを作り、先頭アリゼオに2番手ダークシャドウ。中団からマイネルスターリーが捲くり上がって、ヒルノダムールは控えて3.4番手。更に後方からフミノイマージンが手綱を動かしながら鞭を入れて先頭集団に並ぶ。直線入り、ダークシャドウ先頭だが、外からフミノイマージンが200mで並ぶ。フミノイマージンダークシャドウ互いに競るものの、外フミノイマージンの勢いは止まらず半馬身差で勝利。差がなくヒルノダムールハナズゴールが迫るが1.2着馬には及ばず。

1着フミノイマージンはクイーンSから中二週での出走。得意の2000mと、鞍上が相性良い太宰騎手に手戻りということで、巻き返しが期待された。レースは速い流れで後方から4番手待機。3.4コーナーからロングスパートを仕掛け、先頭ダークシャドウを捉えて後続を完封。上がり3ハロン34.4秒と最速。ダークシャドウヒルノダムールが休み明けの出走の仕上がり途上とはいえ、内容は良い。父マンハッタンカフェは小回り2000m得意で、ヒルノダムールショウナンマイティなどがいる。状態さえ良ければ是非天皇賞秋へ挑戦してほしいものだ。
2着ダークシャドウは意識的に先行して脚を溜めるレース。直線では目立った伸びはなかったが、速い流れで2番手に踏みとどまった。しかし、自ら目標されての内容は評価し辛い。強い内容であることはたしか。
3着ヒルノダムールは3.4番手で待機して、直線脚を伸ばすが完敗。状態面では7分くらいだが、切れ味がフミノイマージンに劣るだけに、秋東京のGIレースで戦うには瞬発力が足りない。
4着ハナズゴールは後方から5番手で待機。大事に乗って直線外から詰め寄った。前崩れでの差し脚だけに、秋華賞で有力牝馬に勝ち上がるには展開の助けが必要となりそう。
人気サイドではヒットザターゲットが終始引っ掛かって惨敗。アリゼオはもう一戦様子見。ロジユニヴァースは終始最後方のまま大差負け。

[0.12]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: