JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2014/ 5/ 4 天皇賞・春 京都 芝3200 G1 4上国  13200

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

フェノーメノ

2009 青鹿58 3. 15. 1 55 ----=======592 369 抹消
ウインバリアシオン

2008 鹿毛58 3. 15. 1 55 -----======546 405 抹消
ホッコーブレーヴ

2008 鹿毛58 3. 15. 1 55 -----======86 311 抹消
キズナ

2010 青鹿58 3. 15. 2 55 ---========425 213 抹消
タニノエポレット

2007 鹿毛58 3. 15. 4 55 -----======84 201 抹消
フェイムゲーム

2010 青鹿58 3. 15. 5 54 -----======400 676 抹消
ゴールドシップ

2009 芦毛58 3. 15. 6 54 ----=======1301 604 抹消
サトノノブレス

2010 黒鹿58 3. 15. 6 54 ----======-396 177 抹消
ラストインパクト

2010 青鹿58 3. 15. 7 54 ----=======283 275 抹消
10
サイレントメロディ

2007 青毛58 3. 16. 1 53 --======---72 18 抹消
11 アドマイヤフライト

2009 鹿毛58 3. 16. 1 53 ----====---61 33 抹消
12 オーシャンブルー

2008 鹿毛58 3. 16. 2 52 ----====---186 18 抹消
13 アドマイヤラクティ

2008 鹿毛58 3. 16. 2 52 ----=======192 242 抹消
14 [外] レッドカドー Red Cadeaux

2006 栗毛58 3. 16. 2 52 ------=====33 299 抹消
15 ヒットザターゲット

2008 栗毛58 3. 16. 6 51 ----====---339 44 抹消
16 ジャガーメイル
10
2004 鹿毛58 3. 17. 0 50 ------=====386 611 抹消
17 デスペラード

2008 鹿毛58 3. 17. 3 50 ---========249 343 抹消
18 アスカクリチャン

2007 鹿毛58 3. 18. 8 46 --======---150 18 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
天皇賞・春 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 14/05/06 (火)10:38  
去年天皇賞春出走馬で、今年出走したフェノーメノレッドカドーアドマイヤラクティゴールドシップジャガーメイルデスペラード(着順、1.3.4.5.6.9)、うち1年間で勝ち鞍を挙げたのはゴールドシップ(前走阪神大賞典勝利)とデスペラード(前走京都記念勝利)の2頭。このメンバーに日経賞馬ウインバリアシオン、大阪杯馬キズナに、サトノノブレスフェイムゲームラストインパクトオーシャンブルーなど半年間で重賞制覇した馬は10頭にのぼる。現状、日本古馬の有力所はこの天皇賞に集ったことになる。ここにジェンティルドンナジャスタウェイトーセンラーエピファネイアメイショウマンボらがいれば差し詰め「日本最強馬決定戦」だろう。キズナ(1.7)、ゴールドシップ(4.3)、ウインバリアシオン(6.5)、フェノーメノ(11.5)、デスペラード(22.4)と4強オッズだが、ウインバリアシオンに岩田騎手ならゴールドシップとのオッズは逆転したと思う(当日はシュタルケ騎手だったが、落馬負傷で武幸四郎騎手に乗り替わり)。

ラップ:12.8 - 12.0 - 12.1 - 12.4 - 12.4 - 12.1 - 11.3 - 12.5 - 12.9 - 12.9 - 12.9 - 12.3 - 11.7 - 12.0 - 11.1 - 11.7
上がり3ハロン:34.8(優勝馬:34.3)

スタート直後、ゴールドシップが出遅れ(多くのファンは先行策を信じていたので、悲鳴)。2枠のサトノノブレスが先頭へ。スタンド前では順にサトノノブレスサイレントメロディアドマイヤフライトヒットザターゲットアスカクリチャンレッドカドーフェノーメノラストインパクトデスペラードホッコーブレーヴジャガーメイルアドマイヤラクティウインバリアシオンフェイムゲームタニノエポレットオーシャンブルーキズナゴールドシップ。1.2コーナー曲がり先頭サトノノブレスアスカクリチャンが張り付き、縦長になる。およそ30馬身で、全馬追走状態。離れた馬はいない。向正面でペースが落ちるが、楽なペースでない。坂上残り1400mから一気ペースアップし、そのままロングスパート勝負へ。以前サトノノブレス先頭で、2番手アスカクリチャンは手綱が動き、ラストインパクトが取りつく。最後方ゴールドシップが動くと、後方から2番手キズナウインバリアシオンも反応して仕掛ける。直線入るとサトノノブレスに内からフェノーメノウインバリアシオンキズナゴールドシップが迫ってきた。残り100mでフェノーメノウインバリアシオンの両頭が合わせ馬で抜くと、馬群からホッコーブレーヴも抜け出してきて、キズナを抜く。ゴール前でフェノーメノが先頭に躍り出て一着。ウインバリアシオンは脚が止まり2着、ホッコーブレーヴキズナとタイム差なしで入線。

3000m級の消耗戦らしい、ハイレベルな争いだった。近年の天皇賞は3連馬券が荒れて、1番人気が不振。ペースもスローの瞬発力勝負か、或いは高速馬場の恩恵から他馬が牽制し合っての前残りか、など意見が多数あったが、今回は「天皇賞春らしい有力馬の底力比べ」というのが筆者の個人感想である。

フェノーメノは終始中団の内で我慢し、直線のみで末脚を伸ばして後続を完封。外を回っていたウインバリアシオンキズナはロスが多くスタミナを消耗し、直線では脚がいっぱいだった。フェノーメノは昨年天皇賞春勝利後、宝塚記念敗退して脚を痛めて秋休養。今年日経賞5着から始動したが、陣営は終始慎重論を唱えていた。だが、決して状態が悪いとか、ピークが過ぎたとかは一言もいってない。慎重論が4番人気という形でファンを弱気させてしまったと思う。一方でキズナは人気先行で、実力以上に過剰評価された部分はいなめないし、今回の敗退は自身が初経験した消耗戦だった。経験であって、これがいい方向になると思う。

ちょっとレース内容とは外れるが「天皇賞春の距離短縮論」である。論がどのような形でているかと考えみたところ、3000mのレースは使いたくない、使ったが惨敗、出てこなく不満など、ファンや関係者の不満増大が論という形で噴出したと思う。だが、この論は腹癒せからくるもので、気を悪くするだけ。意見も単調である。今回キズナが4着に敗れたことで、ファンや関係者が負けた腹癒せな気持ちから論を叫ぶだけなら残念な限りだ。

キズナは骨折が判明。

[0.19]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: