JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2014/ 8/24 札幌記念 札幌 芝2000 G2 3上国  6500

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

ハープスター

2011 鹿毛52 1. 59. 1 60 --=====----314 276 抹消
ゴールドシップ

2009 芦毛57 1. 59. 2 61 ----=======1301 604 抹消

ホエールキャプチャ

2008 芦毛55 2. 00. 0 56 --====-----504 593 抹消
ラブイズブーシェ

2009 黒鹿57 2. 00. 1 57 ---=====---138 507 抹消
エアソミュール

2009 黒鹿57 2. 00. 1 57 ---===-----267 613 抹消
タマモベストプレイ

2010 栗毛57 2. 00. 3 56 ---=======-258 428 抹消
トウカイパラダイス

2007 黒鹿57 2. 00. 5 55 ---====----125 539 抹消
ロゴタイプ

2010 黒鹿57 2. 00. 7 54 --=====----533 886 抹消
ナカヤマナイト

2008 栗毛57 2. 00. 9 52 ---=====---281 850 抹消
10
スーパームーン

2009 青鹿57 2. 01. 1 51 ---=====---68 305 抹消
11 トウケイヘイロー

2009 鹿毛57 2. 01. 7 48 -====------209 403 抹消
12 ムーンリットレイク

2008 鹿毛57 2. 02. 0 47 ---==------53 203 抹消
13 ルルーシュ

2008 黒鹿57 2. 02. 9 42 ---=====---136 189 抹消
14 アドマイヤフライト

2009 鹿毛57 2. 03. 0 42 ----====---61 251 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
札幌記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 倫敦納豆 14/08/24 (日)23:44  
 凱旋門賞に登録しているゴールドシップハープスターが、そのステップレースとして札幌記念にやってきた。人気はゴールドシップ(1.8倍)、ハープスター(3.7倍)、トウケイヘイロー(7.5倍)、ロゴタイプ(8.6倍)であり、あとは20倍以上である。

 12.6-10.7-11.6-11.6-11.9―12.1-12.3-12.3-12.0-12.0

 まず予想通りトウケイヘイローが先頭に出てきた。先行と後方待機のどちらかなのかが注目されていたゴールドシップだったが、横山典騎手は最後方待機を選んだ。私はウインズで観戦していたが、ここで(おそらく否定的なニュアンスの)叫び声、うめき声が上がった。また彼の悪い病気が出た、と思ったのだろう。ハープスターが馬群の中の最後だが、そこからも4〜5馬身離される。
 先頭トウケイヘイロー、続いてロゴタイプムーンリットレイク、続いてルルーシュ、さらにタマモベストプレイトウカイパラダイスハープスターは後ろから2番目、ゴールドシップは離れた最後方である。
 TV画面で馬群の順番が一通り示されたところで、ゴールドシップの横山典騎手の判断が悪くなかったことが明らかになる。前半1000mが58:4と速いのだ。トウケイヘイローは単騎逃げだが大逃げというほどでもない。つまり2番手以降もオーバーペースである。
 ラップ上では1000m付近から先頭のペースが少し下がるが、その分馬群が凝縮されていくので後方のペースは下がっていない。そしてゴールドシップが徐々に馬群に近づき、3角から前の馬を抜いていく。ハープスターもその前でぐんぐん上がって行く。
 4角ではムーンリットレイクが既に脱落、トウカイパラダイスロゴタイプが先頭のトウケイヘイローに並びかけるが、ハープスターゴールドシップがその外にやってきていた。
 直線入り口の、最後のコーナーワークでリードを奪ったのはハープスターの方だった。もう先行勢は勝負できない。ゴールドシップが追いすがるが、そのリードを保ったままハープスターが勝ち切った。1・2着の間は4分の3馬身、2・3着の間は5馬身がついていた。

 ハープスターはこれで小回りコースをこなしたことになる。対ゴールドシップに限ると、勝因は絶対的な走力の差ではなく、器用さであった。これなら馬群の中を走らせても大丈夫だったのではないかと思ったのだが、他の方はどう思われるだろうか。
 さて、このレースで惨敗するようならば凱旋門賞行きもなくなるところだっただろうが、この内容ならハープスターゴールドシップともに行くだろう。結果がどうなるかまでは何とも言えないが、今回のレースが原因で故障、などとならず、無事にレースをできることを願う。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: