JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2014/10/ 5 スプリンターズS 新潟 芝1200 G1 3上国  9500

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

スノードラゴン

2008 芦毛57 1. 08. 8 55 ==---------267 1399 抹消
ストレイトガール

2009 鹿毛55 1. 08. 9 53 ===--------469 839 抹消
レッドオーヴァル

2010 鹿毛55 1. 08. 9 53 ===--------129 504 抹消
グランプリボス

2008 鹿毛57 1. 08. 9 54 ===--------494 530 抹消
ベルカント

2011 栗毛53 1. 08. 9 52 ==---------251 587 抹消
アフォード

2008 鹿毛57 1. 09. 0 54 ==---------56 683 抹消

セイコーライコウ

2007 鹿毛57 1. 09. 0 54 =----------111 815 抹消
マヤノリュウジン

2007 栗毛57 1. 09. 1 53 ==---------83 531 抹消
マジンプロスパー

2007 栗毛57 1. 09. 1 53 ==---------181 783 抹消
10
サンカルロ

2006 黒鹿57 1. 09. 1 53 ===--------485 1228 抹消
11
ローブティサージュ

2010 青毛55 1. 09. 1 52 ====-------163 285 抹消
12 コパノリチャード

2010 黒鹿57 1. 09. 2 52 ===--------278 455 抹消
13 ハクサンムーン

2009 栗毛55 1. 09. 3 50 =----------317 1041 抹消
14 トーホウアマポーラ

2009 栗毛55 1. 09. 3 50 ===--------54 344 抹消
15
アースソニック

2009 鹿毛57 1. 09. 4 51 =----------152 952 抹消
16 ガルボ

2007 青毛57 1. 09. 4 51 -==--------333 519 抹消
17 ハナズゴール

2009 栗毛55 1. 09. 7 47 -=====-----130 181 抹消
18 ダッシャーゴーゴー

2007 鹿毛57 1. 09. 8 48 =----------317 1074 抹消

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
スプリンターズS [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 14/10/06 (月)19:14  
12年ぶり、新潟競馬場でのスプリンターズS。去年はロードカナロアがスプリント統一王者となり、世代交代。よく統一王者の引退後は路線の停滞化が目立つもの。初はハクサンムーンストレイトガールらがその立ち位置になるかと思われたが、高松宮記念は初のスプリント戦だったコパノリチャードスノードラゴンだった。コパノリチャードは夏路線は回避。その夏路線の上がり馬であるサマールプリントチャンピオン・リトルゲルダは直前で故障回避。1番人気はセントウルSにおいて、リトルゲルダに敗れたハクサンムーン(2.8)。対抗格はストレイトガール(3.6)で、5月以来となるコパノリチャード(8.8)と続く。

ラップ:11.9 - 10.5 - 11.3 - 11.9 - 11.3 - 11.9

スタートが切られると、ダッシャーゴーゴーが先頭に。2番手に7枠のハクサンムーンと6枠のベルカントが続く。3ハロン33.7。直線争いなると、ハクサンムーンが踊りだすも、直ぐに交代。残り100mでベルカントが先頭も、大外からスノードラゴンが追い込み、半馬身差で突き抜けた。2着はストレイトガールレッドオーヴァルグランプリボスベルカントとハナ差争い。

道中の攻防について語ると、激しい先頭争いにならず、直線まで平然。ラスト3ハロンの決め手勝負となったが、この中で決め手勝負に優れていたのはスノードラゴンである。この馬は後方一気の追い込み馬で、去年まではダートが主戦場。今年から芝に転戦し、高松宮記念は2着。その後は北海道スプリントC、キーンランドSと使ったが、冴えないレースだった。冴えない理由は大野騎手がインタビューで強調した「手前」の使い方である。右回りでは使い方がぎこちないないが、左回りでは上手い。

大野騎手は騎手生活10年目でGI初制覇。高木調教師は今年重賞3勝で、マイネルフロストウインマーレライの3頭で達成。父のアドマイヤコジーン産駒もGI初制覇であるが、父は12年前はここ新潟のスプリンターズにて2着である。

[0.07]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: