JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2017/ 2/19 フェブラリーS 東京 ダ1600 G1 4上国  9700

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


ゴールドドリーム

2013 鹿毛57 1. 35. 1 65 --==-------165 289
(外) ベストウォーリア

2010 栗毛57 1. 35. 1 65 -==--------254 734

カフジテイク

2012 青鹿57 1. 35. 2 65 -===-------135 389

エイシンバッケン

2012 鹿毛57 1. 35. 4 63 ===--------87 244
(地) ニシケンモノノフ

2011 栗毛57 1. 35. 6 62 ===--------151 430

ケイティブレイブ

2013 栗毛57 1. 35. 6 62 --====-----37 199

ノンコノユメ

2012 栃栗57 1. 35. 7 61 --===------168 460

サウンドトゥルー

2010 栗毛57 1. 35. 7 61 -====------156 501

ホワイトフーガ

2012 芦毛55 1. 35. 9 59 -===-------18 181
10 ブライトライン

2009 青毛57 1. 36. 0 59 -===-------223 659
11
キングズガード

2011 鹿毛57 1. 36. 0 59 -==--------119 305
12 (外) モーニン

2012 栗毛57 1. 36. 1 59 -===-------144 328
13
インカンテーション

2010 鹿毛57 1. 36. 5 56 --==-------265 407
14 コパノリッキー

2010 栗毛57 1. 36. 5 56 --===------264 576
15
アスカノロマン

2011 栗毛57 1. 36. 6 55 --===------207 422
16 デニムアンドルビー

2010 鹿毛55 1. 36. 7 54 ----===----349 205

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
フェブラリーS [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 17/02/19 (日)22:35  
当レースを迎える前に乗り替わりが発生した。一つはカフジテイクで、落馬した福永騎手から津村騎手へ。二つにサウンドトゥルーで、騎乗停止の大野騎手から柴田善臣騎手へ。カフジの場合は前走根岸ステークスで騎乗強化を狙った福永騎手で、負け確定の展開をひっくり返して追い込みを決めた。サウンドは前走川崎記念で追い込み切れなかった。カフジは前任である津村騎手ということで、不安なしの声が強かった。その一方で、ゴールドドリーム(ミルコ)、モーニン(ムーア)、ベストウォーリア(戸崎)、ノンコノユメ(ルメール)、コパノリッキー(武豊)の人気サイドは騎手が好調だが、馬が近走振るわないという悪循環を抱えており、カフジテイク(4.5)、ゴールド(5.0)、モーニン(5.4)、ノンコ(7.1)、ベスト(7.6)、コパノ(9.0)、サウンド(13.6)の順番。混戦模様となった。

ラップ:12.1 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 12.8 - 11.8 - 12.0 - 12.3

スタート切られると外からインカンテーション、内からニシケンモノノフコパノリッキーモーニンケイティブレイブアスカノロマンホワイトフーガベストウォーリアゴールドドリームノンコノユメブライトラインエイシンバッケンカフジテイクサウンドトゥルーデニムアンドルビー最後方。カフジは出遅れなかった。縦長の馬群ばらける展開。直線入ると先行した馬が相次いで脱落。ニシケンモノノフだけ残るが、100mで外ゴールドドリームが先頭を奪う。内から馬群をベストウォーリアが抜け出して、一瞬先頭に立ったが、ゴールドが差し返して先着。カフジテイクは終始大外から差を詰めていくが、勝ち負け争いには加われず。

1着外のゴールドドリーム(35.6)と2着内のベストウォーリア(35.7)の差で、距離ロスがないと思われた内付いたほうが負けた。ただ、ベストは戸崎騎手が脚を気にしている姿あり、情報待ち。優越については差し控える。
カフジテイク(34.9)は終始外々を回ったことで、距離ロスした声もある。私個人としては、追い込み馬は中団以上の馬まで失速した展開でこそ最大の展開を得る。今回はその中団の馬に余力があったため、空回りした。脚質ゆえの宿命である。
レース予想でも触れたが、津村騎手はGIレースで初めての一番人気である。過去に、2001年サンフォードシチーの村山明騎手(現調教師、当レース出走のコパノリッキー管理)がフェブラリーで一番人気で出走し4着ということがあった。その時に相手をしたのはノボトゥルーのペリエ、ウイングアローの岡部幸雄、トゥザヴィクトリーの武豊など当時の村山騎手からすれば騎乗技術において天と地の差がある人達である。引き合いに出されると関係者やファンには失礼だが、大レースで勝つと誰からも賞賛され、人気を背負って負ければ如何に何着に負けても非難される。それは今回人気脊負って負けた戸崎、ムーア、ルメール、武豊、柴田善らも幾度も味わっていること。津村騎手は期待を背負ったファンの負けた声を確り聞き入れて、騎乗技術向上の糧としてほしい。

[0.07]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: