JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2017/ 3/26 高松宮記念 中京 芝1200 G1 4上国  9800

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


セイウンコウセイ

2013 栗毛57 1. 08. 7 61 ==---------198 541
レッツゴードンキ

2012 栗毛55 1. 08. 9 58 ===--------368 777

レッドファルクス

2011 芦毛57 1. 09. 0 59 ===--------389 726

ティーハーフ

2010 栗毛57 1. 09. 3 56 ==---------147 736
フィエロ

2009 青鹿57 1. 09. 3 56 -==--------262 446 抹消

トーキングドラム

2010 鹿毛57 1. 09. 4 56 ===--------44 262
スノードラゴン

2008 芦毛57 1. 09. 4 56 ==---------267 1330

ナックビーナス

2013 青鹿55 1. 09. 5 54 =----------203 688

ソルヴェイグ

2013 栗毛55 1. 09. 5 54 ===--------170 438 抹消
10 (外) メラグラーナ

2012 鹿毛55 1. 09. 6 53 ==---------73 313 抹消
11 (地) ヒルノデイバロー

2011 黒鹿57 1. 09. 7 54 ====-------89 421
12 バクシンテイオー

2009 鹿毛57 1. 09. 7 54 ==---------63 397 抹消
13
ラインスピリット

2011 黒鹿57 1. 09. 8 53 ==---------129 666
14
クリスマス

2011 黒鹿55 1. 10. 0 50 ===--------86 318 抹消
15
シュウジ

2013 鹿毛57 1. 10. 1 51 ===--------196 420
16
ワンスインナムーン

2013 鹿毛55 1. 10. 2 49 ===--------66 290
17 レッドアリオン

2010 鹿毛57 1. 10. 3 49 --=--------213 279 抹消
18
トウショウピスト

2012 鹿毛57 1. 11. 0 44 ==---------42 290

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
高松宮記念 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 17/03/26 (日)20:22  
今年の高松宮記念は人気馬不在となった。香港スプリントのビッグアーサー(故障離脱)やレッドファルクスの大敗をよく知っている人なら、ここに香港馬辺りが来れば、その香港馬が1番人気になったであろう。
最有力のレッドファルクスが前日では5.0倍以上で、当日になり3.6倍。そして、メラグラーナが前日1番人気ながらも、当日5.3倍となる。それ以下のレッツゴードンキの5.1倍、シュウジの6.2倍、セイウンコウセイの8.7倍、ソルヴェイグの8.9倍、フィエロの12.3倍と続く。セイウンとフィエロ以外は騎手人気が上乗せされてのこと。
馬場については、土曜日こそ絶好の固い馬場だが、当日は降雨続きで、力の入る馬場へと変貌。

ラップ:12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

スタート切られると、ラインスピリットシュウジトウショウピストセイウンコウセイワンスインナムーンが先頭集団を形成するも、セイウンがやや下がる。続くはソルヴェイグレッドファルクススノードラゴン辺りで、メラグラーナも前へと進んでいく。前半が34秒台と遅い。しかし、遅い流れと思わせようならがも、コーナーで先行勢が総じて手を動かし始める。対してセイウンだけが動かずの馬なりで進出していく。後方勢も手を動かして付いていこうと必死。直線入ると、先行勢が一斉に脱落。内からレッツゴードンキレッドファルクスが差してくるが、外のセイウンは余裕でそれらを見る手ごたえ。残り200m楽々抜け出して勝利。実測のラップやタイムは平凡と見ることができるが、画面越しではもう一つ二つギアを持っていて、3馬身差以上突き放してもいい、圧勝とみることができた。

インタビューで幸騎手は「溜める」姿勢で控えたことだが、これが勝因の一つであることは間違いない。馬場も楽々とこなしている。4歳馬であり、今後が楽しみな馬となりそう。「ニシノ」「セイウン」の馬主である西山茂行氏はかのセイウンスカイ以来の19年ぶりのGI制覇(自分名義では初めてで、牧場経営も止めてのこと。 嬉しさの詳細はこちら ttp://ameblo.jp/nybokujo/ )で、上原調教師もダイワメジャー以来の10年ぶり。
騎手目線でいえば幸騎手は初騎乗、テン乗りである。前走までの主戦騎手は松田大作騎手であり、シルクロードステークス以後に重大な非行(詳細はこちらttp://jra.jp/news/201702/020905.htm )で騎乗停止。騎乗停止があるなしに関わらずに、本番でも乗れる可能性があった。上原調教師個人としては松田騎手以上の腕前の騎手に頼める立場であることを踏まえると(ドバイで不在だったルメール辺りに頼みそうな)、松田騎手は悔いの残る出来事であったに違いない。更に同日の阪神のメインの六甲ステークスを制覇したアスカビレンも松田騎手の主戦馬。乗っていたのは今現在不孝を抱える浜中騎手。松田騎手が騎手を続ける意思があるのなら、不孝を洗いなおして戻っていただきたい。勿論、浜中騎手も。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: